間崎島の会員制寿司屋の場所はどこ?予約や料金は?ヘリ以外のアクセスは?

スポンサーリンク
未分類

間崎島は伊勢湾に浮かぶ無数の離島の中でも比較的、島の面積が広いもののそれほど観光に力を入れているわけではありません。

そんな間崎島に登場したのが会員制の寿司屋「鮨裕 禅」で1日1組(昼と夜の2回)・6人限定で極上の料理と眺望を楽しめると評判になっていますが、なんとヘリでアクセスするのが一番というとんでもない立地も話題となっています。

間崎島の寿司お店の場所はどこ?

「鮨裕 禅」のお店がある間崎島とは三重県志摩市、伊勢志摩国立公園・英虞湾の中心にあり、真珠養殖とイワシ漁を中心とする水産業が主な産業で島民の数はおよそ69人ほど。

住所:〒517-0703 三重県志摩市志摩町和具4442-13
電話:0120-379-188
代表者:堀勇一
アクセス:賢島からの定期船あり。

間崎島に次ぐ英虞湾で大きな島の賢島から定期船が出ていて10分ほどで到着します。

朝7時から午後5時まで一時間に一本運行していますが、そもそも賢島まで行く道のりが大変なので、ヘリで行くのが現実的かもしれません。

ちなみに代表者の堀勇一さんは19歳で板前修業を始めて築地などで経験を積んだ後、2010年40歳で茅ヶ崎に自身の店を初出店。

この地で人気を博したことと、出張で訪れた伊勢志摩に移住してしまうほど周囲を取り囲む自然に惚れこんだことから、「鮨裕 禅」をオープンさせています。

鮨裕 禅 | ヘリで行く、一晩一組の会員制寿司店
スポンサーリンク

間崎島の寿司屋「鮨裕 禅」の予約方法や料金は?

「鮨裕 禅」は完全会員制・予約制となっていてふらっと立ち寄って食事を楽しめるわけではありません。※気軽に行ける場所ではありませんが。

会員になるためには、入会金と年会費が必要で、

入会金:250万円
年会費:36万円

と非常に高額なのも話題となっています。

料金はというと会員になると毎年1回2名様まで食事は無料で

1日完全貸し切り
無料クルージング
特別料金でVIPヘリ送迎

といった特典が用意されています。

会員でなくても会員と一緒に来店すれば予約は可能で、料理はおまかせで総額3万円となります。

提携ホテルも同じく会員などの紹介でビジター利用も可能となっています。

ちなみに、東京から三重県の伊勢志摩付近までヘリで向かうとなるとどれくらいの費用が掛かるのか調べてみたところ、
ヘリ1機を往復でチャーターするだけで200万円時ほど。つまりヘリの定員3人だと大体55万~60万ほどの料金がかかるわけですが、
「鮨裕 禅」の会員になることでどれだけ安くなるのか?引き続き調べてみたいと思います。

「禅」は海に面した大きなピクチャーウインドウが印象的なしつらえで、お席はカウンター6席のみ。刻々と移り変わる海風景を眺めながらひと組のメンバーの方だけに、究極のおもてなし(伊勢志摩の美食+ 極上の空間と時間)をご提供します。
お食事をお楽しみいただいたあとは、デッキで海風と星降る夜空を体感いただけるラウンジ「螺鈿(らでん)」へ。 100 年前に醸された珠玉のマデイラワインが眠るワインセラーや暖炉を備えた特別な空間で、大切な方とのプライベートな時間をお愉しみください。

https://syzn.jp/lp/

間崎島の寿司屋「鮨裕 禅」のメニュー

前菜 地場野菜と鮮魚の彩り
刺身 その日の漁から
蒸し物 海の茶わん蒸し
焼き物 安乗フグの幽庵焼き
酢の物 ナマコ酢
寿司 その日の漁から
お椀 伊勢海老とあおさ
水菓子 蓮台寺柿

https://syzn.jp/wp-content/uploads/2020/01/202001.pdf

間崎島の宿泊や寿司以外の観光スポットは?

間崎島は自動販売機は1台のみという文明からタイムスリップしたのようなのどかな空気が残る離島で、島内には観光客を呼び要せるような主要な観光スポットはありません。

逆に言うと手つかずの自然を楽しむにはもってこいなのが間崎島で、360度すべて真珠養殖に面した透明度の高い綺麗なビーチが広がっています。

英虞湾はリアス式海岸なので湾内に入ってしまえば波も少なく穏やかなことから、初心者でも透明度の高い海で安心してシュノーケングも楽しめます。

宿泊施設はというと残念ながら2017年に最後の1軒が廃業してしまい、間崎島にはホテルも民宿も旅館もなくなってしまったものの、
跡地はリノベーションされてできたのが寿司店「鮨裕・禅」です。

東京からならヘリで十分に日帰り可能ですが、英虞湾に面する桟橋を有する宿(アマネム、志摩観光ホテル、地中海村、檜扇荘など)に宿泊する場合、ホテルまで船で送迎してくれるそうです。

タイトルとURLをコピーしました