春風亭ぴっかりの身長や学歴をwiki調査!結婚相手は真打の…?

スポンサーリンク
0未分類

春風亭ぴっかりさんは、そのかわいい見た目から「寄席のプリンセス」「美しすぎる落語家」とも称される女流落語家。

真打まであと一歩という2つ目昇進して10年以上が経過している春風亭ぴっかりさんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

春風亭ぴっかりwikiプロフィール

学研 ぴっかり2021年1月号 春風亭ぴっかり☆さんのお話「ちょうじゃと うし」

名前:春風亭ぴっかり(しゅんぷうてい ぴっかり)

本名:高橋 由佳(たかはし ゆか)

生年月日:1981年(昭和56年)5月13日

年齢:39歳

職業:落語家

出身地:東京都

出身高校:実践学園高等学校

最終学歴:尚美ミュージックカレッジ専門学校

所属事務所:東宝芸能

所属協会:落語協会

出囃子;あの町この町

紋:光琳蔦

落語家になる前は女優として活動していた春風亭ぴっかりさん。

落語家・鈴々舎馬桜の講義で古典芸能、落語にふれたことで、落語家になることを決心。

何度でも断られる覚悟で2006年11月に春風亭小朝さんの公演で、いきなり楽屋に行き、落語になりたいという熱い思いをぶつけたところなんと「明日から来て」と一発で入門許可が下ります。

翌日に実際に春風亭小朝さんのもとへ行くと「君、ぽっぽになったから」と、噺家としての名前まで考えてくれていたそうです。

ちなみに、春風亭ぴっかりさんは春風亭小朝さんの三番弟子にあたり、兄弟弟子には次のような落語家がいます。

春風亭勢朝(師匠柳朝の死に伴い移籍)
いなせ家半七(師匠柳朝の死に伴い移籍)
八代目橘家圓太郎(真打)
五明樓玉の輔(真打)

タレントのにしおかすみこさんも、春風亭小朝さんの指導を受けて「春風こえむ」名義で芸を披露したこともあります。

春風亭ぴっかりの経歴

噺家さんが一日署長 師匠ネタに事故防止呼びかけ(18/04/04)

春風亭ぴっかりさんの前座時代の高座名「ぽっぽ」の由来は入門日の11月11日が世界平和記念日だったことから。

平和の象徴である鳩から「はとぽっぽ」→「ぽっぽ」となり、二ツ目の高座名「ぴっかり☆」の由来は二ツ目昇進日の11月1日が灯台記念日ということと、パ行の音にこだわったからのようです。

2007年2月11日の「小朝・正朝二人会」にて「狸の札」初高座を経験すウルと、
2007年月に前座(寄席での初ネタは新宿末廣亭「平林」)、2011年11月に二ツ目に昇進を果たしています。

二ツ目ながら10日間連続の独演会を開催する実力派として知られ、2012年11月にはNHK新人演芸大賞決勝進出を果たしています。

現在、女流落語家は数は少ないながらも真打まで昇進を果たしている方たちがいます。

三遊亭歌る多(さんゆうてい かるた)
古今亭菊千代(ここんてい きくちよ)
林家きく姫(はやしや きくひめ)
川柳つくし(かわやなぎ つくし)
桂右團治(かつら うだんじ)
春風亭鹿の子(しゅんぷうてい かのこ)
露の都(つゆの みやこ)
三代目桂あやめ(かつら あやめ)

古今亭菊千代さんは1993年3月に三遊亭歌る多と共に落語四百年の歴史の中で初の女真打に昇進した人で、

春風亭ぴっかりのツイッターやインスタグラム

【渋谷に福来たるSPECIAL2018】 春風亭ぴっかり☆さんコメント

春風亭ぴっかりのツイッター
@s_pikkari

春風亭ぴっかりのインスタグラム

春風亭ぴっかりのフェイスブック
@pikkari.live

春風亭ぴっかりのブログ

春風亭ぴっかりの公式HP

春風亭ぴっかりの高校や大学など学歴は?

春風亭ぴっかりさんの通っていた高校は実践学園高等学校です。

高校卒業後は、幼少時代から好きなミュージカルの勉強のために、尚美学園系列の専門学校尚美ミュージックカレッジ専門学校に進学しています。

卒業後はもともと舞台女優を目指し、演劇倶楽部『座』に研究生として在籍していました。

春風亭ぴっかりの身長・体重は?

春風亭ぴっかりさんの体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は様々メディアに掲載されている様子から160㎝前後とみられます。

春風亭ぴっかりの結婚は?

春風亭ぴっかりさんは結婚をしていません。

ただ、春風亭ぴっかりさんに関して結婚情報を調べれる人が多いようですが、どうやら、ラジオ番組「昇々・ぴっかり☆はまきんっサタデー」で共にMCを務める春風亭昇々さんが結婚報告したことが関係しているようです。

春風亭ぴっかりのかわいい画像

春風亭ぴっかりさんは小さい頃はミュージカルが好きで宝塚の涼風真世のファン。

春風亭小朝さんに弟子入りする前には実はAKB48の第1期オーディションに7歳サバを読んで応募し、最終予選まで残ったが落選した経歴の持ち主です。

また2014年に行われた「大人AKB48 オーディション」でも最終審査まで進出していました。

タイトルとURLをコピーしました