森岡豊の結婚した嫁は星奈優里!ドラマあなたの番です、私たちはどうかしている出演

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

森岡豊さんは元宝塚のトップ娘役・星奈優里さんを結婚した嫁に持つ俳優。

ドラマ「あなたの番です」」「私たちはどうかしている」など出演している森岡豊さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

森岡豊wikiプロフィール

名前:森岡豊

生年月日:1973年2月18日

年齢:48歳

血液型:B型

身長:181㎝

出身地:東京都

趣味:日舞(若柳流)、サルサ、ギター、サッカー、スキー

特技:剣道3段、乗馬、殺陣、居合(北辰一刀流 初段)

事務所:プロダクション尾木(以前はRuby・sue)

森岡豊の経歴

森岡豊さんが過去に出演したドラマや映画を視聴するなら動画配信サービス「U-NEXT」を利用するのがオススメです。

月額2,189円(税込)と比較的高めですが、有料の新作を1,200円分視聴可能という点を考慮すると実質989円とり、他の動画配信サービスと同程度の料金体系になります。

実質1000円以下で21万本以上ものコンテンツを視聴できるのは日本では「U-NEXT」しかありません。

料金は無料お試し期間の31日以内に解約をしてしまえば課金されないので、まずはお試しで利用してみるのも良いんじゃないでしょうか。

[30日間無料]unextの詳細&申込みはこちら
通常バナー

■森岡豊の出演テレビドラマ
忠臣蔵(2004年10月18日 – 12月13日、テレビ朝日) – 毛利小平太 役
剣客商売スペシャル 決闘・高田の馬場(2005年9月6日、フジテレビ) – 寺中小文吾 役
柳生十兵衛七番勝負(2005年4月1日 – 5月6日、NHK) – 柳生又十郎 役
牙狼-GARO-(2005年10月14日、テレビ東京) – 田町連二 役
月曜ミステリー劇場 里見浩太朗芸能生活50周年特別企画 夜盗(2005年10月31日、TBS)
新春ワイド時代劇 天下騒乱?徳川三代の陰謀(2006年1月2日、テレビ東京) – 松平信綱 役
柳生十兵衛七番勝負 島原の乱(2006年4月6日 – 5月25日、NHK) – 柳生又十郎 役
土曜ワイド劇場 警視庁特捜刑事の妻(2006年7月29日、テレビ朝日)
日曜洋画劇場特別企画 信長の棺(2006年11月5日、テレビ朝日)
警視庁黒豆コンビ 第3作「海に消えた欲望」(2007年2月7日) – 竹尾真 役
激突!アラフィフ熟女刑事の事件簿(2015年6月10日) – 西田伸介 役
こちら本池上署3 第9話(2004年3月8日、TBS)
柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い(2007年4月5日 – 5月31日、NHK) – 柳生又十郎 役
警視庁捜査一課9係 season2 第7話(2007年6月6日、テレビ朝日)
土曜ワイド劇場 タクシードライバーの推理日誌23(2007年10月6日、テレビ朝日)
土曜ワイド劇場30周年・放送1500回記念特別企画 半落ち(2007年12月8日、テレビ朝日)
天と地と(2008年1月6日、テレビ朝日) – 竹偶 役
金曜時代劇 密命 寒月霞斬り 第2話(2008年4月25日、テレビ東京) – 佐野弦也 役
警視庁捜査一課9係 season3 第8話(2008年6月4日、テレビ朝日) – 三田村裕一 役
おみやさん 第6シリーズ(2008年10月16日 – 2009年3月19日、テレビ朝日) – 福島雅人 役
マークスの山 第1話(2010年10月17日、WOWOW)
金曜プレステージ 内田康夫ミステリー 湯布院殺人事件(2010年11月19日、フジテレビ)
ゴーストママ捜査線?僕とママの不思議な100日? 第6話(2012年8月18日、日本テレビ) – マイの父親 役
宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー 第7話(2012年11月19日、TBS)
月曜ゴールデン さすらいのプラチナワゴン?歌手・美波丈太朗の事件簿?(2012年12月3日、TBS)
