トモダチゲームR4(ドラマ)キャスト・相関図(登場人物は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ドラマ「トモダチゲームR4」は「美 少年」のメンバー6人と「HiHi Jets」の2人が出演する心理ゲームをテーマとしたドラマ。

突然負わされた多額の借金を返済するため、謎のゲームに挑むことになった高校生たちによる心理戦を繰り広げるストーリーとなっていますが、登場人物のキャスト・相関図は?

スポンサーリンク

トモダチゲームR4(ドラマ)キャスト・相関図(登場人物は?

美 少年&HiHi Jets、「サマステ」に続いて友情タッグ!! 「最大限仲がいい」グループがドス黒い心理戦を繰り広げる

ジャニーズJr.グループ「美 少年」のメンバー6人全員と、「HiHi Jets」の井上瑞稀(21)と猪狩蒼弥(19)が、7月23日スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「トモダチゲームR4」(土曜午後11時)に出演することが決定した。両グループは真夏の体験型イベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ SUMMER STATION」(7月23日~8月28日)の公式応援サポーターを務めており、グループの垣根を越えた友情タッグがドラマでも実現する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/95718ca989bc913f69aba0b37ef3095dc160275a

ドラマ「トモダチゲームR4」は原作を山口ミコトさん、漫画を佐藤友生さんが手掛ける累計440万部突破の大人気コミック「トモダチゲーム」を映像化。

突然現れたゲームの案内人・マナブくんにより背負わされた多額の借金を返済することになった高校生たちが謎のゲームに挑んで心理ゲームを繰り広げていくストーリー。

登場人物のキャスト・相関図は

片切友一:浮所飛貴(美 少年)
美笠天智:佐藤龍我(美 少年)
沢良宜志法:
四部誠:井上瑞稀(HiHi Jets)
心木ゆとり:
紫宮京:藤井直樹(美 少年)
鬼瓦百太郎:猪狩蒼弥(HiHi Jets)
丹羽万里:那須雄登(美 少年)

引用:https://post.tv-asahi.co.jp/post-188571/

片切友一:浮所飛貴(美 少年)

主人公。高校2年生。
幼いころ、母(声 – 椎名へきる)から「金より友達」と育てられ、金よりも友情を大事にする友達思いの熱い性格。貧しい生活ながらも、内職や新聞配達で地道に稼いで努力する。しかしその本性は卑劣であり、ゲームをクリアするためなら如何なる外道な手段も厭わない。観察眼や人心掌握術に長けている他、喧嘩慣れもしている。
幼少期は「先生」と呼ばれる人物と何らかの悪事を働いていた。実は過去に3人もの人を殺害していたことを第2ゲームで告白した。「欺波」という旧姓を持つが本人はその名をかなり嫌っている。
第2ゲーム終了時、運営を潰すと宣言し、数多の奇策を用いてその後のゲームを勝ち進んでいく。

■浮所飛貴コメント
今回、美 少年の6人に新しくHiHi Jetsの2人が入ってくれることになったので、現場の雰囲気がどうなるのかが楽しみです。僕たち8人は仲がいいので、よりにぎやかで熱い夏になると思います!
このドラマは、毎回とにかくゲームの内容が面白いんですよ。こんなゲーム絶対に思いつかないし、登場人物もそれぞれ個性があって面白いし、もっと世間の人たちに『トモダチゲームR4』を知ってほしいと思うくらいハマりました。原作も大人買いして一気読みしました!

美笠天智:佐藤龍我(美 少年)

学年トップの秀才でコミュニケーション能力にも長けている。五人の中の調停役を担う。
第2ゲームにて、志法とは幼馴染の関係にあり、父親同士が親友で家族ぐるみの付き合いだったことが暴露され、その時志法に告白をした。また、友一達より一つ歳上ということも明らかになった。ゲーム終了時、一人でゴールしようとする友一に着いていき、友一の唇を奪った。
実は 『トモダチゲーム』は2回目の参加であり、過去に親友に裏切られて参加したこと、さらには自殺した父親の死に志法が関わっている可能性があるため、彼女には好意ではなく憎しみの感情を抱いていることも友一に告白した。重度の女性不信であり、どの異性にも気を許していない。
友一と共に第3ゲームに挑み、途中極度の飢餓状態に陥るも、最後まで友一を信じ勝利した。その後ゆとりと共に第4ゲームに参加した。

■佐藤龍我コメント
台本を読ませていただいたんですが…めちゃくちゃ引き込まれました! みんな何か裏がありそうで、怪しいなぁって(笑)。友情で結ばれていたはずなのに、お金が絡んでくるとどんどん人間の本性が出てくるんですよ。生々しいというか、人間の本当の“中身”が見られてしまうというか…隠していた悪い部分が出てくるんですけど、そういう部分がとても面白いと思います。
天智は僕とは真逆のキャラです。これまでは天真爛漫で、「ガッツでいくぜ!」みたいな、わりと自分と似ている役が多くて演じやすかったんですが、天智のようなマジメな役はやったことがなくて、引き出しがないからホントに難しい(笑)! 出てくる言葉も難しいから、めっちゃ漢字を調べています(笑)。そういう意味でも今回は新しい挑戦ですね。絶対にこれまで見せてこなかった顔をお見せします!

沢良宜志法

友一のクラスの副委員長。事実上の委員長と言われている。
警察官である父に厳しく育てられてきたため、曲がったことが大嫌いのしっかり者な性格で、武道の経験もあるため喧嘩にも強い。
友一に好意を抱いていて、第1ゲーム終了後に告白し、友一と協力することを約束した。第2ゲームにて、「かつて天智と付き合っていたこと」と「整形をしたこと」が暴露されたが、整形は昔顔に負った傷を消すためにしたものである。
清廉潔白な印象があるが、作中では多くの不審な行動を取っている(友一に借金額を偽っていたこと、先生に無理を言って修学旅行費を集金したこと、中学時代に天智の行動を監視していたことなど)。そのため、天智からは「裏の顔」があることが指摘されている。第3ゲーム以降は所在不明となっている。
後に運営側として現れ、仲間たちを動揺させる。
ドラマでは、第1ゲームの出題の順序が心木と逆になっている

四部誠:井上瑞稀(HiHi Jets)

委員長を務めており、スポーツ万能なイケメン。
市議会議員の父を持つため実家はかなり裕福だが、天然かつお調子者で口が悪いため女子からはあまり人気がない。しかし不思議と憎めない男。志法に好意を抱いており、不意打ちでキスを仕掛けたこともある。重度のマザコンであるが、両親は幼いころに離婚しており、現在は父親と暮らしている。
第2ゲームでは運営によって父親の汚職が暴露された。ゲーム終了後、学校で修学旅行費を盗んだ犯人扱いされる志法を庇い、旅行費を立て替えることを宣言した。しかし、その直後に父親が逮捕されてしまったために金を用意できず、その日からクラスで壮絶ないじめを受ける。さらに、父親が何者かによって殺害されたために「父親殺し」の罪状を着せられ、彼の無罪を証明すべく第4ゲームが行われた。
第4ゲームで、志法に強姦未遂をしたことや、四部家に5億の借金があることが明らかになった。運営から「四部誠はここで切った方がいい」と言われるほどの何らかのマイナス要素も抱えている模様。

■井上瑞稀コメント
僕、もともと原作が好きで、単行本で最新刊まで読んでいたんです。だから、まさか自分がこういった形でこの作品に関われることになるなんて…! 想像もしてなかったので、ホントに驚きました。四部っぽいって言ってくれる人もいるんですけど…悪口じゃないですよね(笑)? ちなみに、言ってるの岩??くんでしょ(笑)? この役をやるうえでは、これ以上ないほどの褒め言葉だと思う反面、それはギリ悪口だぞ、って思ったり…(笑)。でも、この作品で四部として生きられるのはありがたいことです。

