女神の教室(ドラマ)あらすじ・原作は小説・マンガ?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ドラマ「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」はロースクール(青南大学法科大学院)の派遣教員として教壇に立つこととなった裁判官が主人公のドラマ。

裁判官から実務家教員としてロースクールへ派遣された新米教師を北川景子さんが演じますが、ドラマ「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」の原作は小説・マンガ?

themis/ - フジテレビ
女神の教室~リーガル青春白書~ - オフィシャルサイト。毎週月曜よる9時放送。
スポンサーリンク

女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~(ドラマ)原作は小説・マンガ?

北川景子が月9初主演でロースクールの新米教師役『女神の教室~リーガル青春白書~』23年1月スタート【コメントあり】

北川景子が、2023年1月にスタートする月9ドラマ『女神の教室~リーガル青春白書~』(フジテレビ系 毎週月曜 午後9時~9時54分)で月9初出演を務めることが分かった。

 本作は、未来の法曹界を担う若者たちが通うロースクール(法科大学院)を舞台に、裁判官で実務家教員の主人公・柊木雫と彼女を取り巻く人々が、自身の価値観をぶつけ合いながら法曹界のあり方を問うリーガル&ロースクールエンターテインメント作品。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6203f13d7547ef47ea486f3e74936d9e6162508c

ドラマ「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」はロースクール(法科大学院)を舞台に、裁判官で実務家教員の主人公と彼女を取り巻く人々が自身の価値観をぶつけ合いながら法曹界のあり方を問うストーリー。

調べてみるとドラマ「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」には原作となる小説やマンガはないようです。

大北はるかさんという、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』シリーズ、『ナイト・ドクター』などを手掛けてきた脚本家によるオリジナルストーリーとなっているようです。

女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~(ドラマ)あらすじ

新ドラマ月9【女神(テミス)の教室】主演:北川景子 スペシャルインタビュー!!

青南大学法科大学院に派遣教員としてやってきた柊木は、教員の藍井仁(あおい・じん)と5人のロースクール生たちに出会います。しかしそこで、目先の“司法試験合格”のみを目指すロースクール生の姿を目の当たりにすることになるのです。教師側は学生たちに司法試験のノウハウを教えることにしか興味が無く、学生たちも単位が取りやすい授業を履修しながら試験の対策になることしか求めていませんでした。裁判官時代は一つ一つの事案に時間をかけ、「人を知らなければいい法律家にはなれない」を信念に職務を全うしていた柊木。そんな彼女が、日本の司法を担う学生たちを立派な人材に育て上げるため、授業で重視したのは“人々の行動に隠れたなぜ?”を見つめること。学生たちが法曹界に進み、実際の事件を扱うとき向き合うのは、法とさまざまな事情を抱えた“人間”です。だからこそ柊木は、まずは人を知ること、知ろうとすることが大切だという信念を教え込むのです。そこで彼女は毎回、ある判例を取り上げそこに登場する人物の行動に着目。真逆の価値観を持つ藍井や学生たちと切磋琢磨(せっさたくま)しながらも法の教科書には載っていない“気づき”を与えていきます。ひょんなことから教鞭(きょうべん)を振るうことになった柊木が、法の教科書には全く載っていない「人」を知るための授業を始めます??

さらに、単なるリーガル&ヒューマンドラマにとどまらないのが今作の見どころの一つ。柊木たちが法と人を見つめる傍らでは、手に汗握るサスペンス的な展開も。しかしそれは法では罰せられない程度の嫌がらせばかり

タイトルとURLをコピーしました