金曜プレステージ特別企画 悪女たちのメス episode2(2012年12月21日、フジテレビ) – 荒木祐樹 役
ハンチョウ?警視庁安積班? シリーズ6 第2話(2013年1月21日、TBS) – 有田耕平 役
サキ 第6話 -(2013年2月12日 -、関西テレビ) – 小柳健太郎 役
ダブルス?二人の刑事(2013年4月18日 – 6月13日、テレビ朝日) – 岡部敦史 役
遺留捜査 第3シリーズ 第8話 – 最終話(2013年6月5日) – 工藤貴之 役
遺留捜査 第5シリーズ 第7話(2018年8月30日) – 横山保 役
濃姫II?戦国の女たち(2013年6月23日、テレビ朝日) – 森可成 役
白衣のなみだ(2013年) ‐ 岡島太志
ハニー・トラップ(2013年10月19日 – 12月21日、フジテレビ) – 安藤眞一 役
土曜ワイド劇場 100の資格を持つ女8(2014年1月11日、朝日放送) – 大牟田祐樹 役
TRICK 新作スペシャル3(2014年1月12日、テレビ朝日) – 水神修介 役
聖女(2014年8月19日 – 10月7日、NHK) – 坂東幸雄 役
秋のドラマ特別企画 最強のオンナ(2014年10月5日、毎日放送) – 桐原健二 役
SAKURA?事件を聞く女?(2014年10月20日 – 12月22日、TBS) – 本島利行 役
相棒 season13 第14話「アザミ」(2015年2月4日) – 横手護 役
相棒 season15 第10話「帰還」(2017年1月1日) ‐ 有本日明 役
ある日、アヒルバス 第7話 – 最終話(2015年8月16日 – 23日、NHK BSプレミアム) – 白鳥健三 役
花咲舞が黙ってない 第2シリーズ 第8話(2015年8月26日) – 金田亮司 役
釣りバカ日誌?新入社員 浜崎伝助? 第2話(2015年10月30日、テレビ東京) – 阿久津彰二 役
ドクターカー(2016年) – 倉田隆太 役
科捜研の女 第16シリーズ 第4話(2016年11月17日、テレビ朝日) – 笹井明憲 役
女の中にいる他人(2017年) ‐ 広瀬信也 役
光る崖(2016年2月20日、フジテレビ) – 郷原武彦 役[2]
嘘の戦争(2017年) ‐ 四条司 役
ソースさんの恋(2017年) ‐ 白鳥新一 役
明日の約束(2017年) ‐ 大道寺邦弘 役
西郷どん(2018年) – 関勇助 役
特命刑事 カクホの女(2018年2月16日、テレビ東京) ‐ 神田医師
シグナル 長期未解決事件捜査班 第6・7話(2018年5月15日・22日、関西テレビ) – 宮樫運転手 役
「警視庁機動捜査隊216 IX」(2018年) – 加世田巧 役
「はぐれ署長の殺人急行4」(2018年) – 三船賢太郎 役
直撃!シンソウ坂上SP「元号をとれ!」(2019年1月10日、フジテレビ) – 毎日新聞政治部 元号特別取材班 宮本正晴 役
刑事ゼロ 第8話(2019年2月28日、テレビ朝日) ‐ 吉原純哉 役
僕が笑うと(2019年3月26日、関西テレビ) ‐ 田ノ浦良雄 役
癒されたい男 第4話(2019年5月2日、テレビ東京) ‐ 神崎歩 役
あなたの番です(2019年、日本テレビ) ‐ 山際祐太郎 役
ミリオンジョー 第6話・最終話(2019年11月14日、12月26日、テレビ東京) ‐ 伊佐治義彦 役
ハラスメントゲーム(2020年) ‐ 大貫貴志 役
病院の治しかた?ドクター有原の挑戦?(2020年) – 三塚悟 役
私たちはどうかしている(2020年) ‐ 城島浩介 役
月曜プレミア8 ドンナ ビアンカ (小説)(2020年) – 諸橋俊樹 役
24 JAPAN(2021年) – 都築 役

あなたの番です

ドラマ『あなたの番です』には第2話、10話に森岡豊さんが出演しています。

403号室の住人藤井淳史(片桐仁)の学生時代からの友人でタレント医師・山際を演じています。

藤井淳史から一方的な嫉妬や嫌悪を受けていたことから、マンション内の交換殺人で藤井淳史から殺したい相手に指名されてしまい、
頭部がなく、指紋も焼かれていた状態で、遺体の身元特定を遅らせる隠蔽工作がされた状態で遺体となって発見されます。

