履歴書は茶封筒でも大丈夫?失礼?白封筒がない!

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

履歴書を入れる封筒は茶封筒だと失礼?

面接の時に渡す履歴書で白封筒がないがない場合、茶封筒でも大丈夫でしょうか?

スポンサーリンク

履歴書は茶封筒でも大丈夫?失礼?白封筒がない!

面接の時に履歴書を手渡しする場合、結局は渡すときになったら取り出して渡すことになるので封筒に入れなくてもいいですしクリアファイルでも構いません。

正直封筒の体裁など気にする担当者はいません。郵送ならちゃんと届かせる必要があるのである程度大事ですが、手渡しなら何も気を遣わなくて良いでしょう。

封筒の色の違いが採用選考にに影響するような会社は、ほかの事も偏見に溢れている会社でしょうから、入社するに値しませんので、不採用とされてよかったと考えるべきです。

あとは、

・面接後にお礼状を出さないと駄目。
・履歴書は折ったら駄目。

確かにそう言うのにこだわる会社もありますが、一般的には関係ないと考えて良いでしょう。

まとめ:履歴書は茶封筒でも大丈夫?失礼?白封筒がない!

茶封筒は「他の郵便物に紛れてしまう」とか、白の方が「清潔な印象がある」とか言われるのは確かですが、そんなに致命的なわけではありませんし、なければ構わないでしょう。

履歴書を持参する面接の場合、そもそも封筒は不要というケースも最近は増えています。

最近はクリアファイルに履歴書を入れて、渡すときになったらクリアファイルから出して渡すのが主流になりつつあるようです。

クリアファイルの代わりに封筒でも良いですが、当日、その場で手渡しをするのであれば、履歴書は見ればわかるのですから、封筒に宛名などは不要。

ただし面接の前後だったり間接的に手渡しするのであれば、表書きには宛名に加えて「履歴書在中」として裏面には氏名と名前を記入するのが良いでしょう。

参考:茶封筒で履歴書を送ると落ちる?

志望企業に履歴書等の応募書類を送るとき、白封筒ではなく茶封筒を使ってはマイナスに評価されるという意見があります。本当に人事担当者は茶封筒をマイナスに考えているのでしょうか。まるで都市伝説のようなこの疑問を今回はピックアップしてみましょう。教えて!gooにこんな質問が寄せられました。

「送付書類の封筒は茶色じゃダメ?」

質問者の方は茶封筒のほうが安いので普段は茶封筒で応募書類を使用して問題はないと思っていますが、白封筒の方が見栄えがよいのではと疑問に感じています。

回答者の方の意見を拝見してみたところ、noname#102281さんは「白封筒のほうが見栄えがよいだけでなく、茶封筒だとダイレクトメールなどと間違えられる可能性があるので白封筒のほうが正式です。」と、やはり白封筒と答えています。

しかし、mat983さんは、「茶封筒を使用して失礼に当たらない。茶封筒は実用的なイメージで履歴書の送付に使用する人はほとんどいない。人事担当者は、茶封筒か白封筒かの差で就活に差は出ないと言っている」と、茶封筒でも問題ないとの意見を出しています。正解はどちらなのでしょうか。

■それほど封筒の色は関係ない、問題は書類の中身

私自身も書類選考をしますが、茶封筒だからといって落とすことはありません。むしろ小さな封筒に無理矢理書類を折って詰め込んでくる方に配慮のなさを感じます。

白封筒でも、履歴書を買ったときについてくる「履歴書在中」と朱字で印刷された履歴書を折って入れるタイプの封筒は、職務経歴書を入れると厚みで開封が困難になり、かつ書類を机に広げると、折り目のせいで職務経歴書の全体をしっかり見渡すことができず、マイナスポイントになります。

履歴書を買うときに入っていたから正しいと言うわけではなく、質問者の方のように角2の茶封筒を使う方が、折って入れるタイプの封筒を使うより、数段好印象となるでしょう。

本題に戻って白封筒と茶封筒どちらが…との事ですが、気になるようなら白封筒を使えばよいですし、気にならないようなら茶封筒でも特にマイナスになりません。この気になるというのは、実は重要で、茶封筒だから履歴書は良かったけど落とされるのではないか…と気になる人は、最初からその心配をしなくていい方法をとればよいのです。選考の大部分は書類の「中身」です。

また封筒の種類ではなく、封筒の宛名等の書き方を間違っていないかなどを気にするべきでしょう。(株)と会社名を略してしまったり、ひどいものでは社名が間違っていたり、御中と様の使い方を間違っていたり、郵便切手料金が不足しているものなどはかなりの悪印象です。

引用:http://job.goo.ne.jp/topics/oshiete_column/employment1110261600

履歴書は茶封筒でも大丈夫?失礼?白封筒がない!ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました