札幌大谷高校サッカー部メンバー2020|出身中学や進路は?監督は?

スポンサーリンク
0未分類

札幌大谷高校が第99回サッカー全国高校選手権に北海道代表として出場!初戦は香川県代表の大手前高松と対戦します。

スポンサーリンク

札幌大谷高校サッカー部メンバー2020

札幌大谷高校は第99回サッカー全国高校選手権の北海道大会決勝で旭川実業と対戦。

準決勝では2019年・第98回全国高校サッカー選手権北海道予選覇者の北海高校と対戦し、
2度のリードを奪われながらも追いついて延長戦で逆転勝ちし勢いに乗る札幌大谷高校。

プリンスリーグ北海道王者の旭川実業を相手に前半を0-0で折り返すと、
後半18分にMF鈴木浩人(3年)が値千金の20メートル弾で1点を決め、試合はそのままリードを守り抜き5年ぶりの3度目の優勝を飾りました。

ちなみに、全国大会初出場となった5年前同予選決勝はPK勝ちでした。

■札幌大谷高校の予選結果
全4戦14得点2失点
2回戦: 7-0 vs 岩見沢東
準々決勝:3-0 vs 駒大苫小牧
準決勝:3-2 vs 北海
決勝:1-0 vs 旭川実

1 GK 高橋勇有 2年 ESFORCO
16 GK 工藤大河 3年 アンフィニMAKI.FC
21 GK 渋井悠和 3年 佼成学園中
2 DF 伊東涼哉 3年 アンフィニMAKI.FC
3 DF 藤本拓真 3年 中標津中
4 DF 山田脩人 3年 アンフィニMAKI.FC
18 DF 渡邉俊太 3年 手稲東中
19 DF 畠山洸 3年 SSS札幌
20 DF 花井耀 3年 アンフィニMAKI.FC
25 DF 安食優斗 1年 札幌大谷中
29 DF 青山稜 2年 スプレッドイーグルFC函館
30 DF 藤田倫太朗 2年 アンフィニMAKI.FC
5 MF 鈴木浩人 3年 サンクFCくりやま
6 MF 高山大樹 3年 アンフィニMAKI.FC
7 MF 西島都生 3年 サンクFCくりやま
8 MF 岡本大地 2年 北海道コンサドーレ旭川U-15
9 MF 川井駿 3年 千歳中
12 MF 小川士夢 3年 札幌大谷中
13 MF 高桑輝人 2年 北海道コンサドーレ旭川U-15
17 MF 石郷岡優太 3年 アスルクラロ札幌
23 MF 工藤楓吾 2年 クラブフィールズ
26 MF 伊原詢介 1年 北海道コンサドーレ旭川U-15
28 MF 吉田雄次朗 1年 北海道コンサドーレ旭川U-15
10 FW 佐野宏太 3年 クラブフィールズ
11 FW 吉田北斗 3年 クラブフィールズ
14 FW 秋山千颯 2年 SSS札幌
15 FW 山﨑遥翔 2年 SSS札幌
22 FW 田村捷真 3年 クラブフィールズ
24 FW 高橋颯汰 1年 スプレッドイーグルFC函館
27 FW 長太陽寛 1年 SSS札幌

基本フォーメーション・スタメン【4-3-3】

札幌大谷高校サッカー部の注目選手は?

鈴木浩人

鈴木浩人さんは元大分トリニティ(現J1大分)MFの父親・貴浩を持ち、
北海道予選の決勝では約20メートルの強烈な無回転ミドルシュートを決めました。

伊東涼哉

伊東涼哉選手はもともとセンターバックからフォワードにコンバートされました。

高さや泥臭い動きでチームを牽引する前線の柱。

渋井悠和

渋井悠和選手はGKの4番手から生ゴールキーパーの座をもぎ取った大谷高校の守護神。

予選決勝トーナメントでは全4試合を2失点に防ぐ堅守を見せているほか、
迫力のあるシュートセーブとコーチングが持ち味です。

安食優斗

1年生で出に大谷高校のレギュラーとなっただけではなく、センターバックとしてディフェンスラインを統率する若きリーダー。

粘り強い対応力で相手のチャンスの芽を刈り取るだけではなく、元々ボランチで果敢な攻め上がりもみられます。

札幌大谷高校サッカー部のJリーガーや進路は?

木村太哉(ファジアーノ岡山)
服部一輝(カマタマーレ讃岐)

札幌大谷高校サッカー部の監督は?

札幌大谷高校サッカー部の監督は田部学さん(1974年北海道札幌市生まれ)

JFA(日本サッカー協会)公認A級コーチライセンス、JFA認定47FAインストラクター。

小学2年生からサッカーを始め、北海道立札幌南高校を経て筑波大学大学院体育研究体育方法学体育心理学専攻卒業までサッカー選手として活躍。

大学・大学院時代には茨城県内の4種チームや高校のコーチを務め、大学院卒業と同時にFC東京普及部コーチに就任。

FC東京普及部スクールマスター
U-15むさしコーチ

なども歴任し、2009年創部の札幌大谷高校サッカー部監督に就任。

創部時に「0-16」という大敗を喫しながらも4年で高校総体(インターハイ)の北海道代表になるほどチームを育て上げ、
5年で悲願の選手権(全国高校サッカー選手権大会)初出場も果たしています。

日々のトレーニングでは「一人ひとりの顔が見えるサッカー」「強く&愛されるチーム」を目指し、個々のサポート速く、ボールを繋いで攻めるスタイルが特長です。

札幌大谷高校の歴代成績

過去の全国大会成績
【15年度 第94回(2回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK5-4)鹿児島城西高(鹿児島)
2回戦 0-3 中京大中京高(愛知)
【13年度 第92回(1回戦敗退)】
1回戦 0-3 神戸弘陵高(兵庫)

タイトルとURLをコピーしました