すきすきワンワン(ドラマ)あらすじ・原作は小説・マンガ?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ドラマ「すきすきワンワン!」は今どきの26歳クズ男・炬太郎が昔飼っていた最愛の犬と再会し、同居生活を経て愛し愛され成長していく感動の物語。

炬太郎を岸優太(キンプリ/King & Prince)さん、元愛犬の木ノ宮天を浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)さんが演じますが、ドラマ「すきすきワンワン!」の原作は小説・マンガ?

すきすきワンワン!
日本テレビ2023年1月期シンドラ『すきすきワンワン!』公式サイト。いまどきの「26才ダメ男(岸優太・King & Prince)」が昔飼っていた最愛の犬の生まれ変わり(浮所飛貴・美 少年)と再会し、愛し愛され成長していく感動の物語。
スポンサーリンク

すきすきワンワン!(ドラマ)原作は小説・マンガ?

美 少年 浮所飛貴、『すきすきワンワン!』出演決定 King & Prince 岸優太の元愛犬役に

2023年1月期に日本テレビのシンドラ枠で放送されるKing & Princeの岸優太主演ドラマ『すきすきワンワン!』に、美 少年の浮所飛貴が出演することが決定した。

 本作は、いまどきの26歳のクズ男が昔飼っていた最愛の犬と再会し、愛し愛され成長していく物語。連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合)、『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)の水橋文美江が脚本を手がける。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d931b6e61d184b23acb1ee6e695ea28d6e1ca87e

ドラマ「すきすきワンワン!」は夢もなく、欲もない人生諦めモードの26歳の男子・雪井炬太郎

夢もなく、欲もなく自堕落な生活を送っていた人生諦めモードの雪井炬太郎(岸 優太)が、突如として現れた小学生時代に飼っていた愛犬・てんを名乗る謎の男・木ノ宮(浮所飛貴)のことを徐々に信じるようになりしまいには心奪われていくという飼い主と愛犬の、すべてを超越した“愛情”の物語

調べてみると、ドラマ「すきすきワンワン!」には原作となる小説やマンガはないようです。

脚本を手がけたのは水橋文美江さんでこれまでにドラマ「古見さんは、コミュ症です。」や「さよならの向う側」「連続テレビ小説 スカーレット」などを手掛けています。

すきすきワンワン!(ドラマ)あらすじ

夢もなく、欲もない人生諦めモードの26歳の男子・雪井炬太郎。いったん勤めた会社もなんとなく辞めてしまい自堕落な生活を送っていた。そんな“クズ”を地で行く彼の前に「僕はあなたの元飼い犬・てんです!」と名乗る謎の男・木ノ宮を浮所が演じる。炬太郎はスピリチュアルなことは一切信じず、その手のことは鳥肌が立つほど嫌いで、どこをどう見ても普通の人間の木ノ宮が、元愛犬の“てん”だとは信じない。炬太郎はなぜかひとり感動し距離を縮めてくる木ノ宮を拒もうと試みるが、木ノ宮は“宝物の首輪”や“小さかった頃の思い出”、そして“てんにだけ話した悩み事”など、てんにしかわからないことを言い当て、炬太郎は木ノ宮の話を徐々に信じざるを得なくなっていく。

タイトルとURLをコピーしました