もんげーバナナ売ってる所は?amazon・楽天で苗の販売価格・値段は?

スポンサーリンク
0未分類

もんげーバナナは、日本で栽培されている国産バナナで特別な栽培方法の恩恵で皮がとても柔らかく皮をむく必要すらない、皮ごと食べることができるバナナ。

「坂上&指原のつぶれない店」「ありえへん世界」など様々なテレビ番組で紹介されているもんげーバナナ売ってる場所や通販情報などをまとめています。

スポンサーリンク

もんげーバナナ売ってる所は?東京は?

バナナが主に栽培されている熱帯地方では、活発に活動する害虫や菌が原因で病気となってしまうことから、農薬を使った栽培をせざるを得ません。

また日本に輸入する際には傷んでしまうことを防ぐために防腐剤の使用も必要不可欠ですが、日本の気候では、害虫や病原菌はほとんど発生しません。

そのため、農薬を使わなくても、もんげーバナナの栽培が可能となり安心して皮ごと食べることができます。

そんなもんげーバナナはどこに売ってるのかというと、岡山県の百貨店「天満屋」で毎週金曜日に定期的に販売されています。

■天満屋の店舗情報

住所:岡山県岡山市北区表町2-1-1

TEL:086-231-7111

URL:http://www.tenmaya.co.jp

営業時間:AM10:00~PM7:30

1本600円という価格にもかかわらず「もんげーバナナ」は開店と同時に売り切れという人気ぶり。

ちなみに「もんげーバナナ」は、開発した「D&Tファーム」で栽培されているだけではなく、色々な岡山県や隣の広島県福山市の農園でOEM生産されています。

「もんげーバナナ」ブランドのバナナは以前に比べてずいぶんと入手しやすくなりました。

もんげーバナナの通販お取り寄せは?

皮ごと食べられるもんげーバナナの皮の食感は、口コミによるとフキやレタスなどの食感に近いそうです。

多少の繊維質がありシャキシャキとした触感となっていることがうかがえます。

味は特にないことから、皮ごと食べてもバナナ本来のの実の味を邪魔することはありません。

岡山もんげーバナナ® MONGEE BANANA 岡山生まれ 岡山育ち 無農薬栽培
岡山もんげーバナナ®は岡山産の無農薬栽培バナナです。もちろん遺伝子組み換え作物ではありません。

そんな「もんげーバナナ」は一旦凍らせる凍結解凍覚醒法によって皮まで食べられるバナナとなっていますが、実は栽培されている地域によって呼び名が変わっています。

「瀬戸内ばなな」(株式会社プランター、岡山県笠岡市)
「日本・国産バナナ」(神明ファーム)
「奇跡のバナナ」(岡山県)
「ともいきバナナ」(鹿児島県で生産し三重県で販売)
「神バナナ」(鹿児島県)
「NEXT716」(宮崎県)

といった銘柄がありますが基本的にすべてもんげーバナナと同じです。

もんげーバナナはamazon・楽天で値段は?

もんげーバナナは開発したのは岡山県にある農業法人「株式会社D&Tファーム」

「もんげーバナナ」の名前の由来は、岡山弁で「すごい」という意味を持つ「もんげー」とバナナを組み合わせただけで、もんげーバナナとは、岡山弁で「すげぇバナナ」といった解釈になりそうです。

そんなもんげーバナナは、楽天でも数多くのショップで取り扱いがあります。

もんげーバナナの苗の販売価格・値段は?

本来、熱帯地域でしか栽培できないバナナを日本でも栽培可能にしたのが、凍結解凍覚醒法という栽培方法です。

田中節三「桃太郎パパイヤ研究所」所長は甘くて懐かしい台湾バナナ(グロスミッチェル種のバナナ)を食べたいという思いから、
最初は自宅の庭で実験的にバナナを植えて研究を始めて「桃太郎パパイヤ研究所」を設立し、凍結解凍覚醒法を確立。

熱帯地域で育つはずのバナナは、これまでの歴史を振り返ると何回にも渡る氷河期を乗り越えているはず。

そこで、ソテツの化石をヒントにバナナの苗を人工的に作った氷河期の状態に晒すことで、もんげーバナナの栽培に成功したそうです。

私たちが普段、よく口にしているのは、フィリピン、エクアドルなどから輸入されるキャベンディッシュ種というバナナです。

グロスミッチェル種のバナナは新パナマ病感染により壊滅的な状態に陥ち入ってしまい入手が困難となっていました。

もんげーバナナは怪しい?口コミ・評判は?

もんげーバナナの皮には、必須アミノ酸の一つ「トリプトファン」という成分が多く含まれています。

※必須アミノ酸とは、体内で生成できないため外部から摂取しなければいけないアミノ酸のこと。

トリプトファンは、脳の活動に必要不可欠で、特に自律神経のバランスを保ち精神を落ち着かせる作用のセロトニンを作る物質です。

もんげーバナナには、トリプトファンに加えてセロトニンの合成に必要なマグネシウムやビタミンB6も豊富に含まれていることから、ストレスにさらされやすい現代人にはうってつけの食べ物化もしえrません。

また、もんげーバナナには、その他にもポリフェノールや葉酸、ビタミンB群が多く含まれていて、老化を促す活性酸素の働きを抑えてくれることからアンチエイジング効果も期待できそうです。

そんなもんげーバナナはもんげーバナナは、通常のバナナの糖度が15度に対し糖度が18度~28度の甘さを誇ります。

タイトルとURLをコピーしました