スキージャンプ板メーカーどこ?小林はフィッシャー?fluege.de?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

主に2022年の北京オリンピック(北京五輪)でスキージャンプ競技で使用されているスキー板について。

どこのメーカーがメジャーなんでしょうか?青いスキー板はフィッシャー?fluege.de?小林陵侑選手は?

スポンサーリンク

スキージャンプ板メーカーどこ?小林はフィッシャー?fluege.de?

2022年の北京オリンピック(北京五輪)のスキージャンプ競技で使用されているスキー板に関しては、

フィッシャー
fluege.de

という2つのメーカーが大勢を占めていたようです。

ワールドカップで使用されている板を見ますと、フィッシャー、スラットナー、fluege.de、小林陵侑選手が使っているBWTなるもので大半を占めていますね。

フィッシャー、スラットナーは板そのもののメーカー名なのでそのまま使われていますが、fluege.deやBWTは企業名などで広告扱いになるので、オリンピックの舞台では表示できないので表記がないのだと思われます。

fluege.deはわかりませんが、BWTはフィッシャーの板のデザイン違いだそうです。小林選手もフィッシャーがサポートされてるようです。

fluege.deは旧東ドイツ時代のGerminaというメーカーを2001年にG. SeidlとReichartが買収。

2010年に元ドイツ人ジャンプ選手であったディーター・トーマを迎入れ、Fluge.deというブランド名を立ち上げたそうです。

スキージャンプのスキー板に関しては次のようなメーカーは既に撤退しています。

クナイスル、ブリザード・・・・長野五輪以前に撤退
ロシニョール・・・・2008年ころに撤退
アトミック・・・・2012年に撤退

タイトルとURLをコピーしました