マレーシア航空17便撃墜事件の原因は事故?ロシアの誤爆はフェイク?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

2014年にマレーシア航空MH17便(ボーイング777型機)が救難信号を出す間もなく墜落。

乗っていた298人全員が死亡する事故となりましたが、かねてからロシアによる誤爆事件では?という疑惑がありました。

世界仰天ニュースでも紹介されたマレーシア航空17便撃墜事件の原因・真相は?

■世界仰天ニュース「謎の航空機事故スペシャル」放送内容
消えた民間機世界が震撼した真実
オランダ・アムステルダムを出発したマレーシア航空17便。 マレーシア・クアラルンプールに向かう途中、乗客乗員298人を乗せたままウクライナ上空で、突如レーダーから消えた!一体、この旅客機に何が起きたのか!? そんな中、ロシア側は、「マレーシア航空17便はウクライナ軍が撃墜した」と衝撃の主張! しかし、ある組織がその矛盾を突いた!ネットを駆使して驚きの真実を見つけだ

【公式】ザ!世界仰天ニュース 次回は「謎の旅客機墜落SP」
スポンサーリンク

マレーシア航空17便撃墜事件の原因は事故?ロシアの誤爆はフェイク?

■墜落当時の状況
・高度:約1万㍍
・速度:時速915㌔
・乗員乗客298人が搭乗

■機体の状況
・戦闘地帯のため飛行制限がかかっていた高度9800㍍は上回っていた
・異常を知らせる警報が作動した記録はなく、機体は正常に飛行を続けていたとみられる
・機体の破片が広範囲に散乱していたことから空中で分解した可能性が高い

2014年7月、マレーシア航空MH17便(ボーイング777型機)が乗員乗客298人を乗せてオランダのアムステルダムからマレーシアのクアラルンプールに向けて離陸。

しかし救難信号を出す間もなくウクライナ東部ドネツク州内に墜落する事故となりました。

乗客はオランダ人193人、マレーシア人43人、オーストラリア人27人、インドネシア人12人、イギリス人10人、ベルギー人4人、ドイツ人4人、フィリピン人3人、ニュージーランド人1人、カナダ人1人。

マレーシア航空MH17便の墜落は親ロシア派の反政府勢力が支配するウクライナ東部の上空を飛行中のことでした。

さらに、機体が分解して広い地域に分散している(ロシアの国境から約40㎞離れている村・グラボベで、墜落した機体の残骸と、遺体を見つけ確認した)ことから、対空ミサイル攻撃を受けたのでは?という疑惑がもたれていました。

これに対し親ロシア派の指導者は関与を否定したものの、同じ時間帯にウクライナの輸送機を撃墜したことは認めています。

ウクライナのドネツク州は、ウクライナ軍機が武装勢力による攻撃でしばしば撃墜されており、インタファクス通信の取材で同州の武装勢力の代表者は「墜落については報道で知った。我々は上空1万メートルを飛ぶ機体を撃ち落せる武器は持っていない。持っているのはウクライナ軍だ」とコメント

しかし、その後のオランダの事故調査委員会が正式にクリミア独立派の放った地対空ミサイルによる撃墜と結論付けています。

ミサイルによる撃墜であれば火薬の痕跡など大量に証拠が残ります。

逆にただの事故であればこう行った痕跡は見つからないので撃墜と事故による墜落は簡単にわかるものの、墜落した場所が新ロシアが実効支配する地域だったことから十分な捜索はできないままとなっているようです。

ロシア元情報員らに終身刑求刑 マレーシア機撃墜で検察―オランダ:時事ドットコム
【ブリュッセル時事】2014年にマレーシア航空MH17便がウクライナ東部の親ロシア派支配地域上空で撃墜された事件の公判が22日、オランダ・アムステルダム近郊の裁判所で開かれた。検察側は、殺人などの罪に問われたロシアの元情報機関員ら4被告に終身刑を求刑した。 AFP通信によると、判決は早くても22年末になるとみられている...

マレーシア航空17便撃墜事件では「なぜ紛争地帯のような危険な空域をわざわざ選んで飛行したのか?」と飛行ルートを疑問視する声もみられます。

ちなみに、マレーシア航空は、マレーシアを本拠地とするエアアジアの台頭により、当時は経営が悪化していました。

ウクライナ上空を迂回するとなるとアジアのハブ空港であるクアランプールまで遠回りになってしまう。

そのため、注意情報が出ていたにも関わらず、経費削減のために危険な空域を飛んでいたという説もあります。

ウクライナ政府も高度一万メートル以下の空域は飛行禁止としていました。しかし親ロシア派が持っていると言われていた対空兵器は高射砲や兵士が肩に乗せて撃つ携帯式地対空ミサイルで高度5000mくらいまでしか届かない。なので一万メートル以上なら問題ないと判断していたのでしょう。

アメリカの航空会社では危険と判断して迂回してたとこともあるようですが、当時、アメリカ連邦航空局もヨーロッパの航空局も同空域を飛行禁止にはしていなかったようです。

航空当局も禁止していないんだから大丈夫だろうと多くの航空会社は判断したようで、実際、このマレーシア航空に限らずヨーロッパからの便は実に250機から300機がウクライナ上空を通っていたようです。

マレーシア機はまさかミサイルで攻撃されるとはまず思っていなかったでしょう。

つまりマレーシア航空MH17便ではなく他のどの航空機が犠牲になってもおかしくなかった状況だったのかもしれません。

マレーシア航空17便のパイロットなどのミスはなく、ウクライナの管制の指示に従って飛行した結果で起きています。

パイロットが提出したフライトプランでは巡航高度3万5千フィートでしたが、ウクライナの管制塔は17便に3万3千フィートでの飛行を指示し、17便はこれに従っています。

この2000フィート(約600メートル)の低い高度を飛ぶように指示した理由や、その高度差が撃墜の原因になっていたかどうかは定かになっていません。

いずれにしろ、管制塔からの指示通りにパイロットが操縦したことで発生しているのは確かです。

親ロシアによって撃墜されたのでは?とする状況証拠はたくさんあって

・ロシア側司令官がSNSに「ウクライナ軍の輸送機を撃墜」と投稿、すぐに削除
・ロシア側はSU-25が撃墜と言い張る→状況が怪しくなると、あれはウクライナ軍のミサイル、と前言撤回。
・親ロ派の地域で同時期にミサイル発射トラックが移動しているのが目撃されている。

それに対して、ロシア側は次のように弁明しています

・ウクライナ空軍のSU-25が撃墜した。SU-25の実用高度では1万mまで上がれないし、そもそも空対空用の戦闘機ではない

・(地対空ミサイルの部品が出てきたらしい情報が出回ると)間違えた、ウクライナ軍の地対空ミサイルだ。親ロシア派は空軍ないので、戦闘区域に持ち込む必要性がない

国際的には、ロシア人3人とウクライナ人1人が撃墜に関わったと結論づけ4人を殺人罪で起訴した。

このロシア政府高官は、ウラジスラフ・スルコフ元副首相と、ロシアが2014年に一方的に併合したクリミアのセルゲイ・アクショノフ首相の2人。

また、セルゲイ・ショイグ国防相の名前も挙がっていたされます。

マレーシア航空機撃墜、「ロシア高官の指示」=国際捜査チーム - BBCニュース
2014年にマレーシア航空の旅客機が撃墜され、298人全員が死亡した事件で、国際捜査チームは14日、撃墜に関与したウクライナの分離派指導者に、ロシア高官が指示を出していたとみられると発表した。
タイトルとURLをコピーしました