天国の本屋(河合郁人,井上小百合)公演日程は?チケット先行予約・一般販売はいつから?#ミュージカル

断裁寸前からシリーズ100万部越えのベストセラーという異例のヒットをとなった松久淳, 田中渉原作の「天国の本屋」は、
日本のみならず海外でも出版、さらに舞台化&映画化もされました。

事故で片耳の聴覚を失い今は天国にいるピアニストと、
元恋人で花火の暴発事故で聴覚を奪ってしまった命のある花火師の男性の奇跡をつづった物語が、
A.B.C-Zの河合郁人さん、乃木坂46の井上小百合さんのダブル主演でミュージカル化されることが発表されました。

ミュージカル「天国の本屋」
日本のみならず海外でも出版、舞台化、映画化された感動名作が、ミュージカルとして2020年1月~2月、東京・大阪にて上演!

天国の本屋ミュージカル(河合郁人,井上小百合)公演日程は?

ミュージカル「天国の本屋」の原作小説は岩手県盛岡市の「さわや書店」で店長を務める松本大介さんが偶然読んで感動し、
独自に宣伝して評判を呼びましたが、松本大介さんはもともと数々のベストセラーを店頭から作り出す書店員として、
知る人ぞ知る人物だったようです。

原作者の松久淳, 田中渉さんにとっては、決して足を向けて眠ることができない(?)人物と言えますが、
舞台「天国の本屋」の公演日程は東京・大阪でそれぞれ次のようになっています。

■東京

  • 会場:よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
  • 日程:2020年1月17日(金)~1月25日(土)
  • サンライズプロモーション東京:0570-00-3337(平日12:00~18:00)

■大阪

  • 会場:サンケイホールブリーゼ(大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7F)
  • 日程:2020年1月31日(金)~2月2日(日)
  • 公演に関するお問い合わせ:キョードーインフォメーション:0570-200-888(全日10:00~18:00)

天国の本屋ミュージカル(河合郁人,井上小百合)のチケット価格・予約販売・一般販売は?

映画「天国の本屋」では竹内結子、玉山鉄二が主演を務めていましたが、
ミュージカルではA.B.C-Zの河合郁人さん、乃木坂46の井上小百合さんが主演を務めることが発表されています。

チケット料金は全席指定9,800円(税込)で、一般発売は、

2019年12月15日(日)10:00~

となっています。

現時点では、ミュージカル「天国の本屋」の先行予約販売について特にアナウンスはないものの、
舞台ではA.B.C-Zと乃木坂46のファンクラブでそれぞれ一般販売に先駆けて、
先行予約・抽選申し込みが案内される可能性はあります。;

天国の本屋ミュージカル(河合郁人,井上小百合)チケット予約購入の裏ワザ

今のところ最速で応募できる手段は用意されていないので、
一般販売日によーいどん!でチケット申し込みをしなければいけません。

申し込みが1秒で遅れてしまうと最悪の場合、チケットがまるで取れない可能性も考えられますが、
チケット入手の確実性を高めたいのであれば、一つ裏技があります。

クレジットカードの優待特典には舞台公演の優先販売がたびたびおこなわれていて、
一般販売よりも早い時期にチケット購入できるケースが良く見られます。

具体的には、

エポトクプラザ(エポスカード)
Vpassチケット(三井住友visaカード)
であれば、

カード会員限定で購入できるチケットサイトが用意されています

一般販売日よりも早い時期にチケットの販売が開始されてしかも、
会員専用に購入枠を確保してくれていることが多いので、
抽選申し込みではなく確実にチケットを購入することができてしまいます。

「エポトクプラザ」が利用できるエポスカードは、
あまりメジャーなクレジットカードではないので、競合する人数が少なくなる上に、
チケット発売日が発売直前に発表されるため、気づく人の数も少なくなるため、
チケット購入できる可能性が意外と高いと噂になっています。

舞台やミュージカルを年に何度か見に行くのであれば、
エポスカードか三井住友visaカードのどちらかを持っておいても損はないはずです。

天国の本屋ミュージカル(河合郁人,井上小百合)に関するツイッターの反応

天国の本屋のあらすじをざっと説明すると、

就職活動中のさとしはひょんなことから『ヘブンズブックサービス』という
天国の本屋店長の代理にスカウトされ、一時的に天国に連れて来られてしまいます。

通常はアロハシャツを着た怪しげな男・ヤマキが店長を務めていて
すでにユイという不思議な魅力のあるものの全く馴染もうとしない少女も働いている中
「お兄ちゃん、これ読んで!」と子供たちが本屋に遊びに来て、
本を読んであげるサービスも行っていました。

子供たちの純粋な要望に一生懸命に応えようとするさとしの姿に、
ユイも少しずつ心を開き始め、ある日、ユイの過去を知るときが来る、といったストーリーになっています。

タイトルとURLをコピーしました