北京オリンピックなぜ女子ジャンプにラージヒルない?理由は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

2022年の北京オリンピック(北京五輪)では女子スキージャンプ競技が行われたもののノーマルヒルのみ。

ラージヒルがない理由はなぜ?

スポンサーリンク

北京オリンピックなぜ女子ジャンプにラージヒルない?理由は?

2022年の北京オリンピック(北京五輪)では女性は男性に比べ筋力などが低く飛距離がより一層出るラージヒルは、風に煽られたり、着地の衝撃が強い為、男性より怪我のリスクを考慮してノーマルヒルのみ実施されたようです。

女子は一般的に男子より6段上のゲートを使うので

高梨沙羅やサラ・ヘンドリクソンなどの女子トップ選手では飛びすぎになるのでしょう

男子と同じゲートなら、筋力のない女子選手の飛距離はぐっと落ちるでしょう

ただワールドカップでは女子スキージャンプでもラージヒルも行われています。

男子ではワールドカップにおいてここ数年ノーマルヒルがありません。逆に男子はオリンピックのみノーマルヒルが加わります。

団体競技が行われないのはそもそもFISの女子ジャンプ登録者が世界中で200人少々と少ないな上に登録国も偏っておりおまけに常時国際大会に出場しているのは100人足らずなので出場即メダルになる可能性大だからです。

ワールドカップですら出場選手が20人少々の時があります。

ラージヒルに関しても、女子スキージャンプは選手層が薄いから、同じ人がメダルを取るだけで競技として面白さに欠けるという配慮があるのかもしれません。

フライングヒルは開催地にジャンプ台を3台も作らせるのは、土地の問題もありさすがに無駄という判断だったのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました