キャプテンリノのルール・遊び方|対象年齢は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

キャプテンリノは子どもと遊ぶボードゲームのおすすめとして紹介されることが多い作品。

みんなでフロアを積み重ねて、リノの為に高層ビルを建て行きますが、キャプテンリノのルール・遊び方は?

スポンサーリンク

キャプテンリノのルール・遊び方

キャプテンリノはカードを使ってみんなでフロアを積み重ねて高層ビルを高く詰み上げていくゲーム。

屋根カードはそのまま次の壁を置く土台にもなりますし、屋根カードに書かれている印は次に置く壁の立て方を示しています。

特別な印はゲームの行方に特別な影響を与えます。

ゲームの目的は一番早く自分の屋根カードを置き切ることです。

慣れてくると1メートル以上の高さまで積み上げることができ、積み上げたり、リノカードなどの特殊カードの効果を手探りしたりすると大興奮。 Rhino リンクは、建物が大きくなるにつれて大きな影響を与えます。

■ゲームの準備
土台をいずれかの面を上にしてテーブルの中央に置きます。全ての屋根カードをよく混ぜ、全員に5枚ずつ配ります。もし2人で遊ぶ場合は、7枚ずつ配ってください。残った屋根カードは補充用の山札として土台から少し離れた場所に置きます。

壁とリノを用意したら準備は完了です。

■遊び方
時計回りの順番で遊びます。最も最近に良い行いをした人からゲームを始めます。もしそれで決められない場合は、一番年下の人からゲームを始めます。手番の人は、自分の屋根カードを建物に置いていきます。

ただし、屋根を置く前に1つか2つの壁をおいて、下になるフロアをつくらなければなりません。土台、またはその時点で一番上にある屋根カードの印を確認してください。この印はそのフロアに必要な壁の位置と数を示しています。必要な数の壁を取ったら、印にあうようにそれを置いてください。その後、自分の屋根カードを一番上に置きます。

キャプテンリノ説明書

6分超簡単説明!「キャプテン・リノ 」ボードゲーム

キャプテンリノの対象年齢は?ルール・遊び方

キャプテンリノの対象年齢は5歳以上。

人数は2人から5人で、1回のゲーム時間はおよそ5分~15分程度となっています。

まとめ:キャプテンリノのルール・遊び方

プレイヤーはそれぞれ 5 枚の屋根カードを持ってゲームを開始し、順番に 1 つの建物に壁と屋根を追加します。手番では、最初に最上階に壁を置き、次に手札から屋根カードを 1 枚選び、壁に置きます。各屋根カードには、次のプレイヤーがカードのどこに壁を置かなければならないかを示すマークが付いています。さらに、一部の屋根カードは、2 番目の屋根を配置する、プレイの方向を変更する、スーパー ライノをタワーの新しい場所に移動するなど、プレイヤーに特別なアクションを実行するように強制します。

すべての屋根カードを構築した最初のプレーヤーがゲームに勝ちます。または、建物が倒壊した場合、倒壊を引き起こしたプレイヤーが自動的に負け、手持ちの屋根カードが最も少ないプレイヤーが勝ちます。

倒さずに高く積み上げられるか!揺れるカードにドキドキが止まらない【キャプテン・リノ】

キャプテンリノ評価レビュー

タイトルとURLをコピーしました