雨の日にドクターマーチン濡れたら?防水スプレーはいらない?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

雨の日にかなりの数のドクターマーチンの革靴を履いても大丈夫なのでしょうか?

ドクターマーチンは雨の日に履くのを控えたほうがいいのでしょうか?

スポンサーリンク

雨の日にドクターマーチン濡れたら?防水スプレーはいらない?

ドクターマーチンはもともと泥の中をを踏破する靴として作られていて、ブーツはブーツですから雨の日でも大丈夫は大丈夫です

ただねピュアレザーの靴は雨の日は望ましくありません。

水たまりに足を突っ込むようなコトは絶対に避けるべきでインソールまで水がしみ込んでくると、ダメージは大きくなっちゃうかも知れません。

欧州のような乾いた気候で少雨なら、大したダメージではないですが、本邦のような湿潤気候で大雨の中では、一雨で結構なダメージです。

普段履きであっという間の履きつぶしなら構いませんが大事に使う気なら雨の日は避けるべきです。

もし、雨にさらされたなら乾燥を十分にし、保革用オイルでの手入れをしっかりするべきです。

ブーツだから雨なんてOKと考えるのはNGです。

ドクターマーチンに防水スプレーはいらない?

靴屋さんによっては店員さんから「ドクターマーチンに防水スプレーはよくないです」と言われることがありますが、昔は素材を傷めやすいものもあったからです。

現在は成分の開発も進み、素材を傷めにくく、さらに汚れをつきにくくした防水スプレーもでているので、ドクターマーチンの革靴をより長く・キレイに使いたければ、防水スプレーの使用がおすすめです。

防水スプレーの種類は大きく分けると2つに分けれますが、ドクターマーチンの革靴には基本的にフッ素系の防水スプレーがおすすめです

■シリコン系
水が染みるのを防ぐため、表面に皮膜を作り繊維の隙間を埋めます
<メリット>
・皮膜がしっかりと水を防ぐ
・スプレー後すぐに効果が出る
<デメリット>
・油滲みしやすい
・持続時間が短い
・空気を通しにくいので、革が劣化しやすい

■フッ素系
水より細かいフッ素樹脂を繊維に浸透させ、水を防ぐ
<メリット>
・通気性があり革が痛みにくいので、天然皮革の製品に最適
・生地やナイロンなど、色々なものに使える
<デメリット>
・即効性が低く、樹脂が浸透するまでに時間がかかる

ドクターマーチンの革靴に防水スプレーをかけるときには30cmほど離し、全体にまんべんなく、ムラのないように2、3秒スプレーをします。

軽くサッと全体に吹き付けて乾燥、また吹き付けて乾燥

3回くらい繰り返して下さい

掛けすぎるとシミの原因になるので注意しましょう

タイトルとURLをコピーしました