出張ポルノ展2019(大坂,広島)混雑はいつからいつまで?当日券・整理券は?

スポンサーリンク

東京での出張ポルノ展は連日のように混雑が続いて大盛況のうちに終了しましたが、
ポルノグラフィティに縁が深い広島と大阪でも「出張ポルノ展 20 YEARS EXIBITION」が
開催されることが決まりました。

スポンサーリンク

出張ポルノ展2019(大阪,広島)はいつからいつまで?

出張ポルノ展2019の広島開催は、

  • 日時:10月4日(金)~10月14日(月) 10:00~20:30
  • 会場:広島パルコ本館6F パルコファクトリー
  • 住所:〒730-0035 広島県広島市中区本通10-1

最終日だけ営業終了時間は18:00閉場となります。

出張ポルノ展2019の大阪開催は、

  • 日時:10月25日(金)~11月4日 11:00~20:30
  • 会場:hmv museum 心斎橋(「HMV&BOOKS SHINSAIBASHI」店内)
  • 住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目4-3 心斎橋オーパ 8F

入場料は大阪・広島ともに800円(小学生以上、未就学児無料)となっていて、
最終入場は閉場時間の30分前となっているので
遅くとも20時までに入場しなければいけませんね。

出張ポルノ展2019(大坂,広島)の混雑状況は?当日券・整理券配布は?

1999年9月8日に「アポロ」でメジャーデビューしたポルノグラフィティが
デビュー20周年を記念した展示イベントが「ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION」。

出張ポルノ展2019東京では、ニュースになるほどの混雑ぶりを見せた日もあり、
喫茶ポルノでは初日になんと9時間待ちというディズニーランドをはるかに超える待ち時間を記録しました。

出張ポルノ展2019大阪、広島でも混雑は予想されるものの、
東京に比べると混雑は少しは緩和されるのではないか?と思われます。

ただ、土日の午後ともなるとやはり混雑必須です。

出張ポルノ展2019には時間制限というものがないため、
1度入場をすれば何時間でも居続けることができます。

出張ポルノ展2019大阪、広島でできるだけ混雑を避けたいと思ったら

  1. 平日の午前中
  2. 平日の午後
  3. 土日の午前中

の順に狙い目ということになります。

逆に、出張ポルノ展2019大阪、広島で当日券では入場ができず、
整理券が必要になりそうなほど混雑をするとしたら、

  • 10月4日(金)広島
  • 10月5日(土)広島
  • 10月6日(日)広島
  • 10月12日(土)広島
  • 10月13日(日)広島
  • 10月25日(金)大阪
  • 10月26日(土)大阪
  • 10月27日(日)大阪
  • 11月2日(土)大阪
  • 11月3日(日)大阪

が考えられます。

特に、出張ポルノ展2019広島の初日10月4日(金)と
大阪の初日10月25日(金)は整理券が配布される可能性は高いです。

喫茶ポルノを楽しみにしているのであれば、
営業時間の最低でも30分前に会場に向かって、
整理券をもらうようにしましょう。

ちなみに出張ポルノ展2019東京では、8時前に並ぶことは禁止となっていたようで、
8時~8時半くらいの間に並び、入場時間が1時間ごとに区切られた
当日券を抽選ゲットするといった措置がとられていました。

さらに優先入場券というものも販売されていたので、
最新情報を随時チェックするようにしましょう。

出張ポルノ展2019広島に関しては、
広島パルコの公式ついったーで情報提供してくれると思います。

出張ポルノ展2019混雑に関する口コミ・ツイッター

出張ポルノ展2019(大阪,広島)のグッズ販売は?

出張ポルノ展2019(大阪,広島)では東京都同じくグッズ販売も行われるようです。

池袋パルコで行われた出張ポルノ展2019を例に挙げると、

  • Tシャツ
  • 歴代ライヴサーキットロゴ缶バッジ
  • メンバーの使用楽器をモチーフにしたギター型アクリル箸置き
  • “ポルノ”のロゴ入りポルノアメ

などなどが販売されていました。

出張ポルノ展2019(大阪,広島)の展示内容は?

出張ポルノ展2019(大阪,広島)では、東京会場と同じく、

  • LIVE Photo Wall
  • 聴く年表廊下
  • Lyric Wall
  • JUKE BOX
  • フォトブース

が用意されているほか、東京会場にはなかった9月7日、8日の東京ドーム
「20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ’19 ~神vs神~”」で
ポルノグラフィティの2人が着用した衣装も展示される予定となっています。

「LIVE Photo Wall」とは、
デビューからこれまでの20年分のライブ写真、手書きの歌詞や譜面、蔵出し映像資料を展示。

「聴く年表廊下」は、年表の前のエリアを3つの音空間に区切られていて、
メンバーがこの年表のために収録したエリアごとに異なるコメントや楽曲を聴くことができます。

「Lyric Wall」は、ポルノグラフィティの楽曲の歌詞中でよく登場する単語がスクリーンに投影されていて、
単語をタッチするとその単語を含む歌詞フレーズが浮かび上がります。

「JUKE BOX」では簡単な質問に答えていくと、
その時の気分に合ったポルノグラフィティの楽曲をオススメしてくれます。

出張ポルノ展2019の感想

タイトルとURLをコピーしました