飛行機の機内に猫を持ち込み!ミハイル・ガーリンのビクトルは?

スポンサーリンク
未分類

飛行機のビジネスクラス機内の座席へとぽっちゃり猫のビクトルをこっそり持ち込もうとしたものの、重量制限にかかりビクトルは客席ではなく貨物室に言われた飼い主のミハイル・ガーリンさん。

空港職員の目を出し抜いてこっそりビクトルを機内の座席へと持ち込むことに成功したものの、その後、事の次第がばれてしまい結局、40万マイルも失う羽目になりました。

その様子が「ワールド極限ミステリー」でも紹介されました。

 ロシアのある男性は、愛猫を貨物室に預け入れるよう航空会社から指示された。かわいがっている猫を貨物室に入れたくない。一緒に機内客室にいたい。

 そこでチェックインの時に替え玉作戦で規則を回避したのだ。だが後に航空会社にばれてしまい、保有している全ての航空マイルとマイレージサービスを剥奪されることとなる。

飼い猫を連れた男性、乗り継ぎ時に問題発生

スポンサーリンク

ミハイル・ガーリンの猫・ビクトルが機内の持ち込み拒否!

ミハイル・ガーリンさん(34歳)は、ラトビアの首都リガからロシア極東ウラジオストクまでの飛行に、愛猫ビクトルを同行させた。

ガリンはリガで契約していた2年間の仕事をしていた中で、、生後1ヶ月の頃から猫・ビクターを飼い始めていてたことから、もともと飛行機での移動hさ避けていたそうです。

しかし、リガでの仕事が終わったことから、どうしてもビクターを一緒に連れていく必要があったものの、ビクターは病気を抱えていて特別な食事療法を受けている所でした。

リガからモスクワまでのフライトでは、ビクターを機内の客室に持ち込むことが許可されていたものの、乗り継ぎのモスクワで問題が発生します。

ロシアの航空会社アエロフロートが、チェックイン時にミハイルさんに、ビクトルの機内持ち込みを拒否してしまったのです。

ビクトルの体重は10kgと「客室持ち込みの猫の体重8kgまで」という制限を超えていたことが理由で、
ミハイルさんも「ゲージの重さを除けば8㎏いないだ!」と抗議をするものの受け入れてはもらえません。

ミハイルさんはビクトルと貨物室に預けるよう指示され増すが「病気を患っているビクトルが8時間も暗い貨物室で耐えられるわけがない。」と止む無く、乗る予定だった便をキャンセル。

ミハイルさんモスクワの空港近くのホテルに宿泊し、なんとかビクトルを客室に持ち込むための作戦を考えた。

ミハイル・ガーリンの猫・ビクトルが機内持ち込みに成功した作戦とは?

ミハイル・ガーリンはある作戦を思いつき、準備整えると翌日、再び空港へ向かいました。

モスクワからウラジオストクに向かう便のチケットに加えてもう一つ別のチケットがあり合計2枚を用意。

次にミハイルさんは、友人の助けとソーシャルメディアの力を借りてモスクワで女フィービーという猫を飼っている女性にコンタクトを取ると、一時的に借りることに成功。

フィービーは体重が8㎏に満たないのでアエロフロートの規定では問題なく機内に持ち込むことができます。

ミハイルさんはフィービーの飼い主と共に空港へ出向くとフィービーをビクトルの替え玉としてチェックイン。

当然、フィービーが問題なくチェックインもセキュリティーも通過できたところで、ミハイルさんはフィービーの飼い主と再会してビクトルと交換しています。

フィービーの飼い主もまた、ミハイルさんが用意した別の航空券のチケットで搭乗手続きをしていたため、セキュリティを通過した先で猫の交換ができたというわけです。

ミハイル・ガーリンの40万マイル失効が大きな余波に

ミハイル・ガーリンさんが見事にやってのけたビクターの替え玉機内持ち込み作戦。

なぜ、広く知られるようになったのかというと、ミハイル・ガーリンが自身のフェイスブックで事の次第を報告したからです。

ミハイルさんはFacebookに事の一部始終を綴り、ビジネスクラスの客室に乗り込んだビクトルが、窓から外を眺めていると子をミハイルさんの座席前に置かれたシャンパングラスの向こう側に座っている写真を投稿。

写真はネットで大きな反響を呼んだものの、当然、アエロフロートにも知られることになります。

航空会社規則に違反したとして、事態を深刻に受け止めたアエロフロート側は、監視カメラなどの確認をして調査を進め事態を確認すると、
ミハエルさんが保有していた40万近くのマイル全てを無効にし、マイレージサービスから除外した。

更にネット上では、アエロフロート側がとった判断について、「ビクトルを無料アップグレードしてあげていれば、航空会社側はヒーローと称賛されていたが、いいPRになるはずの機会を見逃した」という指摘もあがっているようだ。

その反面、ミハイル・ガーリンのとった行動を賞賛するとともに宣伝に仕えると考えた企業から、1年間のキャットフードを提供してもらったりカーシェアリングのためにボーナスマイルが提供されたそうです。

実質的に無制限に使えるタクシーを提供されたり、ビクターを記念してジャージまでプレゼントされたとか。

さらにロシア議会の副議長であるウラジーミル・ブルマトフ氏も「航空会社のペットポリシーはあまりにも厳しい」と苦言を呈し、「規則をより柔軟にするように要求を送った」と声明を発表しました。

タイトルとURLをコピーしました