■2話あらすじ

マンションを購入し、幸せな新婚生活を夢見ていた菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)。

引っ越し当日、菜奈が参加したマンションの住民会で、“交換殺人ゲーム”が行われる。それぞれが“死んでほしい人”の名前を紙に書き、クジのように引く。“殺したい相手”を交換して殺せば、捕まりづらい。そんなゲームだ。

もちろん、皆ただの憂さ晴らしのつもりだった。しかし、その日の夜。管理人の床島(竹中直人)が屋上から転落死。マンションの掲示板には“管理人さん”と書かれた紙が…。これは、恐ろしい交換殺人ゲームの幕開けなのか!?

翔太は、ショックを受けて沈んでいる菜奈を気遣う。そこへ住民会の会長・早苗(木村多江)が訪ねてくる。彼女は、引っ越してきたばかりの2人が事件で不安になっていないか、心配していた。早苗との話から、翔太は、床島が何者かに殺されたのではないかと考え始めるが、ゲームのことを翔太に知られたくない菜奈は、翔太が床島の死の真相を推理し始めないか気が気ではなかった。

そんな中、臨時の住民会が開かれる。参加者は、早苗、久住(袴田吉彦)、田宮(生瀬勝久)、浮田(田中要次)、黒島(西野七瀬)、シンイー(金澤美穂)、藤井(片桐仁)、美里(峯村リエ)、そして菜奈。床島の葬儀に住民会から供花を出すかどうかの確認をするため、早苗が招集したのだった。警察の捜査の結果、床島は自殺した可能性が高まるが、住民たちの間には、あのゲームが床島の死と関係あるのではないかと微妙な空気が流れる。藤井から「交換殺人の話をし始めたあんたのせいだ」と責められ、戸惑う菜奈。シンイーが“管理人さん”と書かれた紙を見せると、一同は“やはり床島は、あのゲームで殺された…!?”と住民たちは凍り付く…。

―――この紙は誰が書いたのか?そして、誰が引いたのか?引いた人物が床島を殺したのか…?

疑心暗鬼になる一同。藤井は、床島を名指しした人物に訴えかけるように「死んでほしい人を殺してもらったんだから、その人も自分が引いた紙に書いてある人を殺さなければルール違反になる」と言い出す。「この中に管理人さんを殺した人がいる訳がない」と結論づける一同だったが、悲劇はこれで終わりではなかった…!

私たちはどうかしている

ドラマ「私たちはどうかしている」は雑誌「BE・LOVE」(講談社)で連載中の安藤なつみの同名コミックを原作にしたラブミステリー。

15年前に起こった老鋪和菓子店主人の殺害事件をめぐって“容疑者の娘”と“被害者の息子”が過酷な運命に巻き込まれながらも惹(ひ)かれ合う姿が描かれます。

森岡豊さんは「しまや」の店主で光月庵で働く職人の一人・城島裕介(高杉真宙)の父親・城島浩介として出演しています。

【第4話】水曜ドラマ「私たちはどうかしている」振り返りダイジェスト【復讐の罠と反撃のわらび餅】

■あらすじ
椿(横浜流星)のまっすぐな愛の告白と率直な問いに、七桜(浜辺美波)はどう答えるのか?そして、椿の反応は…!?一向に出て行こうとしない七桜に苛立ちを募らせる今日子(観月ありさ)は、七桜に大事な得意客にお茶を出すよう命じる。しかしそれは座敷で七桜の作法を試す嫌がらせだった!住む世界が違うと蔑まれ、落ち込む七桜。

そんな中、城島(高杉真宙)と和スイーツカフェに出かけた七桜は、純粋に御菓子の話で盛り上がれる城島に癒しを感じる。実家の和菓子店の名物・わらび餅があるので食べに来るよう誘われた七桜はその夜、離れの従業員の部屋へ。そこはかつて七桜が母・百合子ゆりこ(中村ゆり)と共に住んでいた部屋だった。懐かしさを感じる七桜だが、城島は七桜に急接近!そこに椿が現れて……!?

