モバイルネットワーク経由でデータにアクセスはオフ?オン・有効だと?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

Androidのスマホで設定にある「モバイルネットワーク経由でデータにアクセスをオフにする」とどうなるんでしょうか?

Wi-Fiのみでインターネット接続になる?

「モバイルネットワークによるデータアクセスを有効にする」を無効にしたら電話やメールができなくなる?通話回線(4Gや5G)によるデータアクセスだけ出来なくなるんですか?

スポンサーリンク

モバイルネットワーク経由でデータにアクセスはオフ?オン・有効だと?

「モバイルネットワーク経由でデータにアクセスをオフにする」とか「モバイルネットワークによるデータアクセスを有効にする」というのは携帯回線を使ったデータ通信を有効にするかしないかを決める機能です。

まずモバイルネットワークとは携帯電話の回線(4Gや5G)を使ったデータ通信のことを意味するのが一般的です。

WiFiによる通信とは全く別物と言ってよいでしょう。

データ通信なので、この機能をオフにしても電話機としての通話は可能です。

またこの機能をオフにしてもメールに関しては通話機能に付帯するSMSの送受信も可能です。

モバイルネットワーク無効にすると4Gや5Gを使ってのデータ通信ができなくなり、Wi-Fi環境でのみ通信ができるようになります

データ通信のために携帯電話の回線の電波を探すというバックグランドでの処理が省略できる分、バッテリーの節約になります

■モバイルデータ通信をON/OFFする方法
「設定」アプリをタップします。
「ネットワークとインターネット」をタップします。
「データ使用量(Android 9)/モバイルネットワーク(Android 10)」をタップします。
「モバイルデータ」からON/OFF可能です。

ちなみに、この「モバイルデータを常にONにする」スイッチですが、あらゆるシチュエーションで有用というわけではありません。

たとえば、駅周辺や飲食店など電波の微弱なWi-Fiアクセスポイントが複数ある場所では、Wi-Fiに接続できてもすぐに途切れてしまい、かといってモバイルデータ通信はOFFという状況になるため、インターネット接続が安定しなくなります。

確実にデータ通信を使いたい場合は、やはり「モバイルデータを常にONにする」スイッチをONにしておいたほうがいいでしょう。

Wi-Fi接続時にモバイル回線を自動オフにできますか?「モバイルデータを常にONにする」スイッチをOFFにしておくと、Wi-Fi接続時にモバイルデータ通信が自動的に切断されます

■アプリの自動ダウンロードで「モバイルデータ通信」を[オフ]に設定する場合

アプリの自動ダウンロードとアップデートを行う場合、モバイルデータ通信が「オン」になっていると、通信量が多く発生してしまう事があります。

このような場合、Wi-Fi接続時のみアプリの自動ダウンロードとアップデートを行う設定にすることで、モバイルデータ通信の通信量を抑えることができます。

ホーム画面、もしくは「Google」フォルダにある「Playストア」アプリを起動します。

左上の[三]をタップします。

メニューを下へスクロールし、[設定]をタップします。

[アプリの自動更新]をタップします。

「Wi-Fi経由のみ」を選択して、[完了]をタップします。

以上で設定は完了です。

タイトルとURLをコピーしました