ラッコ鍋は何話?効果・元ネタは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ラッコ鍋は金カム(ゴールデンカムイ)に出てくるグルメ(?)の一つ。

「チチタプ」など独特なグルメがいくつも紹介されていますがラッコ鍋の実際の効果はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

ラッコ鍋の効果は?

金カム(ゴールデンカムイ)に出てくるラッコ鍋について、ラッコの肉って食べると欲情するとしています。

ラッコ鍋は何話?元ネタは?

金カム(ゴールデンカムイ)でラッコ鍋が出てくるのは12巻115話など。アニメだと20話でラッコ鍋が登場しています。

「ラッコの煮える匂いは欲情を刺激し一人でいては気絶するほどなのだという」として、ラッコ鍋で全員様子がおかしくなっていました。

杉本をはじめみんな服を脱いで相撲を取り始めると、尾形は胸元を緩めて下も全部脱がされたものの、孤高の山猫と呼ばれているだけあって、杉元達を仲間とは思っていないために倒れてしまいました。

ラッコ鍋の元ネタは?

ラッコ鍋の元ネタはアイヌの間で本当にあった食べ物らしいです。

食べるときは必ず夫婦でという決まりがあったらしいと作者がインタビューで答えています。

今は食べるのは無理ですね。食べたらつかまります。

昔、毛皮のために乱獲されたので現在はワシントン条約で絶滅危惧種に指定されています。

アラスカの一部地域でしか食べることが出来ないそうです。

人気者ラッコ、いまや国内わずか4頭…高齢で繁殖絶望的・絶滅危惧で輸入規制 : 社会 : ニュース
小さな両手を使って貝を割る愛らしいしぐさで人気のラッコが、国内の水族館から姿を消しつつある。現在、国内で飼育されているのは4頭だけ。いずれも高齢のため、繁殖はほぼ不可能な状況だ。さらに輸入元の米国などでは、絶滅の危険が
タイトルとURLをコピーしました