翌日、七桜は城島が店を辞めることを聞く。城島をクビにしないよう頼む七桜だが、椿は再び冷たい態度に戻ってしまう。二人の仲に亀裂が入ったことに満足げな今日子は、城島にまた金を渡し…。

一方、椿は多喜川(山崎育三郎)の紹介で、投票で1位になれば全国で和菓子が売り出されるというデパートの七夕催事への出店を依頼される。以前同じような催しで注目を浴びた椿だが、その時多喜川は能登の小さな店『しまや』を推薦していたと話す。その店の名前を聞き、ピンとくる椿。実は、『しまや』は城島の実家で、その催しをきっかけに、城島は椿を恨んでいた…。

そんな中、七桜は城島が借金取りに追われていることを知る。病気の父のために借金をしており、父のわらび餅を作れない自分は店を開けられないと話す城島。なんとか実家の店を再開して欲しい七桜は、城島が何か隠していると気付きながらも、意外な行動に出る…!城島が今日子とつながり、ハニートラップを仕掛ける原因となった椿への恨みとは?そして今日子と多喜川にもなにか因縁が…。さらに、椿を想い続けている栞しおり(岸井ゆきの)は、新たな見合いの席で七桜が『人殺しの娘』だと聞き…!?

ゼロ係

金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5」第4話|テレビ東京

森岡豊さんは「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」season5 第4話に人気漫画家の担当編集者・久保充としてゲスト出演しています。

■ゲスト出演者

武田航平:秋本雄彦(「週刊スキップ」長谷川ヒロシ担当編集者)

林和義:長谷川ヒロシ(人気漫画「怪滅の八重歯」作者)

森岡豊:久保充(「週刊スキップ」長谷川ヒロシ担当編集者)

杏花:手塚ももこ(長谷川ヒロシの元アシスタント)

天野浩成:森田陽一(作家)

諏訪雅:尾田伸二(長谷川ヒロシのアシスタント)

金子鈴幸:水島明(長谷川ヒロシのアシスタント)

土橋竜太:矢沢武史(長谷川ヒロシのアシスタント)

■あらすじ
人気漫画「怪滅の八重歯」の作者・長谷川ヒロシ(林和義)が作業部屋で血を流して倒れているところを発見される。しかし発見したアシスタントが背後から襲われ気を失っている隙に、血痕を残し長谷川の姿が忽然と消えてしまう。出血の量から、冬彦(小泉孝太郎)と寅三(松下由樹)は既に亡くなっていると睨むが、その後、漫画の編集部宛に「長谷川を助けたければ、30億を寄付しろ」という書類が届く。さらに最終回のネームも届き…。

森岡豊のツイッターやインスタグラム

森岡豊のツイッター

森岡豊のインスタグラム
@yutakabob

森岡豊のフェイスブック

森岡豊のブログ

森岡豊の高校や大学など学歴は?

森岡豊さんの出身中学や高校については学校名を特定できるだけの情報が出てきませんでした。

森岡豊の身長・体重は?

森岡豊さんの体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は181㎝です。

森岡豊の結婚した嫁や子供は?

森岡豊の結婚した嫁は元宝塚歌劇団星組トップ娘役の星奈優里さんです。

結婚したのは2012年ですが、2021年現在ではまだ子供は生まれていないようですね。

星奈優里さんは花組公演の「ベルサイユのばら」での初舞台後、1991年に星組に配属されます。

その後、雪組に組替えし、2番手娘役に昇格すると、1997年からは星組に組替えしトップ娘役に就任。

大人気作品「エリザベート」が上演された際、階段降りメンバーにも選ばれました。

2001年に「ベルサイユのばら2001―オスカルとアンドレ編―」で退団すると、女優として舞台などで活躍しています。

■星奈優里さんのプロフィール
芸名:星奈優里(ほしなゆり)

本名:森岡優里(もりおかゆり)

旧姓:高尾(たかお)

愛称:ゆり

生年月日:1971年4月19日

年齢:43歳(2014年)

身長:164㎝

血液型:A型

出身地:広島県福山市出身

学歴:福山暁の星学院高等学校

職業:女優、元宝塚歌劇団・星組・トップ娘役、76期生

所属事務所:梅田芸術劇場所属

あなばん この投稿をInstagramで見る

森岡 豊(@yutakabob)がシェアした投稿

タイトルとURLをコピーしました