スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイはSupercolorpixelisticXDRidocious

スポンサーリンク
0未分類

スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイとは、SupercolorpixelisticXDRidociousを日本語に訳した単語。

iphone13から採用された「Super Retina XDRディスプレイ」でメリーポピンズの世界一長い単語とされる「Supercalifragilisticexpialidocious」を文字ったものとみられます。

スポンサーリンク

スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイはSupercolorpixelisticXDRidocious

「iPhone 13 Pro」なにがすごい? マクロ撮影可能なカメラや最長バッテリーなど搭載

【ポイント3 最大120Hz対応の「ProMotion」採用Super Retina XDRディスプレイ】
ディスプレイは最大フレームレート120Hzに対応する「ProMotion」採用のSuper Retina XDRディスプレイを搭載。可変フレームレートにも対応しており、ゲームプレイ時はフレームレートを最大にし、通常操作ではフレームレートを落とすなど、10~120Hzの間でフレームレートを自動変更します。

また、有機ELパネルを採用するうえに、明るさはこれまでのiPhoneで最大の1000ニットを実現しています。

海外のiphone情報サイトでは「Super Retina XDRディスプレイ」のことを「SupercolorpixelisticXDRidocious」と紹介。

元ネタはメリーポピンズの「Supercalifragilisticexpialidocious」

Super (超越した)Cali (美しい)Fragilistic (繊細な)Expiali (償う)Docious (洗練された)

という意味を含んでいることから、日本語でニュアンスまで伝わるようにどう訳すかを苦心した結果、

スーパーキラキラカラフルクッキリディスプレイ。

になったとみられます。

タイトルとURLをコピーしました