心木ゆとり

大人しい性格で、アニメ・マンガが大好きなインドア派の少女。愛読書は「明智警部の事件簿」と「恋ニ非ズ」。趣味で漫画も描いている。
1年のころはいじめを受けていたが、2年に進級の際、志法と同じクラスになって以来いじめられることはなくなり、彼女と親しくなった。非常にスタイルが良く、胸囲はGカップ前後ほどもある。志法と同じく友一に恋心を抱いている。
第2ゲームで中学時代に過度ないじめから逃れるために援助交際をしていたことが暴露された。友一が殺人者と知って最初は恐怖していたため一時は絶交寸前だったが、『トモダチゲーム』特別編でクロキ率いる暴走族チームに拉致された際、身を呈して助けてもらったことで和解した。その後天智とも和解し、共に第4ゲームに参加する。
実は最初から友一たちを騙していた裏切り者。一度彼女の家を訪れた志法の口からそのことが明らかになった。
ドラマでは、第1ゲームの出題の順序が沢良宣と逆になっている。

紫宮京:藤井直樹(美 少年)

Kグループの一員。高校一年生。
主将との連絡をとる役割に付いている。実は万里と幼馴染であり、彼には頭が上がらない。

■藤井直樹コメント
オシドラサタデーに出させていただくようになり、1年目はほぼ初めてみたいな感じで、右も左もわからなかった中で少しずつ経験を重ねて、2年目で少し自信がもてるようになりました。そして3年目となる今年は、その自信を試せることになるんじゃないかなと思っていて、今からとても楽しみなんです。原作を読んだんですが、とにかく次の展開が気になってワクワクする、そしてハラハラする作品だと思いました。ドラマではそのハラハラ感で見てくださる方をいかに引き込めるかが試されると思います。スタッフさんが役を考えていた時に「京は藤井だろう」とイメージしていただいたと聞きました。原作を読んでいた時、僕自身も京くんが好きなキャラクターだったので、そのイメージを壊したくないなという気持ちが大きいですね。

鬼瓦百太郎:猪狩蒼弥(HiHi Jets)

Kグループの一員。高校2年生。
粗暴で直情的な印象を与えるが、情に厚く繊細な一面を持ち、女に対しては純情で優しい[27]。

■猪狩蒼弥コメント
今回、3年目を迎える美 少年のドラマにお邪魔することになりました。美少年が積み上げてきたものがあるからこそ、いい影響だけを与えたいという気持ちが大きいですね。僕はたぶん、役的に瑞稀くんとあまり会わなそうなんですよ。だから“美少年御一行と僕”みたいになると思うんですが(笑い)、それはそれで楽しみです。大昇くんとはしょっちゅうご飯に行くし、普段から美少年とはよく遊ぶんですよ。“Hi美”ってすでに最大限仲がいいので、いつもどおりの楽しい撮影現場になるような気がしています。

丹羽万里:那須雄登(美 少年)

Kグループの一員。高校3年生。
台詞の殆どが様々な漫画の名台詞で構成されている。実は京とは幼馴染である。

■那須雄登コメント
台本を読んで、先日読み合わせもしたんですが、終始「トモダチゲーム」特有の重い空気を感じました(笑い)。去年、一昨年の作品では人間の良い部分に焦点を合わせていたんですが、今年はわりと悪い部分というか人間の深層心理に迫るんですよ。そういう意味でも別の見応えがあって面白いと思います。ハラハラドキドキの展開が続くんですが、そのハラハラ感を演出するには、自分たちの入り込み度がすごく大事になってくると思っています。本来なら一生することがないような悪い表情もお見せすることになりますが、表現力をもっと上げたいと思っている今だからこそ、やりがいのある作品ですね。丹羽はつかみどころのない役なんですよ。台本を読んでいる限りでは、周りを気にせず、格言や漫画のセリフをバンバン言って満足している、なかなか本当の感情が見えないキャラです。自分では論理的に話しているつもりでも本当のインテリとは違って、頭がいい風なだけなんじゃないかと…(笑い)。丹羽のような人に出会ったこともないし、客観的に見たらちょっと変なヤツなのかなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました