SHIFT LOCK いつ使う?SHIFTLOCK(シフトロック)解除ボタンの意味や使い方,機能は?

スポンサーリンク

マニュアル車(MT車)にはなくオートマ車(AT車)限定に見られる装置の一つがSHIFTLOCK(シフトロック)解除ボタン。

SHIFTLOCK(シフトロック)解除ボタンがどこにあるのかはわからなくても、
スピードメーターやタコメーターが表示されているインパネに「SHIFTLOCK(シフトロック)の文字が見られることがありますが、
SHIFTLOCK(シフトロック)解除ボタンってなんなのでしょうか?

スポンサーリンク

SHIFTLOCK(シフトロック)解除ボタンの意味や使い方,機能は?

SHIFTLOCK(シフトロック)とは、意図せずにシフトレバーに触れてしまうことによる車の誤操作を防ぐための機能です。

子どもが間違ってシフトレバーを動かして車が動いてしまうこともSHIFTLOCK(シフトロック)によって防ぐことができます。

SHIFTLOCK(シフトロック)機能をON(有効)にすることで
シフトレバーをパーキングポジションに入れるとシフトのポジションをロックすることができます。

SHIFTLOCK(シフトロック)がON(有効)になっていれば、

エンジンが始動している
キーがACCになっている
ブレーキを踏んでいる

といった特定の状況でのみシフトレバーが動くので、
車の誤発進などを防止できる安全装置として機能してくれます。

SHIFTLOCK(シフトロック)解除ボタンいつ使う?

マニュアル車であれば、シフトレバーが動いてしまったとしても、
クラッチがかみ合わなければ車が動くことはないのでSHIFTLOCK(シフトロック)は必要ありません。

オートマ車の場合、誤ってドライブやバックになってしまうと、
思わぬ事故につながる恐れがあるため、SHIFTLOCK(シフトロック)は必須と言えるでしょう。

基本的にSHIFTLOCK(シフトロック)解除ボタンがあったとしても、
車の誤発進など誤操作のことを考えると、SHIFTLOCK(シフトロック)は解除しないほうが良いと言えます。

SHIFT LOCK いつ使う?に関するネットの口コミ

昔のMT車はタネも仕掛けも無かったので、非常時には1速に入れてセルモーターだけで短距離を走ることが出来た。踏切のエンストなどに有効とされ、何かと安心だった。逆にセルが回らない場合には押し掛けも可能で、実際に役立ったことがある。

最近の車は信頼性が上がり、果てしなく便利(或いはお節介)になった。機転を利かせて急場を脱出した武勇伝は無用のものとなったが、同時にドライバーの思考力や想像力、応用力は退化の一途をたどっている気がする。

ハイブリッド車のシフトって何でわざわざ扱いにくくなっているのだらう?AT車と同じシフトパターンで良い気がするのだが。誤発進の一因になっている気がする。

今どきの車は、色々ゴテゴテ付いてるわ、かなりの部分にコンピューター制御が入っていて、それこそ21世紀入ったばかりの、たかだか20年位前の車と比較してさえ至れり尽くせりの進化が凄いけど、それが結果的に分かりにくさを助長している感があるよね。プリウスのATセレクターレバーだって、選択しているレンジが何であろうが、レバーの位置は常にセンターにきて同じとか、わざわざ人間に錯覚起こさせる造りとしか思えない。それって人間工学的にどうよ?って思う。やっぱり安全のためにはゴテゴテと過剰装備にするより、極論、シンプル イズ ベストだと思うんだけどな。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00218103-kurumans-bus_all
タイトルとURLをコピーしました