PS5初期不良の確率や故障率は?PS5初期型(初期ロット)不具合は?

スポンサーリンク
未分類

PS5ことPlayStation5(プレイステーション5)がいよいよ2020年11月12日に新発売されることが9月17日に公式に発表されました。

ヤマダ電機やビックカメラなどのオンラインサイトでは予約の受付が開始されるも、抽選で早くも予約終了・完売状態。

発売前からすでにPS5は在庫切れ・品薄となることが確定的となっていますが、やはり気になるのはプレステ初期型で必ずといって良いほど発生している不具合・初期不良ではないでしょうか。

スポンサーリンク

PS5に初期不良・不具合の報告は?

PS5は高スペックながら価格も39,980円~と抑えられています。

CPUはAMDの「x86-64-AMD Ryzen“Zen 2”」、GPUは「AMD Radeon RDNA 2-based graphics engine」、システムメモリは「GDDR6 16GB」。

仮に2020年9月時点に龍柱している一般的なにゲーミングPC同スペックのマシンを手に入れると思ったら20万円相当のスペックなので、PS5がいかに格安な値段に抑えられているかがわかります。

ただプレステといえば初代のPS1から初期ロットの不具合・初期不良がもはや風物詩となっていますね。

PS5初期型・初期ロットが不良品ではないかという心配する声がツイッターなどで相次いで寄せられるのも無理もない話かもしれません。

PS5初期不良はある?初期型の不具合について

過去のプレステをみると、PS4で報告されていた初期型の不具合・初期不良ではフリーズするという現象が起きていました。

は主にハードウェア面が原因で、処理能力アップしたPS5でも起こり得る可能性もありますし、
むしろ、ハードウェアのスペックに対して格安に抑えられている分、初期不良の不具合が起きる可能性が高いのでは?と不安視する声も見られます。

PS5初期不良の割合(故障率)は?

今から7年前の2013年11月12日に発売されたPS4(プレステ4)は、
当時としては高性能スペックを誇っていたことから初期不良・不具合が発生しやすいのでは?という憶測が流れていましたが、実際の故障率は1%ほどだったようです。

1%といえば100台に1台は故障する計算で、仮にPS5の初期ロットが10万台生産されていたとすると、1000台もの初期不良・不具合が発生する計算になります。

話はちょっと変わりますが、iOSのメジャーアップデートでも、すぐにバージョンアップしてしまうとアプリが動かなくなるとか、iphoneが起動しなくなるといった不具合が報告されるのが恒例となっています。

PS5もこれまでの前例を踏まえると初期不良が起きる可能性が高いことから、あえて初期ロットは避けるのが安全策といえるかもしれません。

PS5以前の初期ロットの初期不良・不具合

毎回、プレステの初期ロットには、初期不良の話題が持ち切りといっても過言ではありません。

調べてみると、初代プレステからPS4まで最も多く報告されている不具合・初期不良は「ディスク吐き出し」というディスクドライブのハードの構造に由来するようなものでした。

ちなみに、PS5ではディスクドライブなしの「デジタルエディション」もあるので、
上記の不具合による故障もちょっとは減るんじゃないでしょうか。

また当然ですが、PS5を置く環境や使用状況によっても不具合が起きる可能性は高くなります。

電源を長時間つけっぱなしにする
湿気や埃の溜まりやすい場所に置く
直射日光が当たり高音になりやすい場所に置く

といったことは避けるようにしましょう。

PS4初期型の不具合・初期不良

PS4は特に北米で先行販売された初期ロットに初期不良の報告が相次ぎました。

起動後に1時間もしないうちにフリーズして固まると再起動したくても電源すら入らなかったひともいるようです。

PS4の日本発売が延期されたのは海外での不具合で問題が明らかになり、その不具合を修正するのに時間がかかったためとされていますが、
日本で発売されたPS4はというとディスクが飛び出る等の初期不良・不具合があったようです。

PS3の初期ロット初期不良

PS3では、互換性があるといわれていたPS2のソフトの一部に不具合が起きました。

これまではハードウェア面での初期不良だったのに、まさかの互換性の不具合はまさに驚きでした。PS3はPS2との互換性がウリだっただけに

PSPの初期ロット初期不良

PSPでの初期ロット品では「□ボタンが元に戻らなくなった」という物理ボタンの初期不良がたびたび報告されています。

PS2初期ロット・初期不良

PS2の初期不良はちょっと特殊で、本隊ではなく同梱のPS2用メモリーカードのデータが壊れる不具合が報告されています。

実際にメモリーカードのリセット回路に不具合が発見されたようで、初期ロットでの初期不良ではないとみられていたものの、
型番が変わった後にPS用ソフトのメモリーカードが壊れる不具合が発生したことから、PS2本体側の不具合と扱われるようになったようです。

ちなみに、PS2ではDVDプレイヤーにリージョンコードが導入されたばかりということもあって、
リージョンコードを無視してビデオ再生できてしまうという不具合(?)もあったとされています。

どちらかというと「初期不良」とは言えないのかもしれないしゲームプレイをする分には何の問題もありません。

PS1初期型の不具合・初期不良

PS1の初期型・初期ロットでは「熱暴走」という不具合によってフリーズが多発していました。

機体を冷やすファンが内蔵されていなかったため、PS2ではPS1の反省を活かして冷却ファンが内蔵されるようになったほか、PS本体が縦置きできるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました