羊たちの沈黙・ハンニバルの見る順番は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

羊たちの沈黙、ハンニバル、レッド・ドラゴンのシリーズは時系列だとどの順番に観るのが良いのでしょうか?

映画のハンニバルは前作の羊たちの沈黙を見ていなくても楽しめる?

スポンサーリンク

羊たちの沈黙・ハンニバルの順番(公開)は?

羊たちの沈黙・ハンニバルのシリーズが公開された順番は、

ハンニバル ライジング —2007年公開
レッドドラゴン—2002年公開
羊たちの沈黙—1991年公開
ハンニバル—2001年公開

となります。

原作も出版順(日本でも)は「レッド・ドラゴン」「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「ハンニバル・ライジング」の順です。

羊たちの沈黙・ハンニバルの見る順番は?

羊たちの沈黙・ハンニバルのシリーズは時系列でいうと次のようになります。

①ハンニバル ライジング
・レクター博士の幼少から青年までの生い立ち、人食いレクターとなった訳。

②レッドドラゴン
・レクター博士にFBI捜査官が連続殺人の解決の協力を求める。過去に2本製作されてます。
・エドワード・ノートンがFBI捜査官役で2002年公開。
・CSI:科学捜査班に出てるウィリアム・L・ピーターセンがFBI捜査官役で1986年公開されたもので、原題は「Manhunter」、邦題は「刑事グラハム/凍りついた欲望」

③羊たちの沈黙
・ハンニバルレクターと女性FBI捜査官の不可思議な交流を描いたもので名作と思います。

④ハンニバル
・羊たちの沈黙でレクター博士が脱走して10年経過。

「レッド・ドラゴン」は全く異なるキャストで映画化されていますが羊たちの沈黙、ハンニバルほどのヒットはしませんでした。

主役は、アメリカの人気ドラマCSIでグリッソムをやっているウィリアム・ピーターセンです。

ジョナサン・デミ監督で「羊たちの沈黙」が大ヒットしアカデミーを総なめにしたので、続編「ハンニバル」が(映画化権前提で出版、映画製作)、続いて「レッド・ドラゴン」がリブートされ、3作のレクター博士役はアンソニー・ホプキンズが演じています

ジャック・クロフォード役は交代しています

女性FBI捜査官クラリスは「羊たちの沈黙」から登場し、「ハンニバル」でも主人公としてストーリーが展開していきますがクラリス役もジョディ・フォスターからジュリアン・ムーアに交代しています

タイトルとURLをコピーしました