映画サバカン(SABAKAN)あらすじは?原作は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

映画「サバカン(SABAKAN)」は、80年代の長崎を舞台に2人の少年の冒険と家族のひと夏を描くストーリー。

芸能事務所CULENが、『ミッドナイトスワン』『クソ野郎と美しき世界』などに続いて製作した映画作品です。

スポンサーリンク

映画サバカン(SABAKAN)あらすじは?原作は?

草なぎ剛、事務所新作映画出演「忘れられない思い出で踏ん張れることある」

稲垣吾郎(47)草なぎ剛(47)香取慎吾(44)の所属事務所CULENが、新作映画「サバカン SABAKAN」を製作することが14日、分かった。

草なぎ主演の「ミッドナイトスワン」に続く作品。86年の長崎を舞台に、イルカを見るために冒険にでる2人の少年の友情と家族との愛情の日々を描く。主演は番家一路(11)。
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe94c7c5fc6d66a71bbaff4657efbc970a50589e

映画「サバカン(SABAKAN)」は金沢知樹監督による作品で、金沢さんは本作が映画初監督

脚本は稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん香取慎吾さんらの活動をサポートする「CULEN」が製作するオリジナルということで原作はなく監督の金沢知樹さん及び、脚本家の萩森淳さんがストーリーを組み立てているようです。

映画「サバカン(SABAKAN)」1986年の長崎を舞台に、“イルカを見るため”に冒険に出ることになったふたりの少年の友情、それぞれの家族との愛情の日々を描く、ひと夏の物語。コロナ禍で社会の分断が進むなか、80年代という時代を通して、貧しさのなかにある人の温かさと優しさに触れることができる。

■金沢知樹(監督)コメント
監督を務めさせていただいた金沢です。今回の「サバカン」。撮影の舞台は僕の出身でもある、長崎県の長与町という田舎町です。物語は創作でありながら、自分の幼い頃の体験や、登場人物にもほぼモデルがいます。撮影期間は自分の過去を巡るような、そんな不思議な感覚で過ごしました。そして、コロナ過での撮影でしたが、出演者、スタッフをはじめ、街の方々にもたくさん支えていただきながら無事に撮影を終えることが出来ました。たくさんの感謝を込め仕上げの作業に励みます。

■作品情報
映画『サバカンSABAKAN』
出演:番家一路 原田琥之佑 / 尾野真千子 竹原ピストル 貫地谷しほり / 草彅剛
監督:金沢知樹
脚本:金沢知樹 萩森淳
配給:キノフィルムズ
撮影:2021年8月~9月、長崎にてメインロケを実施

タイトルとURLをコピーしました