奥隆善wikiプロフ|NHK趣味の園芸やマツコの知らない世界・コスモス出演!

スポンサーリンク
未分類

奥隆善さんはNHK「趣味の園芸」にも出演したことがある育種家で、エリンジウム、モルセラ、ミントなどの植物などの他、特にコスモスの生産にかけては定評がありますね。

「マツコの知らない世界」でもコスモスを特集する回に出演をしている奥隆善さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

奥隆善のコスモスの通販お取り寄せは?

奥隆善さんが絶滅寸前の危機に瀕しているところを復活させたコスモスが「チョコレートコスモス」で、彼の代名詞的な植物の一つとなっています。

現在は奥隆善さんのチョコレートコスモスは広く取り扱いされているようで、アマゾン・楽天でも通販可能となっています。

チョコレートコスモスは略して「チョココス」とか「チョコモス」などと呼ばれることがありますが、
奥隆善さんが平成10年頃から粘り強く続けた研究の結果、世界で初めてチョコレートコスモスの交雑種育成に成功。

チョコレートコスモス・ノエルルージュ(鉢花壇用)
ノエルレッド(切花用)

という品種を誕生させています。

奥隆善wikiプロフィール

職業:育種家
生年月日:1977年
年齢:43歳
出身地:三重県伊賀市
最終学歴:千葉大学大学院自然科学研究科博士前期課程

奥隆善さんは幼少の頃は金魚のブリーダーになる夢を抱いていたそうですが小学校5年生の時に園芸好き祖父からハボタンの種をもらったことが転機となりました。

そのタネをまいて出てきた芽を見た瞬間にこれまでにない感動を覚え、すっかり植物の道にハマるようになると、
中学生になってからは早くも短日植物のアサガオを題材にした実験をスタート。

アサガオといえば日照時間に合わせて開花させる植物ですが、
奥隆善さんは「日が短くなったのを感じるセンサーはどこにあるのか?」と興味を持つようになり、
双葉や本葉が伸びてきてはちぎって・・・という実験をしていたといいます。

大学も植物に関する研究を経験すると卒業後は生まれ育った三重県伊賀市にて植物の品種改良と生産を行うようになります。

奥隆善の経歴

奥隆善さんは大学院を出たものの実家は農家じゃないし、農機具も揃っていない。

施設もなければお金もなく、かろうじて水田の土地だけは少し持っていただけというまさにゼロからのスタート。

水煙をを耕して露地でアサガオ、ケイトウ、エリンジウム、モルセラ、ミント、カラー、グラジオラス、麦ナデシコ、フウセンカズラなどなど、
色々と手を出しては失敗を繰り返すばかりだったそうです。

ただ少しずつ成果が出るようになり、チョコレートコスモスの栽培にも成功するようになった現在は、
「伊賀農業の伝道師」として、地元のケーブルテレビにレギュラー出演されたり、地元の公民館で園芸教室なども開催しています。

奥隆善のツイッターやインスタグラム

奥隆善さんはツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

奥隆善の高校や大学など学歴は?

奥隆善さんの通っていた高校についてが学校名は明らかにされていないものの、大学は千葉大学園芸学部から同大学院で植物細胞工学の修士課程を修めています。

奥隆善の結婚した嫁は?子供はいる?

調査中
奥隆善さんのプライベートについて調べられる範囲では結婚に関する情報は一切ありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました