西垣源正の卵かけごはんがやばい!但熊の通販お取り寄せは?

スポンサーリンク
未分類

西垣源正さんは週末になると2時間以上待ちも当たり前という大繁盛店「但熊」のオーナーで、人気メニューはなんといっても、こだわりの卵とお米を使った「卵かけご飯」

これまでの活動が評価され2020年には旭日双光章を受章した西垣源正さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

西垣源正の卵かけごはんの通販お取り寄せは?

西垣源正さんの手掛ける玉子「クリタマ」は、はしで持ち上げられるほどしっかりした黄身が特徴で、
高級な魚粉など約25種類の原料を自ら配合したエサを鶏に与えるなど、手間とコストをかけたこだわりの卵。

そんな玉子に甘みのある「夢ごこち」というお米は相性抜群ということで、「但熊」は平日でも行列の絶えない人気店となっていますが、
西垣源正さんの卵かけご飯はなんと通販で購入可能です。

卵かけご飯セットだけではなく、但熊で提供されている専用の卵かけごはん用醤油も通販で購入可能となっています。


西垣源正wikiプロフィール

西垣源正さんが自身の原点と話すのは中学1年生の弁論大会。

同級生が進学や就職で将来は都市部へと出て行く中「自分はここで生きていく」と宣言すると、
高校卒業後は、父親から西垣養鶏場を引き継いだ。

西垣養鶏場の飼育数は1万2千羽で養鶏業としては小規模ながら先代から数えて50年以上の歴史があり、
西垣養鶏場様のお店「但熊」は兵庫県北部豊岡市の南東部に位置する旧但東町(人口約5千人)にあります。

西垣源正の但熊のアクセスは?

西垣源正の但熊は週末ともなると2時間待ちの行列ができるのは当たり前、時には5時間待ちも記録するほどの人気店となっています。

住所 兵庫県豊岡市但東町栗尾916
TEL 0796-55-0901
営業時間 10:00~18:00 ●休業日/12月31日~1月3日、8月14日
公式サイト http://www.eonet.ne.jp/~tankuma/

西垣源正の育てる鶏種は国産鶏「ゴトウモミジ」で、全量赤玉卵を生産

全て初生ヒナから餌付けから行う自家育成で、成鶏になると1ケージに2羽飼養可能のところに1羽のみとして飼育スペースにゆとりを持たせ、ストレスフリーの飼養をしています。

西垣源正の但熊メニューは?

卵かけご飯定食410円
オムレツ250円
珈琲とシフォンケーキ450円
プリン270円
ズコットチーズケーキ(カット)230円
シフォントケーキ(カット)250円

メニューは以前は卵かけご飯セット(卵食べ放題)でしたが最近はスイーツもラインナップされるようになりました。

また、専用のしょう油は5種類の中から選べます。

西垣源正の経歴

西垣源正さんが引き継いだ養鶏場は小規模だったことから、これだけでは生活できないため3セク方式で減農薬米の栽培や直接卵や農産物を売る直売所「百笑館」を開設。

無休の運営と、新鮮な野菜は口コミで広がり、時が経つにつれ売上は安定するようになりますが卵は売れるのに米が売れません。

どうにかしたいと考え試行錯誤して平成18年に始めたのが、単純な発想ではあるものの卵かけご飯専門店の「但熊」です。

ただ全国的なブームになる前のことだったので周囲には「家で食べられる卵かけご飯なんて、わざわざ人が来るのか」と冷たい目で見られたそうですが、知人の元すし職人の協力を経て商品開発に取り組みます。

半年後にテレビで紹介されると予想をはるかに上回る人が押し寄せると時を同じくして「365日たまごかけごはんの本」が出版されるなど、全国でブームに拍車が掛かかりました。

2020年には秋の叙勲で旭日双光章を受章するほど社会的に評価されるようになりましたが、NHK「逆転人生」では西垣源正さんのこれまでの波乱万丈の人生が紹介されました。

■放送内容
「卵かけご飯に大行列 ひねくれ者が夢を実現」
生駒里奈が試食で「衝撃派」最長で5時間待ちの卵かけご飯専門店。山あいの集落で一旗あげると、試行錯誤。周囲の大反対をきかずに開店。なぜありふれたメニューで大成功?

兵庫県の山あいに、14年間、週末の行列が途切れない卵かけご飯専門店がある。店主は西垣源正さん。同級生が都市部に出ていく中「地元で一旗あげる」と養鶏と米作りを継いだ。「人と違うことがしたい」というひねくれ者だ。成功への道は予想以上に険しかった。鶏のエサなどを工夫して生産した卵は買いたたかれ、自慢の米もコンビニのおにぎりに敗北。メロンの生産でも大失敗。起死回生をかけた卵かけご飯専門店も大反対される。

https://www.nhk.jp/p/gyakuten-j/ts/JYL878GRKG/episode/te/R837PM3N9M/

西垣源正の年収は?

西垣源正さんの「但熊」の売上はは順調に伸びて2年目にはすでに月商2500万を超えるほどに。

さらに敷地内に新しくお菓子の店「但熊弐番館」をオープンさせ、
ロールケーキ、プリン、シュークリーム、シフォンケーキの4アイテムの帝京を始めると、
プレ初日から3時間でロール70本・プリン120個・シュー200個・シフォン20個完売

現在は平日20万、土日で30万ペースで売れ続けているほか、カステラ、ドーナッツ、チーズケーキとラインナップを広げています。

こうした実績を振り返ると、西垣源正さんの年収は7ケタ万円であることは確実とみてよいんじゃないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました