トリュフは人工栽培できない?どこに生える?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

トリュフはなぜ人工栽培ができない贖罪なのでしょうか?

またイタリアなどでしか採れないのでしょうか?どこに生える?

スポンサーリンク

トリュフは人工栽培できない?

「世界三大珍味」の一つトリュフとはセイヨウショウロ科セイヨウショウロ属に属する子嚢菌と呼ばれるキノコの一種。

トリュフが人工栽培出来ないのは、マツタケやホンシメジと同じで単独で生きている菌ではなくて共生している菌根菌だからです。

共生ですから水分やミネラル分などをお互いにやり取りしている訳で、このメカニズムを解明しないと栽培は不可能です。

菌の繁殖には様々な条件が必要で、それを人工的に再現できないそうです。

ヨーロッパではトリュフの他にボルチーニやジロールが栽培が難しいキノコです。

仮に栽培出来ても市場に出すには相当な研究が必要になります。栽培が容易なキノコは腐朽菌で木から栄養を一方的に取るキノコです。シイタケ、ヒラタケ、ナメコ、エノキダケなど市販されているほとんどです。トリュフはフランスやイタリアが有名ですが以外にもオーストラリアでも採れるそうです。

トリュフはどこに生える?

海外では昔から栽培していました。

気候と土壌が栽培に適している場所に、菌を植え付けた樫の木を植え…

その後、トリュフが育っているかどうかは何年も経たないと分からないそうです。

まさに賭けです。

ただイタリアのある地域の気候がトリュフが育つのに適した気候だから、イタリアで取れるのです。

日本ではセレス農学ジャパンという会社がトリュフの菌床栽培技術を開発したようですが、2009年に会社は倒産しています。

きのこ生産販売の「セレス農学ジャパン」が自己破産申請し倒産へ 国内倒産 - 不景気.com
長野県に本拠を置くきのこ生産・販売の「セレス農学ジャパン」は、自己破産申請の準備に入り、倒産する見通しであることが明らかになりました。 2000年に設立の同社は、菌床栽培技術を核として、黒トリュフやアガリクス茸・おうぎ茸・えのき茸などを生産・販売し、全国のスー

また、日本でも数例しか見つかっていない、世界三大珍味の一つのトリュフが、平成13年11月24日、県内では初めて秋吉台(美東町)で見つかりました。

トリュフ(クロアミメノセイヨウショウロ)
タイトルとURLをコピーしました