SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION原因・修復は?再起動しない?繰り返す?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONでブルースクリーンになる原因は?

ブルースクリーンで

停止コードSYSTEM_SERVICE_EXCEPTION

と表示された場合、どう対処すればいいのでしょうか

スポンサーリンク

SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION原因は?

SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONでブルースクリーンになる原因は

Bug Check 0x3B: SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/drivers/debugger/bug-check-0x3b–system-service-exception

要するに、バグってるなんかのドライバがインストールされていて、そいつのせいでブルースクリーンが起きています。

具体的には下記のような原因が考えられます。

・Windowsと互換性のないアプリケーションの実行
・Windowsと互換性のないデバイスドライバーがインストールされている
・特に古いグラフィックドライバーが原因になるケースが多いです。
・Windowsのシステムファイルが破損している
・Windowsのファイルシステムに問題がある

SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION修復は?

SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONの修復には直近でソフトやドライバーソフトをインストールしていた覚えがあるのならアンインストールしてみて下さい。

もしくは最小構成でOSをクリーンインストールする。

CPU、メモリ、マザーボード、SSD、キーボード、マウス、電源ユニット、ケース、モニタのみとする。

内蔵GPUがない場合はグラフィックボードも使用する。

他はすべて取り外す。

これでエラーがないことを確認する。

確認出来たらハードやソフトを一つずつ慎重に追加してエラーを出すものを探す。

なおその前に念のためにメモリテストをやってください

「スタート」で「W」欄の「Windows管理ツール」をクリックして、「Windowsメモリ診断」からメモリテストができます。

NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 020115

まとめ:SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION修復は?再起動しない?繰り返す?

ブルースクリーンは、システムに重大障害が発生した場合、システムを保護するために強制的に終了させてエラー内容を表示するものです。

ブルースクリーン発生要因は

(1)各種ドライバーの不具合もしくは更新
(2)メモリ・HDDの物理的障害によるもの
(3)インストールソフトにより発生するもの

が主たる要因です。

ブルースクリーン解決集
JUGEMテーマ:Windows

■参考:ブルースクリーン解決集

1、0x0000000A:IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
◆原因:ドライバの問題、欠陥があるか、互換性が悪いデバイスまたはアプリケーションによるもの。

◇解決方法:以下の2、3、5、8、9を参考にしてください。

2、0x00000012:TRAP_CAUSE_UNKNOWN
◆原因:原因不明

◇解决方法:自己解決。このエラーがいつ出たか、出る前、出た時にどんな操作をしたか、何をインストールまたは、アンインストールしたかを思い出しましょう。

3、0x0000001A:MEMORY_MANAGEMENT
◆原因:デバイスによるもの, 例えば: 新しくデバイスをインストールした、あるいはメモリ自体に問題がある。

◇解決方法:もしもWindowsインストール中にこのエラーが出た場合は、Windowsが要求する最低限のスペックに満たない。

4、0x0000001E:KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED
◆原因:Windows内部で未知の命令が発見された, メモリの問題または、0x0000000Aと同じ原因。

◇解決方法:
デバイス、ドライバなどを検査。

Windowsインストールで最初に再起動した時にこのエラーが出た場合:ハードディスクの容量不足、またはBIOSの互換性の問題。

もし、あるアプリケーションを閉じた時にこのエラーが出た場合:アプリケーションそのものに欠陥がある、アップデートするかアンインストール。

5、0x00000023:FAT_FILE_SYSTEM
0x00000024:NTFS_FILE_SYSTEM
◆原因:
0x00000023:通常FAT16または、FAT32のハードディスクを分割する時
0x00000024:NTFS.sysファイルエラー

この2つのエラーは ハードディスク自体の物理的な故障または、ハードディスクの断片化が極度に多い

ファイルの読み書きが多い、ハードディスク関係のアプリケーションによるもの、またはウイルス駆除ソフトによるもの。

◇解決方法:
1.コマンドプロンプトで Chkdsk /r を実行。

2.ファイルを常駐検査するソフト類を停止する、ウイルス駆除ソフトなど。

3.最新のチップセットドライバをインストールする。特にIDEドライバ。

6、0x00000027:RDR_FILE_SYSTEM
◆原因:原因は明らかではないが、メモリ関係によるものが多い

◇解決方法:もしもメモリに関係するものならメモリの増設、交換で直る可能性があります。

7、0x0000002EATA_BUS_ERROR
◆原因:通常はメモリの欠陥によるもの(物理メモリ、二次キャッシュ、またはグラフィックカードのメモリも含む)ドライバが実際にないメモリアドレスにアクセスしようとしているため、またはウイルスに感染した、その他のシステムやハードディスクの一部が壊れた。

◇解決方法:
1.ウイルス検査

2.chkdsk /r を実行(全てのドライブで)

3.メモリを検査するソフトで検査

4.デバイスはきちんとインストールしたか

8、0x00000035:NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONS
◆原因:文字からみるとドライバ、またはアプリケーションによるもの。
このエラーの本当の原因はドライバ事態に欠陥がある、またはメモリの質によるもの。

◇解決方法:上に書いた解決方法を試す。

9、0x0000003F:NO_MORE_SYSTEM_PTES
◆原因:メモリ関係、 例えば大きなデータを処理した時(コピー、貼り付けなど)にエラーが出る。

欠陥のあるドライバがメモリを使用する際に正しくない命令を出した

例えばバックアップソフト等

◇解決方法:
新しくインストールしたアプリケーションおよびドライバをアンインストール。

10、0x00000044:MULTIPLE_IRP_COMPLIETE_REQUESTS
◆原因:通常デバイスのドライバによるもの

◇解決方法:新しくインストールしたドライバをアンインストール。

11、0x00000050:PAGE_FAULT_IN_NONPAGED+AREA
◆原因:メモリ(物理メモリ、二次キャッシュ、グラフィックメモリ)、互換性のないアプリケーション(特にリモートコントロールとウイルス駆除ソフト)、

問題のあるデバイス(例えばPCIカードそのものが壊れている)などでこのエラーが出ます。

◇解決方法:上に書いてある解決法を試す。

12、0x00000051:REGISTRY_ERROR
◆原因:このエラーはレジストリ、またはシステムの設定によるもの

ハードディスクそのものの物理的な損傷、あるいはファイルシステムの問題

◇解決方法:chkdsk /r でエラーチェック。

13、0x00000058:FTDISK_INTERNAL_ERROR
◆原因:主なドライバ、間違ったインストールをした

◇解決方法:まず再起動してみましょう。これで直らなければ、起動時にF8を押して

起動オプションを開き、前回正常起動時の構成で起動。

14、0x0000005E:CRITICAL_SERVICE_FAILED
◆原因:とても重要なシステムサービスによるもの

◇解決方法:もし新しいデバイスをインストールしたなら、とりあえず外して

XPと互換性のあるものか調べる、続けて再起動、まだブルースクリーンが出る場合は

前回正常起動時の構成で起動。

これでもだめならWindowsの修復インストール、または再インストール。

15、0x0000006F:SESSION3_INITIALIZATION-FAILED
◆原因:通常Windowsの起動時に出るエラー

一般的にドライバの問題かファイルシステムによるもの

◇解决方法:Windowsの修復インストール。

16、0x00000076:PROCESS_HAS_LOCKED_PAGES
◆原因:通常あるドライバが1、2回命令を完了した時に正しくメモリを開放できなかった時に出る。

◇解決方法:
レジストリエディタを起動、

1.HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management, を開き右側の欄に新規作成で「複数行文字列値」を作成

名前を TrackLockedPages に変更

値のデータに 1 と入力。

これでも一度エラーが出た時に、どのドライバがエラーを出したかを追跡できます。

2.もう一度ブルースクリーンになったらエラー情報が変わります。

STOP:0x0000000CB(0xY,0xY,0xY,0xY)DRIVER_LEFT_LOCKED_PAGES_IN_PROCESS
この中の”0xY”は問題のあるドライバの名前が表示されます。

問題のあるドライバの名前がわかったら、更新するか削除する。

3.レジストリエディタを開き先ほど追加した”TrackLockedPages”を削除。

17、0x00000077:KERNEL_STACK_INPAGE_ERROR
◆原因:必要な内部のデータが仮想メモリ、または物理メモリ内に見つからなかった。

このエラーは大体ハードディスクに問題がある。

データが壊れたか、ウイルスに感染。

◇解决方法:ウイルス検査、 chkdsk /r でエラーチェック。

★追記:解決法>仮想メモリを一度「なし」に設定し、再起動>起動したら仮想メモリの設定を元に戻す。
(この作業の意味は、ページファイルを一度削除して作り直すという作業。
仮想メモリ内のファイル(ページ)が壊れている場合に作り直すことによって、
正常にデータを物理メモリに読み込むことができるようになります。)

