ラプンツェルが母親(ゴーテル)最後に手を伸ばすのは愛情?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「塔の上のラプンツェル」でラプンツェルは塔から落ちる母親(と偽ってきたゴーテル)に手を伸ばします。

ラプンツェルにとってゴーテルは憎んでもおかしくない存在ですが、なぜ手を伸ばしたんでしょうか?またゴーテルはラプンツェルに愛情を持っていなかったんでしょうか?

スポンサーリンク

ラプンツェルが母親(ゴーテル)最後に手を伸ばすのは愛情?

「塔の上のラプンツェル」でゴーテルは永遠の若さを求めるために魔法の花を食べていました。

そしてラプンツェルの本当のお母さんがラプンツェルを産む時に魔法の花を食べ、それで産まれた子供の髪の毛に魔法の花の力が入っていることを知り、ゴーテルが永遠の若さを取り戻すためにラプンツェルをさらいました。

ユージーンがラプンツェルの髪を切ってしまったことで、急速に老化していくゴーテルは、自分自身の年老いた姿にショックを覚え結果的に足を滑らせてしまいます。

そんなゴーテルが転落する場面でラプンツェルが手を伸ばすのはやはり誘拐された相手でも、一応は両親よりも長く一緒にいて、利用されていたけど愛情を感じていたからではないでしょうか。

実際、ゴーテルがラプンツェルの誕生日プレゼントのために、3日離れないと取りに行けない品物もきちんと取りに行っています。

それなりの愛情はあったのでしょう。なので、ラプンツェルもそれを忘れはしなかったのでしょう。

ちなみに、「ディズニー みんなが知らない塔の上のラプンツェル ゴーテル ママはいちばんの味方」というラプンツェルのゴーテルをテーマにした書籍もあります。

■内容紹介
なぜゴーテルは、罪のないラプンツェルの力を、どうしても必要だったのでしょうか。小さな魔女のゴーテルは、死の女王である母の力を引き継ぐことができず、母と二人の姉を失っい、ひとりぼっちになってしまいました。大好きだった姉たちを生き返らせるためなら、どんなことでもすると決心したゴーテルは、ある三人の強力な魔女に、助けを求めるのでしたが……。原題『Mother Knows Best』

ディズニーの『塔の上のラプンツェル』のストーリーなら、多くの人が知っている。魔法の髪の力を狙う悪い魔女ゴーテルは、まだ赤ん坊だったラプンツェルをさらい、16年間塔の中に閉じ込めて育てました。

しかし、なぜゴーテルは、罪のないラプンツェルの力を、どうしても必要だったのでしょうか。

小さな魔女のゴーテルは、同じ日に生まれた二人の姉たちと、いつも死者の森で楽しい時間を過ごし、とっても幸せでした。しかし、死の女王である母の力を引き継ぐことができず、母と二人の姉を失ったゴーテルは、ひとりぼっちになってしまいました。大好きだった姉たちを生き返らせるためなら、どんなことでもすると決心したゴーテルは、ある三人の強力な魔女に、助けを求めるのでしたが……。

ディズニー公式作品でははじめて解き明かされる、ラプンツェルの育ての親、ゴーテルの生い立ち。母とそっくりの腹黒い娘に、思わずゾッとしてしまう!? そして、ラプンツェルの、本当の育ての親とは?

タイトルとURLをコピーしました