鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)通販お取り寄せは?楽天・amazon価格は?

スポンサーリンク
0未分類

鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)とは淡路島でのみ育てている希少な柑橘類で、一時は存続が危ぶまれていたものの現在は地元農家の努力もあり流通量が増えています。

「朝だ!生です旅サラダ」でも紹介された鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)の通販お取り寄せ情報や楽天・amazonの価格や販売店についてまとめています。

スポンサーリンク

鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)通販お取り寄せは?

鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)とは独特の酸味とほろ苦さがある淡路島特産の希少な柑橘類。

初夏の柑橘としては珍しく果汁が多いのが特徴です。阿波国と淡路国を治めていた徳島藩主が「鳴門海峡」にちなんで「鳴門オレンジ」と名付けられましたが2018年からは知名度アップのため「淡路なるとオレンジ」に改名。

鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)明治頃から盛んに栽培されるようになり、戦前には淡路の特産として定着、高級果実として東京にも出荷されていましたが昭和30年をピークに最盛期の1割にまで落ち込んでいました。

そんな鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)は少しずつ生産量が増えていて、今は生産者の公式オンラインショップで通販可能となっています。

若宮ミカン農園

ふるさとチョイス

鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)楽天・amazon価格は?

鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)は天然のクエン産を大量に含んでいるジューシーなオレンジ。

なんと言っても香りが良く昔は、中身(実)よりも皮だけを使って甘く煮て「なると漬け」と言うお菓子としてポピュラーでした。

現在は、表皮を使ってママレード、ジャム等に下降されることも多い鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)ですが標準的な価格は次のとおりです。

■2L~M サイズの品18~24個入り/5kg
A級品 2,500円
B級品 2,000円

■2L~M サイズの品36~48個入り/ 10kg
A級品 5,000円
B級品 4,000円

鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)は楽天・アマゾンともに通販の取り扱いがあります。

価格には大きな違いはないので、普段利用しているネットショップで購入するほうがポイントも活用できるので良いですね。

ちなみに、鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)の主な生産地である淡路島といえば、他にも様々あん特産品があります。

四方を海で囲まれていることから豊かな海産物に恵まれ、温暖な気候は滋味あふれる農作物にあふれています。

淡路ビーフや淡路島玉ねぎ、カーネーションなどは「淡路ブランド」としても人気があります。

鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)の味感想は?

鳴門オレンジ(淡路島なるとオレンジ)は地元では昔から、鳴門オレンジに砂糖をまぶした「なると漬け」というお菓子が親しまれています。

食べ方としては、そのまま食べるなら冷蔵庫で冷やして、風呂上がりに食べるとサッパリとしておすすめです。

飲食店では絞ってジュースやお酒を割るときに使われています。

2月:皮がきれいで酸味と香りが強く、保存もきくため、加工に向き。
3月:旬まっさかり。酸味と甘さのバランスがよくオレンジらしい味。
4月:甘味が増し、酸味がまろやかになり、香りがうすくなります。

タイトルとURLをコピーしました