松野知紀の小学校や中学をwiki調査!茨城県立日立一高からハーバード大!

スポンサーリンク
0未分類

茨城県立日立一高出身の松野知紀さんが、あのハーバード大学に合格したとして大々的に報じられています。

帰国子女でもなければ長期海外留学の経験もない松野知紀さんの気になるプロフィールをまとめています。

2021年は他にも徳島からスタンフォード大学に合格をしてしまった松本安奈さんも話題となりました。

スポンサーリンク

松野知紀がハーバード大学に合格!

米ハーバード大に合格 茨城・松野さん 地方公立校から難関突破

茨城県立日立一高を今春卒業した松野知紀さん(18)が米国の名門ハーバード大(マサチューセッツ州)に現役合格した。今年の日本人合格者は5~6人程度と見られ、帰国子女ではない地方公立校出身者の合格は極めてまれだ。松野さんは「教授や同級生らから知識や考え方を吸収し、社会にインパクトを与えられる存在になりたい」と、9月の入学を心待ちにしている。【田内隆弘】

 4月7日早朝。寝起きに確認したインターネットで合格を知り、思わず叫び声を上げた。「ハーバードは雲の上の存在だと思っていた。信じられなかった」。約5万7000人が受験し、合格者は1968人。同大史上最も低い合格率3・4%の狭き門を突破した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6fef10d5df0e12246628470807989f3cf91c23ae

松野知紀さんは受験に当たって東大など日本の大学との併願はしなかったそうです。

「両方目指すとどっちもダメになりそうな気がして」と狙いを海外の大学に絞っていたそうなので、ハーバード大意外にもUCLAなどにも出願していますね。

合格率3.4%という狭き門を潜り抜け、ハーバード大のほかカリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)やペンシルベニア大などなんと、世界の大学ランキングで上位に入る大学に22校も合格しています。

ハーバード大学に進学した後は、主に政治学を学ぶつもりとのこと。

「マイノリティー(少数派)の意見を考慮できる政策作りの仕組みを形成したい」と将来は国際機関やシンクタンクでの勤務、政治家の道も視野に入れているそうです。

数学が得意ということで、政治や政策が立案されていく過程で数学がどのように生かされているかを学んでいきたいと話しています。

松野知紀wikiプロフィール

名前:松野知紀

年齢:18歳

出身地:茨城県日立市

小学校:日立市立田尻小学校

中学校:日立一高付属中学校

出身高校:茨城県立日立一高校

松野知紀さんは家族でハワイやカナダなどを旅行した程度で長期間海外で生活した経験はありません。

その一方、幼い頃から地域の英会話教室に通うなど英語に親しんできた。特に中学時代にオンライン講座を毎日受講していたことから、海外でほとんど不自由しないだけの英会話能力を身に着けていたそうです。

松野知紀の小学校は?

松野知紀さんの通っていた小学校は日立市立田尻小学校です。

ちなみに、松野知紀さんが海外に関心を持ったのは、家族との海外旅行で、多様な文化や考え方の違いに触れたのがきっかけだそうです。

ピアノ、水泳、そろばん、英会話など並行して習っています。

松野知紀の中学は?

松野知紀さんの出身中学校は日立一高付属中学校(茨城県立日立第一高等学校附属中学校)です。

受験をしなければ入学できない学校なので、松野知紀さんは小学校6年生の時に中学受験を経験しているわけですね。

ちなみに、中高一貫の付属学校になるため、特に問題があったり大きな進路変更がなければ附属中からそのまま日立一高に進学することになります。

松野知紀の高校は?

松野知紀さんは高校私学後、ディベート部に所属。

高校1年の時には、世界30か国から集まった国際学生サミット(中国・北京)に日本代表として参加した経歴の持ち主。

ロシアの公共交通システム(運輸)について提言し、表彰を受けた。

その後もG20大阪サミットの関連行事のY20(ユース20)などに出席してます。

ちなみに、松野知紀さんとおなじく廣津留すみれさんも、地方の公立学校からハーバード大学に合格していますね。

松野知紀のハーバード大学合格までの道のり

アメリカの大学入試は日本の大学受験とは異なり、試験の点数だけで合否は決まりません。

高校時代に何をしてきたか、どんな能力を持つのかも評価基準となっていました。

その点、松野知紀さんは国際会議などでの活動実績という大きな武器がありました。

それに加え高校の英語部での取り組みなどもアピールポイントとなったそうです。

ハーバード大学受験に関連した情報は松野知紀さんが基本的に一人ネットで調べたとのこと。

海外の大学に通う人にオンラインでアドバイスしてもらつつ「SAT」と呼ばれる大学進学適性試験を受け、志望動機などを英文のエッセーとして受験校ごとに「100本以上書いた」という。

ちなみに、松野知紀さんが英会話に最初に触れたのは4~5歳の頃に通い始めた近所の英会話スクールだったそうです。

松野知紀がハーバード大学合格にネットの反応は?

タイトルとURLをコピーしました