サムライベースボールの元ネタは?カムカムエヴリバディ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「サムライベースボール」とはNHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第102話から登場する劇中の映画の名前。

「カムカムエヴリバディ」ではこれまで、様々な実在のキャラクター・作品がモチーフとなってきたとみられていますが、「サムライベースボール」の元ネタは?

スポンサーリンク

サムライベースボールの元ネタは?カムカムエヴリバディ

「カムカム」ひなたの元恋人、五十嵐が再登場 意外な肩書きにネット驚き 

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月~土曜午前8時)の第102話が25日に放送された。

あらすじは、いよいよハリウッドの映画製作チームが視察のために来日。英語で映画村を案内するという大役を任されたひなた(川栄李奈)は、緊張しながらもなんとかその役目を果たす。上司の榊原(平埜生成)から、この映画で日本人俳優の大規模オーディションが行われることを聞くと、俳優を辞めて去って行った五十嵐(本郷奏多)のことが頭をよぎる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f8dbc2050dbc31fb8454c419b22209782e9c58fe

■「カムカムエヴリバディ」103話あらすじ
ハリウッド映画「サムライ・ベースボール」の日本人出演者オーディション前日。アクション監督の到着を待っていたひなた(川栄李奈)の前に現れたのは、10年前に俳優の道を諦めたはずの五十嵐(本郷奏多)でした。まさかの再会に、ひなたの心は大きく揺れ動きます。翌日、会場準備に勤(いそ)しむひなたは…


映画製作チームでキャスティング・ディレクターを務めるアニー・ヒラカワ(アニー平川)たちが予定しているハリウッド映画が「サムライ・ベースボール」。

オーディションのエントリーにはひなたの元恋人、五十嵐も姿を見せましたが、サムライベースボールの元ネタは?

雰囲気や時代から考えると「ラストサムライ」をモチーフにしているかもしれませんが、「ベースボール」という野球が絡んでいることから、とんねるずの石橋貴明さんがタカ・タナカの役で出演した「メジャーリーグ2」の可能性もありそうです。

他にも中日ドラゴンズに来る助っ人外国人が主人公の映画『ミスター・ベースボール』は1992年にアメリカで、1993年に日本で公開されトム・セレックと高倉健さんが共演しています。

タイトルとURLをコピーしました