知床観光船kazu1安否は?船長・会社の社長の名前は誰?知床遊覧船?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

北海道知床沖で乗客乗員26人を乗せた観光船「kazu1(カズワン)」が救助要請した後、消息が途絶える事故が発生。

救助要請があった現場付近で、北海道警察が少なくとも4人を発見・救助したということですが、知床観光船「kazu1」船長は誰なんでしょうか?観光船の会社・社長の名前は?

スポンサーリンク

知床観光船kazu1船長・会社の社長の名前は誰?知床遊覧船?

26人が乗った観光船が救助要請後に連絡途絶える「浸水で沈みかかっている」=韓国報道

海道沖で26人が乗った観光船が救助要請後、行方不明になった。海上保安庁は現在、該当船舶を捜索しているが、行方が分からない状況だ。

 共同通信とNHKは23日(きょう)、この日午後1時15分、北海道の知床半島沖で26人が乗った観光船から浸水による救助要請があったと報じた。

 報道によると、「KAZU1(カズワン)」という名のこの観光船は「船首部分が浸水し、沈みかかっている」として「船体が30度ほど傾いた」と海上保安庁に救助要請した後、行方不明になった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a8a126729f64bd0abb1c06dba682a5635753dcd

報道によると、北海道の知床半島のオホーツク海側で26人を乗せて行方不明となった観光船「kazu1(カズワン)」は斜里町の運航会社、知床遊覧船が所有する定員65人の小型観光船。

観光船の運航業者は「知床遊覧船」(北海道斜里町)で、状況を無線で知った同業他社が通報した。

知床遊覧船などによると、観光船は23日午前10時に斜里町ウトロを出航し、知床岬で折り返す3時間のコースの途中だった。通報時は半島西側の「カシュニの滝」付近の海域を航行し、午後2時頃、同社に「船が30度傾いている」と報告した後、連絡が途絶えた。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220423-OYT1T50168/
知床遊覧船 世界自然遺産 断崖クルーズ 知床遊覧船
世界自然遺産・知床岬の貴重な自然環境を、クルーザー・小型遊覧船の特性を生かし、有名なフレぺの滝(通称乙女の涙)や五湖の断崖の小さな湾の流れ落ちる滝の霞をもご覧に成る事ができます。ぜひ、知床観光の際にご利用ください。

知床観光船kazu1船長および会社の社長の名前は報道されていないものの、昨年6月にも航行中に座礁事故を起こしていたそうです。

追記:知床観光船「kazu1(カズワン)」に乗っていた船長及び船員の合計2名の氏名は報道で明らかにされました。

知床遊覧船が運航する観光船「KAZU?I」は昨年6月11日、ウトロ漁港を出航後間もなく浅瀬に座礁する事故を起こした。この際は自力で脱出して同漁港に戻り、乗員乗客計23人にけがはなかった。

https://toyokeizai.net/articles/-/584621

知床観光船kazu1安否は?

知床観光船、4人発見 意識不明、捜索続く―安否分からず・北海道

北海道・知床半島沖で26人乗りの観光船「KAZU I(カズワン)」(19トン)が浸水した事故で、第1管区海上保安本部(小樽市)は24日、知床岬の先端で4人を発見、救助したと発表した。4人は病院に搬送されたが、いずれも意識がないという。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2022042400123&g=soc
タイトルとURLをコピーしました