大沢秀一wiki経歴やプロフィールを調査!モンディアル・デュ・パンに激レア優勝!

スポンサーリンク
未分類

大沢秀一さんは日本人初(日本チーム初)となるフランスのパンの国際大会で優勝(したチームのキャプテン)という経歴の持ち主。

ただ「激レアさんを連れてきた」の番組でも紹介されている通り自信のパン屋はプレハブ小屋だったり、以前のお店は閉店を余儀なくされるなど大沢秀一さんの現在に至るまでのプロフィールは決してい平坦なものではありませんでした。

スポンサーリンク

大沢秀一wikiプロフィール

大沢秀一さんは1986年にパン屋を営んでいる家に生まれ、将来は漠然とパン職人になることを考えていたようです。

そんな大沢秀一さんがパン職人になる決意を固めたのが18歳の頃に目にした「サ・マーシュ」(神戸)というベーカリーのオーナー兼パン職人の西川功晃さん著作『パンの教科書』に感化されたことから。

パンの教科書―ブランジェリーコム・シノワ

世界的にも著名なパン職人の技に憧れを抱いた大沢秀一さんは高校卒業と同時にパン職人の道を歩み始めるものの、父親が高崎市吉井町で経営していたベーカリー「パリジャン」ではなく奈良県のパン店でゼロからパン作りの技術を学び始めます。

20歳の頃に実家であるに戻ってパン作りに取り組んでいると、前橋市の農産物直売所から声がかかって25歳で自分のお店を持てるまでに。

ただわずか1年後には直売所が撤退することになり、大沢秀一さんの初のお店も閉店を余儀なくされます。

将来につながる梯子を外されてしまったものの、大沢秀一さんはめげることなく面識は全くなかったにも関わらず西川功晃さんに弟子入りを果たします。

電話をしても断られるだろうから、どうせなら直談判しようと2012年6月にお店をたたむとすぐに夜行バスで向かい、無事に西川功晃さんが経営するベーカリー「サ・マーシュ」で雇ってもらえることになります。

大沢秀一さんも1年とは言え自分のお店を持っていたわけですから腕前には自信があったものの、「自分では出来ていたつもりのことが何一つできていなかった」という衝撃的な現実に直面。

パンの丸め方やガス抜きなど赤ん坊を扱うようにやさしくパンと向き合う西川さんの姿勢を目の当たりにして、
それこそゼロからの再スタートとなり昼夜を問わずパン作りにいそしみます。

西川さんのもとでパンづくりの奥深さを再認識して2年後には退職し、さらに腕に磨きをかけるため鎧塚俊彦さんがオーナーを務める神奈川県小田原市のレストラン
「一夜城ヨロイヅカファーム」のベーカリー部門を担当し一流パティシエの世界レベルの技も吸収すると、もう一度、自分の店を構えるための準備に入ります。

しかし、パン屋の出店に適した場所が見つからず、食品メーカーなどから依頼された新商品の開発や、アルバイトで生計を立てていたところ、
恩師である西川さんに誘われて2015年にフランスで行われたパンの国際大会「第5回モンディアル・デュ・パンの応援ツアー」に出かけます。

「モンディアル・デュ・パン」とはパンのワールドカップのような大会で、大沢秀一さんは自分も出場して優勝することを目標に打ち立て、
実家のある高崎市に帰省した際、かねてから大沢秀一さんのことを何かと応援してくれていたコーヒーチェーン「珈琲哲學」の斎藤浩社長が店舗用の土地を貸してくれることになります。

それが珈琲哲學 緑町店の駐車場で、大沢秀一さんはここにパン焼き場「Comme ’N(コム・ン)」を出展し、
鎧塚さんの小田原の店で知り合った若手パティシエの久保田遥さんを助手に雇い、二人三脚で世界一を目指すことになります。

大沢秀一の経歴

大沢秀一さんは晴れて2度目の自分のお店を持つことはできたものの、オープンから2~3か月は1日の売り上げが3000円ほどしかない日々が続きます。

広告宣伝など集客を一切行わなかったそうなので当然といえば当然かもしれませんが、自分だけではなく助手の久保田さんの給料やパンの材料費や家賃も、機械の返済もあります。

このままじゃまたも閉店せざるを得ない、といったところで地元の新聞に「世界大会を目指すパン職人」と紹介されたことから一気にお客さんが増え、
今度は逆にお客さんが来すぎて、「モンディアル・デュ・パン」に出場するためのパン作りの練習時間を持てなくなってしみ余す。

そこで日本代表予選前の2ヶ月間はお店に出すパンの種類も作る量も減らたうえ、大会用のメニューに切り替え、
午前2時から10時まで、8時間の通し練習を連日続けた結果、第7回モンディアル・デュ・パン日本代表選考会で優勝し国際大会で日本代表チームを率いるキャプテンに任命され、
見事に日本人初優勝の栄冠に輝いています。

またモンディアル・デュ・パンと同時並行で開催されていた22歳以下の助手を選出する「最優秀若手ブーランジェコンクール」には、
同店の久保田さんが出場して優勝するというダブル優勝の偉業を成し遂げています。

パンの世界大会「モンディアル・デュ・パン」とは?

2年1回開催されるパンのワールドカップとも称される世界最高峰の国際製パンコンクールで、
日常パン・健康と栄養パン・ヴィエノワズリー・サンドイッチ・飾りパンなどの総合力を競いあいます。

若手の育成も目的としており25歳以上のシェフと22歳以下の若手パン職人がチームになって取り組む競技で、
ヨーロッパやアメリカ、中国など18カ国の代表が、2日間で100個以上のパンを作り世界一を目指しますが、
ここ数年は台湾チームが三連覇するなど世界の頂点に立ち続けていました。

台湾チームの連覇をようやく阻止したのがパンの本場のヨーロッパのチームではなく同じアジアの日本チームだったことは世界にも衝撃を与えたのではないでしょうか。

ちなみに、大澤秀一さん率いる日本チームは、谷口佳典(㈱フリアンド)さんと上村昭博(ブーランジェリー アヴェック)さんがメンバーでした。

https://www.ambassadeursdupain.jp/#mondial

大沢秀一のパン屋の場所はどこ?

大沢秀一のパン屋の場所はどこなのかというと、2020年6月現在はどこにもありません。

珈琲哲學 緑町店の駐車場内に「パン焼き場Comme ’N(コム・ン)」のお店はあったものの、
2019年12月31日に惜しまれつつも閉店してしまいました。

■【閉店】珈琲哲學 緑町店
住所:群馬県高崎市緑町1-29-10
電話:080-1193-2355
営業時間:8時~売り切れ次第終了

お店をいったんは閉めてしまったのには理由があり、大沢秀一さんは東京進出を考えているからです。

2020年中のオープンを目指して東京の九品仏駅(東急電鉄大井町線)近くに出店予定で、
日本でも有数の美食とファッションが集まる「自由が丘駅」の隣駅になります。

引用:https://annbread.com/commen-takasaki

大沢秀一のパン屋「コム・ン」が自由が丘にオープン!

Comme’N(コム・ン)
住所:東京都世田谷区奥沢7-18-5 めぞんひろせ1F
TEL:確認中
営業時間: 7:00 ~ 18:00
定休日:火・水曜
駐車場:なし
アクセス:東急大井町線「九品仏駅」から徒歩1分・「自由が丘」駅から徒歩10分