修復できなければ、市販のハードディスク修復ソフトを試す。

18、0x0000007A:KERNEL_DATA_INPAGE_ERROR
◆原因:仮想メモリ内のデータを物理メモリに読み込めない。

仮想メモリ内のページが壊れている。

ファイルの中に悪い奴がいる楽しい、ウイルス、ディスクのコントローラが壊れている、メモリに問題がある。

◇解决方法:ウイルスソフトを最新の状態に更新して検査、 もし、0xC000009C または
0xC000016A がでるなら 悪い奴の仕業です。

回復コンソールで chkdsk /r を実行、エラーチェック。

★追記:解決法>仮想メモリを一度「なし」に設定し、再起動>起動したら仮想メモリの設定を元に戻す。
(この作業の意味は、ページファイルを一度削除して作り直すという作業。
仮想メモリ内のファイル(ページ)が壊れている場合に作り直すことによって、
正常にデータを物理メモリに読み込むことができるようになります。)

19、0x0000007B:INACESSIBLE_BOOT_DEVICE
◆原因:Windows起動時の過程でWindowsのインストールされたドライブにアクセスできない。

一般的にマザーボードを交換し、最初に起動した時に出る。

主に前のチップセットドライバと新しいチップセットドライバが違うため。

それ以外の時は、ウイルス、またはハードディスクの故障。

◇解决方法:一般的に修復インストールをすれば治ります。

ウイルスに対してはDOSでウイルス検査できるソフトで駆除。

次に chkdsk /r でエラーチェック。

20、0x0000007E:SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED
◆原因:システムによるもの、 原因はたくさんあり、ハードディスクの互換性

ドライバ、システムサービス、アプリケーションなどに問題がある。

◇解决方法:イベントビューアで原因を探す。

21、0x0000007F:UNEXPECTED_KERNEL_MOED_TRAP
◆原因:一般的にデバイスによるもの

メモリ、アプリケーションによるもの、またオーバークロック時にも出る事がある。

◇解决方法:メモリ検査ソフトで検査、オーバークロックしたなら元に戻す。

PCIデバイスをマザーボードのスロットから外す、またはほかのスロットに挿す。

22、0x00000080:NMI_HARDWARE_FAILURE
◆原因:通常はデバイスによるもの

◇解决方法:もし最近新しいデバイスを付けたなら、外すかほかのスロットに挿す。

もしドライバを更新したならドライバのロールバック。

メモリの検査、ウイルス検査、chkdsk /r でエラーチェック。

これでだめなら、メーカに相談。

23、0x0000008E:KERNEL_MODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED
◆原因:内部のアプリケーションによるもの、通常ハードディスクの互換性によるもの。

◇解决方法:チップセットドライバの更新、またはBIOSのアップデート。

24、0x0000009C:MACHINE_CHECK_EXCEPTION
◆原因:通常デバイスによるもの。

一般的にオーバークロック、またはデバイスに問題がある(メモリ、CPU、バス、電源)

◇解决方法:オーバークロックしたなら元に戻すか少し下げる。

デバイスを調べる(メモリ、CPU、バス、電源)

25、0x0000009FRIVER_POWER_STATE_FAILURE
◆原因:電源に関係するもの。例えばシャットダウン、スタンバイ、休止状態。

◇解决方法:Windowsの再インストール、解決できなければ電源交換。

26、0x000000A5:ACPI_BIOS_ERROR
◆原因:通常マザーボードのBIOSが全面的にACPI規格を支持することができない。

◇解决方法:BIOSのアップデートにこれを改善するアップデートがなければ

Windows XPのインストール時に、”press F6 if you need to install a third-party SCSI or RAID driver”と表示された時に、F7を押す。

そうすると自動的にACPI HALのインストールを禁止し、 Standard PC HALをインストールする。

27、0x000000B4:VIDEO_DRIVER_INIT_FAILURE
◆原因:これはWindowsがディスプレイドライバを起動することができないため。

通常はグラフィックカードに問題がある、またはグラフィックカードとほかのものとに

競合が起きている。

◇解决方法:セーフモードで起動できればディスプレイドライバを最新のものに更新。

デバイスマネージャで競合が起きていないか確認。

28、0x000000BE:ATTEMPTED_WRITE_TO_READONLY_MEMORY
◆原因:あるドライバがリードオンリーのメモリにデータを書き込もうとしているため。

通常新しいドライバ、サービスをインストールした、更新したときに出る。

◇解决方法:エラー内容にドライバ、サービスの名称が書かれていないかをよく見て

それを停止するか削除。

29、0x000000C2:BAD_POOL_CALLER
◆原因:通常ドライバ、またはアプリケーションBUGによるもの

◇解决方法:上の解決方法を参考にしてください。

30、0x000000CERIVER_UNLOADED_WITHOUT_CANCELLING_PENDING_OPERATIONS
◆原因:通常ドライバ、またはサービスの問題。

◇解决方法:上の解決方法を参考にしてください。

31、0x000000D1:DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
◆原因:通常ドライバによるもの

例えばマウスドライバ、またはメモリの欠陥、仮想メモリのファイルの損傷、

あるアプリケーション(動画を見るソフト、ウイルス駆除ソフト、バックアップソフトなどなど。

◇解决方法:最新のドライバに更新、(もしエラー内容に”acpi.sys”等のまたは似た名前のものが書かれていれば

ドライバ、アプリケーションの問題と言えるでしょう。

まずメモリ検査、

回復コンソールで仮想メモリを削除、C:\に入り、del pagefile.sys を実行。

次に chkdsk /r でエラーチェック。

Windowsにログインし、仮想メモリを設定し直す。

もしも、インターネットで大きなファイルのダウンロード、またはオンラインゲームを

している時にこのエラーが出た場合、ネットワークドライバの問題の可能性があるので更新する。

32、0x000000EA:THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVER
◆原因:通常グラフィックカード、またはグラフィックドライバによるもの。

◇解决方法:グラフィックドライバを更新するか、グラフィックカードを交換してみる。

33、0x000000ED:UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME
◆原因:一般的にハードディスクにエラーがある。

配線に接触不良がないか調べる、配線がハードディスクの規格に合っているか。

しょっちゅうこのエラーが出る場合、寿命が近づいている証拠。

◇解决方法:大体は再起動で解決するが、一応 chkdsk /r を実行しましょう。

34、0x000000F2:HARDWARE)INTERRUPT_STORM
◆原因:何かを操作中に中断した、またはまだ処理が終わっていないのに中断した。

通常はドライバに欠陥がある。

◇解决方法:新しくインストールしたドライバを更新するか、削除。

35、0x00000135:UNABLE_TO_LOCATE_DLL
◆原因:通常はあるファイルが見つからない、もしくは壊れた。

または、レジストリのエラー。

◇解决方法:もしファイルが見つからない、もしくは壊れたなら名前が書かれているはずです。

他のPCでそのファイルを探し、SYSTEM32フォルダにコピー。

もし、そのファイルがなければレジストリが壊れている可能性があります。

システムの復元を試してみましょう。

36、0x0000021A:STATUS_SYSTEM_PROCESS_TERMINATED
◆原因:時に間違えて管理者がユーザーアカウントの権限などを変更した場合

システムファイル、フォルダにアクセスできなくなる。

◇解决方法:前回正常起動時の構成で起動、だめなら修復インストール。

37、STOP 0xC0000221 or STATUS_IMAGE_CHECKSUM_MISMATCH
◆原因:通常ドライバやDLLファイルが壊れたときに出る。

◇解决方法:
1.修復インストール。
2.セーフモードに入れるなら、XPのインストールCDをセットし
ファイル名を指定して実行に sfc /scannow  と入力、Enter。
3.XPのインストールCDからコピーする方法、回復コンソールに入り

copy または expand コマンドを使ってコピーまたは解凍する。

例えばエラー内容に tdi.sys と書いてあれば

ドライバは i386\driver の圧縮ファイルに入っているので

expand (解凍)を使用。

expand %CDROM:\i386
\driver.cab \f:tdi.sys c:\winnt\system\drivers
\driver.cab
\f:tdi.sys c:\windowns\system\drivers

他にもここに書いていないエラーがたくさんありますが、大体対処法は同じです。

どうしてもだめなら、メーカーに相談するのが一番です。

タイトルとURLをコピーしました