泣きたい私は猫をかぶるの聖地,モデル(ロケ地)場所はどこ?常滑の土管坂(やきもの散歩道)?

スポンサーリンク

映画「泣きたい私は猫をかぶる」の舞台の一つと考えられるのは、愛知県知多半島の常滑市です。

常滑は1100年頃の平安時代後期から続く焼き物の町として知られ、常滑を中心とした丘陵地帯には3000基ほどの穴窯が築かれ、
常滑で製造された壷や甕などが東北から九州にかけて多くの中世の遺跡から出土しています。

土管と焼酎瓶で埋め尽くされた坂道「土管坂」は、廻船問屋瀧田家から南に10mほどの所にある「やきもの散歩道」の一部で、
地面には「ケサワ」という土管の焼成時に使用した廃材が敷き詰められ、滑り止めとして再利用されていることから独特の文様が見られます。

やきもの散歩道一帯は近年、おしゃれなカフェや若手作家さんのギャラリーも立ち並ぶようになり、
芸術とグルメが融合するスポットに生まれ変わりつつあります。

タイトルとURLをコピーしました