めざましテレビで心身を「しんみ」アナウンサーは誰?久慈暁子がしんみ読み間違い?

アナウンサーと言えど機械ではなくて人間ですから、時には間違いを犯すものです。

滑舌は間違いなく一般人よりも優れているし、アドリブ能力にもたけているとは思いますが、
時には舌を噛んでしまうことだってあるし、言い間違い・読み間違いをしてしまうことがあります。

10月4日のめざましテレビでも「心身」を「しんみ」と読み間違えたアナウンサーが話題になっています。

心身を「しんみ」と読み間違えためざましテレビのアナウンサーは誰?久慈暁子?

「心身ともに」という文章は、ひらがなにすると「しんしんともに」と発音するのが一般的だと思います。

「心身」の読み方として「しんみ」も正しいようですが、文脈から考えると「しんしん」と読むのが妥当ではないかと思います。

心身を「しんみ」と読み間違えたアナウンサーは誰なのかというと、
2019年4月からめざましテレビの「スポーツキャスター」として起用された
フジテレビの久慈暁子アナウンサーとのことです。

2017年にフジテレビに入社したばかりの新人アナウンサーで、
めざましどようびではメインMCも担当しています。

心身を「しんみ」以外のアナウンサーの読み間違い(フジテレビ編)

秋元優里アナ 
脆弱—きじゃく
正)ぜいじゃく

高島彩アナ
団塊の世代—だんこんのせだい
正)だんかいのせだい

有賀さつきアナ
平将門—へいしょうもん
正)たいらのまさかど

武田祐子アナ
無理強い—むりがつよい
正)むりじい

杉崎アナ  
鼓舞—こまい
正)こぶ

元フジテレビの小島奈津子アナ
時折—じせつ
正)ときおり

の内田恭子アナ
闘牙関—きとうぜき
正)とうきぜき

有賀さつき
旧中山道—きゅうちゅうさんどう
正)きゅうなかせんどう

戸部洋子アナ
ご利益—ごりえき
正)ごりやく

皆藤愛子
殺陣—さつじん
正)たて

高島彩
葛湯—かっとう
正)くずゆ
「前日はカットウとしょうが湯をお飲みになられ」と言ってしまった

高島彩  
貪欲—ひんよく
正)どんよくお気に入り詳細を見る

めざましテレビで心身を「しんみ」アナウンサーに関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました