吸うカフェインston(ストン)効果や使い方・年齢制限は?通販や健康の害(吸うカフェイン)は?

吸うカフェインston(ストン)が吸うエナジードリンクや吸うサプリメントに続いて登場して話題となっていますね。

JTのグループ企業「BREATHER(ブリーザー」からカフェインを蒸気にして吸引できる「ston(ストン)」発売となり、
ネット通販でも購入することができるようになっています。

「吸うカフェイン」で一休み 気分転換や眠気覚まし―JTグループ発売:時事ドットコム
日本たばこ産業(JT)グループのBREATHER(ブリーザー、東京)は3日、集中力を高める効果があるとされるカフェインを蒸気にして吸う電子機器「ston(ストン)」を発売した。仕事の休憩時間に気分転換や眠気覚ましとして使うことを想定している。

吸うカフェインston(ストン)使い方は?

吸うカフェインston(ストン)は電子たばことほぼ同じような仕組みになっています。

筒状のカートリッジには液体状のカフェインが含まれていて、
熱で蒸発(気化)させることで吸引できるようになっています。

カートリッジは1本で約250回使えるようになっていて、現時点では、
カフェイン入りの他にもカフェインと同じくリラックス効果が期待できるGABA(ギャバ)入りの2種類が用意されています。

吸うカフェインston(ストン)の本体仕様

バッテリータイプ : 内蔵リチウムイオン充電池
電池容量 : 0.66Wh
製品許容温度 : 使用時:5℃~35℃
消費電力 : 約5W
動作電圧 : 約4.2V?3.6V
重量 : 約50g
寸法 : 約50×20×65mm

吸うカフェインston(ストン)通販は?

吸うカフェインston(ストン)の本体価格は6600円で、
カートリッジは3本入り1980円で販売となっていますが、
公式サイトを見るとアマゾンで通販可能となっています。

ただ、アマゾンを見てみると吸うカフェインston(ストン)はすでに完売・在庫切れといった感じなので、
吸うカフェインにこだわらなければ、試しに楽天でも多数販売されている

  • 吸うエナジードリンク
  • 吸うサプリメント

を使ってみても良いかもしれません。

吸うカフェインston(ストン)で健康に害(安全性・危険性)は?

吸うカフェインston(ストン)は絶対に健康に害はない、体に悪影響はないのかというと、断言することはできません。

体質によっては「カフェインアレルギー」の人もいるように、
身体に合わなかったら、のどの痛みや目のかゆみ、鼻水・くしゃみといった症状が現れる危険性は否定できません。

ただ、吸うカフェインston(ストン)に関しては電子タバコのようにニコチンやタールが含まれているわけではないので、
安全性は高いのではと考えられます。

どちらかというと注意しなければいけないのは吸うカフェインston(ストン)の使い過ぎによるカフェインの過剰摂取です。

1日のカフェイン摂取量の目安は成人であれば1日あたり400~450mg(レギュラーコーヒー3~5杯分に相当)くらいまでは問題ないとされているものの、
カフェインには実は1日当たりの摂取許容量の基準(上限)はありません。

もし、吸うカフェインston(ストン)を使い始めてから、

  • 頭痛
  • 動悸
  • 不眠
  • めまい

といった症状が気になるようになったら過剰摂取の恐れがあるので使用頻度を減らすようにしましょう。

食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~

吸うカフェインston(ストン)の年齢制限は?

カフェインは麦茶など様々な食品に含まれていて、割と小さなころから摂取している身近な成分の一つなので、
吸うカフェインston(ストン)を適度に使う分には、年齢はそれほど気にする必要はないと思われます。

ただ、吸うカフェインston(ストン)の公式アナウンスでは「20歳以上の利用を推奨」としているので、
不安があれば20歳未満の人がいる場では使用を避けたほうが良いですね。

吸うカフェインston(ストン)に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました