魔界の番長(なつぞら)原作モデルはデビルマン(永井豪)?魔界の番長の声優は誰?デビルマン?

8月30日放送のなつぞら(第131回)では、なつに新たなテレビアニメ
「魔界の番長」の作画監督を依頼するという展開になりました。

東映動画の重役が「魔界の番長」の単行本をなつに差し出すと、
ストーリーをざっと解説していましたが、聞けば聞くほど原作モデルはやっぱり…

魔界の番長(なつぞら)原作モデルはデビルマン(永井豪)?

なつぞらに出てきた「魔界の番長」の原作者は大将冬介となっていました。

大将冬介自体はなつぞらでは初登場の人物ですが、
おそらくは永井豪をモチーフにしていると思われます。

「魔界の番長」の原作モデルは魔界ダンテなどの候補もありますが、
デビルマンと見て間違いないでしょう。

デビルマンは単行本では全5巻(全53話)で、
テレビアニメだと1972年7月8日から1973年3月31日の間に全39話が放送されました。

マジンガーZなど息の長いテレビアニメに比べると、
非常に短命で終わってしまったものの、
インパクトの強さを覚えている人は多いんじゃないかと思います。

地球の先住人類という設定の異能力者「デーモン(悪魔)」に憑依された主人公(不動明)が、
デビルマンとなって人類滅亡をたくらむデーモン軍と戦うというストーリー。

いわゆる勧善懲悪的なストーリーかと思いきや、
最終的にいはデーモン軍率いるサタンとデビルマンは和解。

サタンは実は創造主たる神に滅ぼされかけていたため、
やむなくデーモン側について戦って勝ったものの、
次の戦いに備えるべく永い眠りについたこと。

ただ眠りから覚めていたら人類が地球を支配していたので、
まずは人類滅亡をさせて(実際にデビルマンでは人類は滅亡します)、
真の敵(?)である「天使の軍団」との戦いに挑む、という
小学生くらいだと理解ができないようなストーリー展開となっていました。

「魔界の番長」ではおそらくは単純に
デビルマンが悪と戦うシーンがメインになると思われます。

魔界の番長の声優は誰?デビルマンの声?

テレビアニメということで魔界の番長でもう一つ気になるのは、
魔界の番長の声の声優は誰が演じるのか?じゃないでしょうか。

デビルマンでは「田中亮一」さんという方が声優を演じていて、
なつぞらの魔界の番長のひとつ前のキックジャガーでは、

  • 真殿光昭
  • 鈴村健一

という最近の活躍が目覚ましい2名の声優さんが出演していました。

魔界の番長でも期待の若手の声優さんが登場するのでは?

魔界の番長(なつぞら)原作モデルに関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました