JA北つくばの「こだますいか」次のうち名前の由来は?#お天気検定

スポンサーリンク
0未分類

5月4日の「グッドモーニング」内のクイズ「お天気検定」で出題された問題は「JA北つくばの「こだますいか」次のうち名前の由来は?」でした。

スポンサーリンク

答え:JA北つくばの「こだますいか」次のうち名前の由来は?【お天気検定】

青:開発地の名前
赤:生産者の名前
緑:新幹線の名前

答え:新幹線の名前(緑)

JA北つくば こだますいか部会は160名程で構成されており、青年部も充実しています。部会としてシーズン40万ケースの出荷と、今後10年、20年続く産地形成を目指しています。また、JA北つくばでは、二十四節気の立夏(今年は5月6日)を「こだますいかの日」に制定しPRに力を入れています。「こだますいか」の”こだま”は、玉が小さいといった意味ではなく、こだま新幹線が開通した昭和39年に栽培を開始したことから来ています。

第48回(2019年)日本農業賞・特別賞を受賞したJA北つくばの「こだますいか」は5月に向けて出荷最盛期となります。

http://www.ib.zennoh.or.jp/amore/topics/2019/0426_0925.html

スイカは毎年5月中旬頃から小玉スイカの収穫が各地で始まり、続いてハウス物の大玉スイカが収穫され出荷され始めます。 露地物も出始め、収穫のピークは6月中旬から7月にかけてとなります。

タイトルとURLをコピーしました