関口ケントwikiプロフ|Wednesday社長が「新日本男児と中居」出演

スポンサーリンク
未分類

関口ケントさんはyoutubeで数多くの人気チャンネルをプロデュースしてきた実績のある会社「Wednesday」で代表取締役社長を務めています。

テレビ番組「新日本男児と中居」に出演し、昨今のyoutubeでヒットを生み出す裏側について語っています。

スポンサーリンク

関口ケントwikiプロフィール・経歴

名前:関口ケント
出身地:東京都
生年月日:1989年
年齢:31歳
職業:YouTubeアナリスト、株式会社Wednesday CEO

関口ケントさんは26歳の時に当時大流行中の妖怪ウォッチ公式YouTubeチャンネルを立ち上げるとともにチーフプロデューサーとして運用

登録者数10万人以上・総視聴回数が約1億回という人気チャンネルに育て上げた実績が評価され2017年に株式会社テクサ(現株式会社ライバー)の執行役員に就任。

神田伯山、関暁夫、島田秀平、登坂淳一、はなわ、KAMIWAZA、よしお兄さんなど多くの人気YouTuberを育て、
2018年にはヒカルや加藤純一らも出演したクリエイターフェス 『うず祭り』を企画・総合プロデュースも行っています。

■関口ケントの著書
メディアシフト YouTubeが「テレビ」になる日

プロデュースした「神田伯山ティービィー」がYouTubeチャンネルとして史上初めてギャラクシー賞を受賞した関口ケント氏。
テレビのADからスタートし、YouTubeチャンネルの制作で名を上げた業界注目のクリエイターが、「視聴メディア」の現状と未来を描きます。
レガシーメディアとYouTubeの関係はこれからどうなっていくのか? まさに時代を変えようとしている張本人による、広告業界も含めたメディア業界の変革・未来予想図です。

30歳の戦略家が見通すメディア革命のリアル
あらゆるビジネスで参考になる新時代の思考法
なぜ、芸能人はユーチューバーを目指し、ユーチューバーは芸能人を目指すのか?
ヒカキンに学ぶ「横に面を取る」
政治や選挙戦もYouTubeで変わる
「フィット3原則」を示したカジサック、中田敦彦、本田翼
インフルエンサーである<人>そのものがコンテンツでありメディアである時代
地方創生・観光誘致もシフトチェンジ

■関口ケントの会社概要
会社名:株式会社Wednesday
代表取締役:関口ケント
設立:2018年11月
資本金:\3,000,000
事業内容:レーベル事業、ビジネスコンテンツ事業、メディアコンテンツ事業
住所:150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-18 ビラモデルナB801
HP:https://webnesday.net/

関口ケントのツイッターやインスタグラム

関口ケントのツイッター
@InfoDof

関口ケントの年収は?

調査中

タイトルとURLをコピーしました