ハモネプ2020優勝結果は?出演者グループのプロフィール一覧

スポンサーリンク
未分類

ハモネプこと「青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ」2020年もいよいよ放送!
コロナウイルスの影響で開催を危ぶむ声も聞こえていましたが、リモート出演などオーディションの方法を駆使し、
本番でもリモートで出演するといった工夫を施すことで、2001年の第1回全国ハモネプリーグから通算20回目の放送を迎えることになりました。

スポンサーリンク

ハモネプ2020優勝チームは?結果は?

ハモネプ2020の放送終了後、更新予定

ゲスト:HIKAKIN 、ジェシー(SixTONES)、EXIT、土屋礼央、吉田圭介(INSPi)、ディカペラ

ハモネプ公式ツイッター:@hamonepleague
ハモネプ公式youtubeチャンネル:ハモネプ道場

ハモネプ2020出場者グループの経歴とメンバープロフィール

ハモネプ2020に出場が決まったチームは次の15チーム!

あまがさ
アルペジオ
いちごぐみ
インターハーモニー
桶川ルマンド
音てまり
伽藍堂ベイビー
ザ・コンティニューズ
サツキバエ
シンフォニア
ツワブキ
トンファンニューヨ
ブロス
まいける.JP
まんぷく

メンバーのプロフィールがほとんど公開されていなかったり、グループ結成から間もないので経歴がゼロに近いチームなど様々ですが、
ツイッターなどで情報を拾える範囲で各チームのプロフィールや経歴などをまとめています。

あまがさの経歴とメンバープロフィール

明治大学のアカペラサークル「SoundArts」の4年生同期バンドで懐かしの演歌が特徴のグループ。

「ハモネプ2019」にも出場しており得意の演歌を披露したものの、残念ながら決勝進出ならず涙をのみました。

ハモネプ2020でメンバー全員が4年生ということもあって最後のチャレンジとなり、昨年のリベンジに燃えていることは十分に想像がつきますね。

■経歴
第7回アカスピ 関東最終審査中ACT
EX2年生大会優勝
第8回関東最終
EX3年生大会
JAM2018敗者復活
2019本戦決勝
ハモネプリーグ2019出場

鶴岡 滉大のツイッター:@TURUkooOoo
ミヤザワタケヤのツイッター:@marirupurin
さとりくのツイッター:@Kerorinman
堺谷冬樹のツイッター:@wintertree1231
みゆきのツイッター:@0720_mk
10thのツイッター:@1246057572282404867
こいけゆうかのツイッター:@y_8010asster

あまがさ【アカパリNEXT】

アルペジオの経歴とメンバープロフィール

「アルペジオ」は北海学園大学アカペラサークルLapisに所属する4年目同期アカペラバンドで邦楽のバラードを得意としてます。

ハモネプ2020には北海道からのリモートでの参加となりました。

アカペラサークルLapisのツイッター:@lapis_hgu
アカペラサークルLapiのyouotube:https://www.youtube.com/channel/UCPhmQMINtkvc5wh9SLk2TYw
アカペラサークルLapisのブログ:https://ameblo.jp/lapis-hgu

ちなみに、北海学園大学アカペラサークルLapisからは昨年のハモネプ2019にもパインアメが出演していたので、アルペジオが先輩を継唱する形となりましたね。

■アルペジオの経歴

アルペジオのツイッター:@arpeggio_lapis

2017年 アカスピ東日本最終予選優勝
2018年 New A Live vol.11 優勝
2018年 hopefultone2018に出演

第33回ハモサツ(北海道アカペラフェスティバル)ではリードボーカルのあやかまる(坂田綾香)さんがベストボーカリスト賞を受賞しています。

Arpeggio

■アルペジオのメンバープロフィール

あやかまる(坂田綾香) →ツイッター:@ayapomd
まあや
ゆい
りょうや
うしぴぃ
ぽん  → ツイッター:@norte_5

いちごぐみの経歴とメンバープロフィール

いちごぐみメンバーの大きな共通点となっているミュージカル「アニー」は2020年で35周年を迎える超人気・ロングランを続けています。

ハモネプ2020では審査員を務めるsixtonesのジェシーさんも注目しているいちごぐみの名前の由来は、メンバーが主に2015年のアニー出演だったことから「15」→「いちご」としているんでしょうね。

インターハーモニーの経歴とメンバープロフィール

インターハーモニーは高校生男子6人に男声アカペラバンドです。

■インターハーモニーの経歴

インターハーモニーとしてのツイッター、インスタグラム、youtubeアカウントなどは確認できませんでした。

ただツイッターに気になる投稿があり、セント・メリーズ・インターナショナル・スクール(St. Mary’s International School、東京都世田谷区の男子校)の合唱隊の特別メンバーではないかと思われます。

この高校のOBは「青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2010春」にも「センメ」の名前で出場したことがあり、
代々歌い継がれて来た歌がインターハーモニーも披露する予定の加山雄三さんの「海、その愛」です。

合唱(男声、男声選抜、他校との合同の混声ショー合唱)に力を入れている学校で、
リンカーン・センターをはじめ、各国の舞台でコンサートを行ってきた実績があるほか、歌手のジョン・健・ヌッツォやM-floといったアーティストも輩出しています。

センメ いとしのエリー

■インターハーモニーのメンバープロフィール

インターハーモニーは高校生男子6人という情報以外は公開されていません。

ちなみにハモネプ2020に出場した「センメ」は、

しゅんや(国籍:日本)パート:リードボーカル
アンディー(国籍:ハンガリー・日本)パート:コーラス
ジェフリー(国籍:アメリカ・日本)パート:コーラス
マーク(国籍:フィリピン)パート:ボイパ・コーラス
しげ(国籍:日本)パート:コーラス
アレックス(国籍:カナダ・日本)パート:ベース

というメンバーで構成されていました。

桶川ルマンドの経歴とメンバープロフィール

関東インカレの男性3人・女性3人のアカペラグループです。

ハモネプ2020出場に向けて結成されたバンドらしく、メンバーのプロフィールや経歴はほとんど確認できませんでした。

桶川ルマンドは様々なアカペラグループに所属するメンバーがハモネプ2020出場に向けて結成されたバンドで、
バンド自体の活動経歴はほとんどないものの、メンバーのプロフィールを調べてみると他のアカペラグループで入賞経験のある実力者がそろっています。

音てまりの経歴とメンバープロフィール

音てまりはメンバー全員が立命館大学の大学生ですが、全部で6つにキャンパスが分かれているものの奇跡的に6人ともびわこ・くさつキャンパスに通っていたので、
ハモネプ2020に向けて十分な練習をする時間を確保できたことが出演の背景にあるかもしれませんね。

伽藍堂ベイビーの経歴やメンバープロフィール

「伽藍堂ベイビー」は明星大学のアカペラサークル「カラフル」に所属するアカペラバンドです。

■伽藍堂ベイビーの経歴

伽藍堂ベイビーは2018年2月のツイートで「明星大学アカペラサークルカラフル所属 1年同期混声バンド」と紹介していることから、
2020年現在はメンバーは4年生になっているはずですね。

昭和歌謡曲を得意として「東京ブギウギ」や「買物ブギー」などのレパートリーがあります。

伽藍堂ベイビー おとのわ*124  661

ザ・コンティニューズの経歴とメンバープロフィール

ザ・コンティニューズのプロフィールを調べてみると結成から日が浅く、住む場所も大学もバラバラという、
接点が非常に薄い印象がありますが、どのような経緯で結成されたのかというと、リーダーのたいせーさんがツイッターでメンバー募集したことがきっかけです。

サツキバエの経歴とメンバープロフィール

サツキバエはメンバー全員が日本福祉大学に通い同じアカペラサークル「Figaro」に4年間所属していたメンバーで構成されたアカペラグループ。

Zozo
りこぴん
エルモ
二階堂
キャプテン
岩ちゃん

という女性2人・男性4人の6人で結成されていますが、サツキバエの名前の由来はおそらくは「うるさい(五月蠅い)」からきているんじゃないでしょうか。

シンフォニアの経歴とメンバープロフィール

シンフォニア(sinfonia)は2019年に関東インカレの2年生同期によって結成されたアカペラバンドですが、ツイッターにアカペラ動画を投稿するや「鳥肌が立つ」「うますぎ」「声量がすごい」「アレンジが好き」「ビブラートが全員で揃う」「個性を消さず理解してアンサンブルしてる」などなど絶賛の嵐。

ツワブキの経歴とメンバープロフィール

ツワブキのメンバー全員が(おそらく)日本大学に在籍しているだけあってメンバーの多くが、
同大学のアカペラサークル「Sol-fa」に所属する他のアカペラグループにも名を連ねていて、
ツワブキはどちらかというとハモネプ2020出場を目指してえりすぐりのメンバーを集って結成されたといってよいのかもしれません。

トンファンニューヨの経歴とメンバープロフィール

ハモネプ2020に出演するアカペラグループの中で事前に経歴やプロフィールが全くと言ってよいほど確認できなったバンドがトンファンニューヨです。

メンバーが女性4人ということが以外、年齢や大学などは一切不明なので、ハモネプ2020のパフォーマンスに期待がかかりますね。

ブロスの経歴とメンバープロフィール

2020年2月25日にこうやさんの呼びかけで結成した兄弟ダブルリードの男性だけで構成された6人のアカペラバンドで、YouTubeチャンネルも開設されています。

「ブロス」の名前の由来は、中心メンバーがこうきとこうだいの兄弟だったことから「brother(ブラザー)」を省略した表記の「Bros.(ブロス)」ではないかと思われます。

まいける.JPの経歴とメンバープロフィール

まいける.jp(舞蹴.jp)の名前の由来は以前は「舞蹴」の表記を多用していた点も考えるとやはりマイケルジャクソンにインスパイアーされていると考えてよいんじゃないでしょうか。

まんぷくの経歴とメンバープロフィール

まんぷくはハモネプ2020出場を目指して結成されたアカペラバンドのようで、記念すべきツイッターの初投稿は自己紹介でもなければメンバーのアカペラ動画を披露すわけでももありませんでした。笑

タイトルとURLをコピーしました