この投稿をInstagramで見る

Comme’N 東京・九品仏に8月19日(水)グランドオープン 株式会社オーリは、パンの世界大会「7th MONDIAL DU PAIN 2019」にて日本人初となる総合優勝を果たした大澤秀一率いるベーカリー「Comme’N」(https://commen.jp/)を、2020年8月19日(水)東京都世田谷区奥沢にオープンいたします。 ● パンの世界大会「第7回 モンディアル・デュ・パン 2019」にて日本人初の総合優勝 2年に1度フランスで開催される、世界最高峰の国際製パンコンクール「MONDIAL DU PAIN(モンディアル・デュ・パン)」。2018年の国内予選優勝を経て、日本人代表として、2019年10月に開催された「7th MONDIAL DU PAIN 2019」にシェフ大澤 秀一、アシスタント久保田 遥が出場し、日本人初の優勝を成し遂げた。 サンドやタルティーヌを競うスナッキング部門、飾りパンの芸術性を競うピエスアーティスティック部門、チームワークが評価されるベストアシスタント賞を久保田遥が受賞と、6部門のうち3部門を制し、総合優勝を果たした。 ● その日にしか出会えないパンがある。だから毎日でも楽しめる。 新店舗には、「モンディアル・デュ・パン」で優勝した際に披露したクロワッサンやバケットをはじめ、日本人の口にあうよう、もっちり、しっとり仕上げた食パンや、こだわりの国産バターと兵庫県・芦屋にある「メツゲライクスダ」のハムやウィンナーを使用したバケットサンドなど、素材を贅沢に使用したパンが常時100種類以上並びます。どんなパンと出会えるかはその日次第。こだわりのパンたちを選ぶ楽しみが、日常をより豊かにしてくれます。 また、新たにフレンチ出身のシェフによる本格的なサンドウィッチも登場。大澤シェフの焼き上げるパンに料理人ならではの視点が加わり、新たな魅力を引き出しています。併設されたサンドルーム(写真左)では、その場でテイクアウトとしてご提供します。 ●店舗概要 【名称】Comme’N 【ヨミ】コム・ン 【住所】東京都世田谷区奥沢7丁目18−5 1F 【交通アクセス】東急大井町線 九品仏駅 ▶ 徒歩1分、自由が丘駅▶ 徒歩10分 【開業日】 2020年8月19日(水) 7:00 【営業時間】 7:00 ~ 18:00(定休日:火・水曜) 【アートディレクション】 株式会社フォティーノ ● オープン記念のトートバックを発売! オープンを記念して、オリジナルトートバックを限定発売いたします。 トートバックには、故郷・高崎のプレハブ小屋からスタートしたComme’Nが世界に認められ、そして東京へと歩んできたその軌跡をイメージ。働きアリのようにいつもと変わらず、コツコツとパンに向き合ってきた大澤シェフの姿勢も表現しています。 発売日、販売価格など詳細については、公式HP、Instagramにてお知らせいたします。 ●大澤 秀一 1986年、群馬・高崎のベーカリーを営む家に生まれる。 幼いときからパンがあたり前のように身近にある環境に育ち、自ずと自身もパンの道へ。 2012年より、神戸「Ca marche」にて、オーナーでもある西川功晃シェフのパン職人としての姿勢や考え方に感銘を受け、西川シェフに師事。その後、高崎市へ戻ったのち、念願の自身のベーカリー「Comme’N」をスタート。駐車場に建てられたプレハブ小屋という限られたスペースから、自身で目標として掲げたパンの世界大会「モンディアル・デュ・パン」を目指すこととなる。 地元の方々の支えや、連日に渡る猛練習の日々を経て、2018年国内予選での優勝、2019年第7回「モンディアル・デュ・パン」世界大会に日本代表として出場する。 6部門のうち3部門を制し、日本人初の総合優勝。見事世界一の称号に輝いた。 水と粉など、かたちのないものに輪郭をつけていくパンづくりは「自らの生き方を表現できる唯一の方法」。様々な出会いと発見を繰り返し、前に進んできた自身の経験から、後進の育成にも力を入れている。 そして2020年8月、東京・九品仏に「Comme’N」をオープン。 ●新型コロナウイルス感染症対策について 当面の間夜の営業時間を短縮し、ソーシャルディスタンスを保つため入店人数を制限して営業いたします。 従業員はマスクを常時着用して接客させていただきます。 ※メニューは変更となる場合があります。 ひとにも、まちにも”ひらかれた場所”でありたい。その想いから、厨房での風景も、お客様の顔も同様に見渡せる、オープンな空間をつくりました。大澤シェフをはじめとしたパン職人たちの、ひとつひとつのパンへと向き合う真剣な姿勢をぜひ見にお越しください。 「Comme’N」公式サイト:https://commen.jp/ 「Comme’N」Instagram:https://www.instagram.com/comme_n/

‪Comme’N‬(コム・ン)(@comme_n)がシェアした投稿 –

大沢秀一は結婚した嫁は?子供はいる?

大沢秀一はインスタグラムに投降した写真から結婚をしていてお嫁さんの名前は「優香」さんだということがわかっています。

同じく子供についても、インスタグラムに大沢秀一のお子さんではないかな?という写真が投稿されています。

大沢秀一のツイッターやインスタグラム

大沢秀一のツイッター

大沢秀一のインスタグラム
@comme_n

タイトルとURLをコピーしました