下村一喜の大学など学歴は?カメラマン作品(山口小夜子や浜崎あゆみ)もチェック!

スポンサーリンク
未分類

下村一喜さんは日本だけではなく世界のセレブから信頼されるカメラマンですがオネエを公言している異色の経歴の持ち主。

そんな下村一喜さんの生い立ちを調べてみると間違いなく父親や母親の影響を受けているといって良さそうです。

この記事では下村一喜さんの大学や高校といった学歴の他、これまで山口小夜子さんや浜崎あゆみさんらを手掛けてきた作品の数々も紹介しています!

スポンサーリンク

下村一喜さんはオネエでゲイ?

下村一喜さんは自らをオネエでゲイであることを隠そうとしないセクシャルマイノリティ、いわゆるLGBTの方ですが、オネエだからこそ現在のような活動ができているといっても過言ではなさそうです。

カメラマンとして活動する中でフランス版の「マダム フィガロ」誌で専属契約していた7年間は、パリを拠点に下村一喜さんは写真を撮っていたそうですが、その時の業界人はほとんどがゲイか女性だったそうです

いわゆる一般男性のほうがむしろマイノリティといった世界にいたため、下村一喜さんはむしろ日常生活でも色々と助かる場面が多かったと話しています。

仕事の面でも、自分と同じく芸であることを公言していたジャン=ポール・ゴルティエやティエリー・ミュグレー、クロード・モンタナなどの著名デザイナーとも
フラットに会ことができて、同じゲイってことで可愛がってもらったそうです。

下村一喜 『美女の正体』

下村一喜wikiプロフィール

名前:下村一喜(しもむら かずよし)
生年月日:1973年6月25日(43歳)
出身地:兵庫県宝塚市
出身校:多摩美術大学
事務所:agence-hirata(以前はオーガストインターナショナル)

下村一喜さんは、子供のから映画が大好きで、映画にのめり込んでいったそうです。

特に邦画が好きだったそうですが、女優さんという「生き物」に興味に対象が移っていき「写真も止まっている映画」と考え始めるようになったことから、
映画の世界観をそのまま瞬間として切り出せることが面白いと、カメラマン(写真家)を目指すようになったそうです。

下村一喜の経歴

下村一喜さんがカメラマンとして仕事を請け負うようになったのは大学在学中の21歳からで、これまで国内海外を問わず数多くの有名雑誌の表紙カバーを撮影してきた経歴の持ち主。

フランスの「madame FIGARO(マダム フィガロ)」
イギリスの「THE FACE」
宝塚歌劇団の美術デザイン
浜崎あゆみさんら有名アーティストのCDジャケット
著名な女優のポートレート撮影

などなど、数多くの作品を手掛けています。

下村一喜のツイッターやインスタグラム

下村一喜のツイッター

下村一喜のインスタグラム
@kazuyoshi_shimomura

下村一喜の高校や大学など学歴は?

下村一喜さんが通っていた高校については明らかにされていないものの、大学は美術大学の名門中の名門である多摩美術大学で学んでいます。

京本政樹
佐藤可士和
三宅一生
松任谷由実
日比野克彦
片桐仁
蜷川実花

らが在籍していたことで知られています。

ちなみに、蜷川実花さんとは年齢が1つしか違わないので、学校の中で面識を持っていたかもしれませんね。

【BeauTV ~VOCE】8/3 放送未公開配信!下村一喜さん

下村一喜の家族構成は?母親と父親の仕事は?

下村一喜さんがオネエに目覚めたのは複雑な家庭構成が影響していたのかもしれません。

下村一喜さんの母親はJALの国際線でCA(スチュワーデス)を務めていた才女で、同志社大学でボクシング部に所属していたという父親はナイスガイのイケメン。

そんな両親が両親が離婚してしまった上に学校でも居場所を見つけることができなかったことから、下村一喜さんは映画の世界に自分の居場所を求めたんじゃないでしょうか。

両親が離婚した理由はどうやら、父親があまりにもモテることが原因らしく、近所の女性がしょっちゅ 訪ねて来手は関係は何も無いのに居座っていたほど。

街を出歩けば夜の世界の女性にひっきりなしに声を掛けられ、何度も引っ越しを余儀なくされたのも父親がそうした女性から身を隠すためだったようです。

子供のころは辛い気持ちを抱えながら生活をしていたようですが、それでも父親と母親に対する尊敬と愛情は今でも持ち続けている様子がうかがえます。

View this post on Instagram

お母さん my mother❤️ #澤喜久子 母とは名字が違う。 僕の家は、名字が沢山あるんですね。織田信長の家臣#荒木村重 によって滅んだ室町から続く、大阪の大名家直系の伊丹氏(村重は#伊丹城 を後から#有岡城 と名付けました。負けた家の家紋は違い鷹羽です) 葉山御用邸おそばの青柳家。青柳さんは宮使えの女官でした。電気灯と云う技術と(大正時代に電気電話と云うものを海外から伝えた)電気科学者の麻布の伊藤家と、、。戦後の復興期に船場や御堂筋にビルディングが建築されて行きます。そして特に大阪の万博のパビリオン。その管理人さんや清掃業者の方々の派遣とメンテナンスの総事業で、#高度成長期 に一代で財を成した下村さん。阪急の#小林一三 さんに大変 お世話になったそうです。なので僕の実家は宝塚にあるんですね。また、時代が変わり、僕が#宝塚歌劇団 のポスターを撮影させて頂いているのは、とても光栄で#神戸新聞 の記者の方が記事にして下さり、 「写真家として故郷に錦を飾った」と書いてくださった。 僕の兄妹の名前の澤さんは、江戸の御典医で、 高輪の、お医者さん。 これは、60年代に母がJALの国際線のスチュワーデス だった時、ハワイで撮影した写真。ただ、ワイキキのビーチでは無く、空港に近いホテルのプールで撮影したもの。日焼けしてはいけないんです。 #僕とお母さんの性格はそっくり。 #下村一喜 #kazuyoshishimomura #photographer #写真家

A post shared by 写真家 下村一喜 (@kazuyoshi_shimomura) on

下村一喜の作品(山口小夜子や浜崎あゆみなど)

下村一喜さんは海外の有名雑誌で専属契約を結んだり、日本人初の「THE FACE」の表紙カバーを撮影するなど、
海外でも高い評価を得ていますが、国内でも活発に活動しています。

ビヨンセやテイラースウィフトといった世界的アーティストからも信頼を得ている傍らで、
国内では浜崎あゆみ、後藤久美子、小雪、松雪泰子、常盤貴子、そして伝説的なモデル山口小夜子などなどの女優やアーティストの撮影も手掛けています。

国内外の広告や雑誌の表紙、CDジャケット、そして映像分野ではCMやPVの監督も務める。
2014年には宝塚歌劇団100周年記念作品「エリザベート」「ロミオとジュリエット」「ベルサイユのばら」の総合ヴィジュアルを担当

また写真撮影だけではなく映像制作にも取り組んでいて、浜崎あゆみのPVは

Green
Mirrorcle World
Sparkle
Lady Dynamite

といった作品を手掛けていまsう。

*宝塚歌劇団100周年記念作品

「エリザベート」
「ロミオとジュリエット」
「ベルサイユのばら」

の総合ヴィジュアルを担当しています。

蜷川実花監督作品の映画「ヘルタースケルター」に出演したのも、大学時代の縁故(コネ)だったのかもしれませんね。

■下村一喜の著書

「美の奴隷として生きることに決めた」(岩下志麻との共著)
「美女の正体」(ファッション誌の表紙やグラビアなど20年を超えるキャリアを通じて実名で登場する女優たちのエピソード)

View this post on Instagram

#松雪泰子#大女優 モードを感じさせる日本の稀有な女優。 @yasukomatsuyuki_official ヘアーメイクアップは、僕の 写真にとってとても大切。 @kurodakeizo 「黒田さん!お道具から付け毛をあるだけ持ってきてくださいね、付けた根元は逆毛を立ててくださいね。眉頭は透明マスカラで立ち上げて下さい。唇はコンシーラーでつぶした後、パウダーをはたいて。だけれど、下唇のリップラインはペンシルで影を顎に描いてください。オレンジ色で。上瞼の粘膜にはリキッドでは無く、ペンシルでボカして入れてね。つけまつ毛は、それぞれ切って立体的に着けてください。ヘアーに風を吹かす場合は、スプレーを使わないで、何処か不完全を造ってください。後の髪の毛はダッカールで止めて下さい。風をあてた時、広がるように‼️」 ❤️❤️❤️ 僕とクリエーションを御一緒させてくださった ヘアーメイクアップアーティストには、そうして、コミュニケーションをして来ました。 皆様、煩いな〜と思いながら施してくださいます。だって、ライティングをすると、それが 浮き彫りのように表現されるから❤️ とても大切なこと❗️ #下村一喜 #kazuyoshishimomura #photographer #写真家

A post shared by 写真家 下村一喜 (@kazuyoshi_shimomura) on

タイトルとURLをコピーしました