サトヤス勇退理由・原因は?Alexandros(ドロス)サポートドラマー(新加入)は誰?

スポンサーリンク

10代、20代を中心に人気が高く、紅白歌合戦に出場してもおかしくないのがAlexandros(アレキサンドロス、通称:ドロス)。

「ワタリドリ」を筆頭に数多くのヒット曲を持ち、MVの最後にはメンバーによるちょっとしたコントが繰り広げられていましたが、
Alexandrosのドラマー、サトヤスこと庄村聡泰さんがバンドを勇退(脱退)することが発表され、ファンの間に衝撃が走っています。

スポンサーリンク

Alexandros(ドロス)のサトヤス勇退理由・原因は何?

Alexandros(ドロス)を脱退ではなく勇退することとなったサトヤス(庄村聡泰)さんといえば、その独特な演奏方法に目を引くものがありましたよね。

ドラムセットのクラッシュシンバルの位置がものすごく高い位置にあり、
サトヤス(庄村聡泰)さんの個性をうかがわせるものがありましたが、なぜAlexandros(ドロス)を勇退(脱退)することになったのかというと、
筋筋膜性腰痛症で療養に入るからです。

サトヤス勇退理由の筋筋膜性腰痛症(局所性ジストニア)とは?

筋筋膜性腰痛症とは要するに「腰痛」のことで、ギックリ腰と呼ばれることがある腰の筋膜や筋肉が損傷することで痛みを伴う症状です。

局所性ジストニアとも報じられていますが、局所性ジストニアは無意識に筋肉がこわばってしまい、筋肉の緊張に伴う痛みを生じることがあります。

スポーツ選手に多く見られるもので、
オリンピックメダリストで東京五輪2020出場の期待がかかる女子重量挙げの三宅宏実さんも
筋筋膜性腰痛症に悩まされているようです。

サトヤス勇退でAlexandros(ドロス)サポートドラマー(新加入)は誰?

サトヤスが病気療養でしばらくの間は勇退に専念することになりましたが、
Alexandrosは2020年もライブツアーを行うことがすでに発表されています。

サトヤスの代替メンバー(サポートドラマー)が必要になってくるものの、
誰が担当するかは詳しい発表があり次第、ブログに情報を追記します。

サトヤス勇退に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました