ショーン・ホーンベックその後・現在は?2002年ミズーリ州で行方不明11歳男子

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ショーン・ホーンベック(Shawn Damian Hornbeck)は2002年にミズーリ州リッチウッズで行方不明となった当時11歳の少年。

それから4年以上が経過した2007年1月、ミズーリ州カークウッドにあるアパートでショーン・ホーンベックは発見されましたがそこにはもう一人の少年の姿もありました。

■土曜プレミアム・目撃!超逆転スクープ7
アメリカ・11歳少年行方不明事件 全米が「奇跡」と呼んだ生還までの記録!
2002年、ミズーリ州に住む11歳のショーンは、遊びに行くと自転車で出かけたまま行方不明になる。大規模な捜索が行われたが、それも時間の経過とともに遺体の捜索に変わっていく。FBIが現地入りして誘拐の可能性を探るも、何一つ手がかりは見つからない。ショーンの両親は再婚しており、血のつながらない父親も必死で我が子を探し続けた。そして、数年たった頃、あることをきっかけに事件は急展開を迎える!

スポンサーリンク

ショーン・ホーンベックその後・現在は?2002年ミズーリ州で行方不明11歳男子

2002年10月6日、当時11歳の少年だったダミアン・ホーンベックは、ミズーリ州リッチウッズの自宅から自転車で友人の家に向かう途中で行方不明になっていた。

それから4年以上が経過した2007年1月、ミズーリ州セントルイス(St. Louis)郊外のカークウッド(Kirkwood)の誘拐犯のアパートで無事保護された。

2007年1月8日に学校から帰宅途中に行方がわからなくなったベン・オーンビー(Ben Ownby)13歳の捜索のために、容疑者のアパートに入った捜査員が、オーンビー君と一緒にいたホーンベック君を発見した。

このアパートは、ショーン・ホーンベックの自宅から車で1時間足らずの距離にある。

警察はオーンビー君の誘拐現場で目撃された車を発見し、持ち主であるマイケル・J・デブリン容疑者を事情聴取し、犯人と特定していました。

マイケル・J・デブリン(41歳)は、第一級誘拐の1つの罪で逮捕され、起訴されました。

最も不可解な問題の1つは、2人のうち年長のショーン・ホーンベック(15歳)がなぜ単純に逃げなかったのかということです。

「空白の4年間」にホーンベック君の身の上に何が起こっていたのか。

ホーンベック君とよく遊んだという近所の少年によると、ピザ店の店長だった同容疑者は、ホーンベック君を「自分の息子」だと話し、ショーン・デブリン(Shawn Devlin)と名乗らせていたという。

「彼は、アパートの前でよく自転車に乗って遊んでいた。2人で夜遅くまで遊び、パトカーに乗せられて帰宅したことも何度かあった」と語った。

近所の54歳の女性は、「彼はちっとも落ち込んだ感じではなかった。誰かに『あの男に誘拐されたんだ』と言うこともできたでしょうに」と、驚きを隠せない様子だった。

同容疑者の25年来の上司であるMike Prosperiさんは、「誰もが、彼は1人暮らしだと信じていた。2人の分までピザを持って帰ることもなかったし…」と証言。

近所の人の話によると、彼は普段から仲間と遊んだり、スケートボードや自転車で走り回ったりと、独立した生活を送っていたそうです。

隣人のクリスタ・ジョーンズは、デブリンがホーンベックに車の運転を教えていたと報告しているほどだ。では、なぜ彼はチャンスを掴んでもマイケル・デブリンから離れようとしなかったのか?

彼には逃亡の機会が無数にあったように思われるが、児童心理学の専門家によれば、監視者は物理的な障壁だけでなく、心理的な障壁によっても子供を監禁することができる。

「幼い子どもが家族から連れ去られて孤立し、おそらく脅され、その脅しが暴力に裏付けられた場合、これらすべてが子どもを黙らせるのに大きな役割を果たします」と言います。

「学校も、友達も、親も、そして刺激もすべてなくなってしまった……(誘拐犯は)これらすべての力を彼に与えていたのです」。

「誘拐犯は恐怖心を麻痺させる方法を知っているので、誘拐犯がその場にいなくても、子どもは彼がどこにでもいると感じてしまうのです。」

ストックホルム症候群とは、1970年代にスウェーデンで起きた銀行強盗事件で、人質が犯人と結託したことに由来します。

この言葉を作った精神科医の一人であるFrank Ochberg博士は、ショーン・ホーンベックのケースがこれに該当するかどうかはわからないとした上で、「この少年は、発症時にひどいトラウマを受け、幼児化した段階を経ていたはずだ」と述べています。

“心理的に幼児化する “とは、”食べ物や愛情に対する幼児の欲求が満たされ、世話をしてくれる人に対して原始的な感謝の気持ちを持つようになる “ことだと説明している。

子供を誘拐した犯人は、子供の家族に危害を加えると脅して被害者を威嚇することが多いという。

その結果、子供たちは “家族を守るための手段として、逃げたいという自分の気持ちを犠牲にしてしまう”

ショーン・ホーンベックはの事件では、このような動きが影響しているかもしれません。

捜査当局もデブリンがショーン・ホーンベックはとその家族全員を殺すと脅して服従させたとしている。

タイトルとURLをコピーしました