東北高校野球部メンバー2023センバツ出身中学や注目選手・スタメン

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

東北高校野球部が2023年の春の選抜(センバツ)出場を果たしました。

1回戦は初日の第1試合で山梨学院(山梨県)と対戦した東北高校野球部メンバーの出身中学や注目選手をまとめています。

スポンサーリンク

東北高校野球部メンバー/センバツの出身中学

背番号選手守備学年出身投/打身長/体重
1ハッブス大起投手3年生上尾リトルシニア右/右188/85
2日隈翔弥捕手3年生大田水門ボーイズ右/右180/80
3山田翔琶内野手3年生東北楽天リトルシニア左/左172/66
4金子和志内野手3年生太田ボーイズ右/両174/70
5佐藤響内野手3年生東北福祉仙台北リトルシニア右/右170/70
6平沢快留内野手3年生大田水門ボーイズ右/左176/74
7伊達一也外野手3年生奈良西リトルシニア右/左177/71
8渡邊成汰外野手3年生宮城仙北ボーイズ左/左176/68
9佐藤玲磨外野手3年生仙台西部リトルシニア右/右183/85
10秋本羚冴投手3年生大館リトルシニア左/左169/63
11根岸聖也投手3年生館林ボーイズ右/左183/80
12大竹響捕手3年生白河ボーイズ右/右178/88
13井島亮太内野手3年生本荘由利リトルシニア右/左180/76
14鳥塚晴翔内野手2年生大田水門ボーイズ右/右172/71
15小野洋一郎内野手3年生七ヶ浜リトルシニア右/左180/75
16塚本優真外野手3年生埼玉SPヤング右/右[追加]
17布川碧外野手2年生宮城臨空リトルシニア右/左180/72
18進藤愛輝投手2年生大仙市立協和中右/右178/75

センバツ出場・東北高校のグラウンドに”金子・平沢の壁” 「淡々と、楽しむ」野球の体現

 「金子・平沢の壁です」

 佐藤洋監督が、そう教えてくれた。「金子・平沢」とは、二塁手・金子和志内野手(2年)、遊撃手・平沢快留内野手(2年)の二遊間コンビのこと。二人は昨夏から毎朝、この場所で壁当てを行っており、ボールのぶつかる箇所が他と比べて劣化したという。

 佐藤監督がゼロからチームをつくる際、最初に決定するのが二遊間だ。二遊間は守備の要で、両者の呼吸が完全に合うようになるまでには膨大な時間を要する。佐藤監督は昨年8月の就任当初、金子・平沢に「二人が中心になって引っ張ってくれ」と真っ先に伝えていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9855267639b95e8e16fb4dfa38cd7f161835ae5b

東北高校野球部スタメン

2022年10月16日、仙台育英 (高校野球東北大会秋季 高校野球秋季地区大会 決勝)高校との対戦は、以下のスタメン・守備位置で行われました。

打順 守備 名前 学年
1 二 金子和志 2年生
2 遊 平沢快留 2年生
3 捕 日隈翔弥 2年生
4 右 佐藤玲磨 2年生
5 中 渡邊成汰 2年生
6 一 井島亮太 2年生
7 左 伊達一也 2年生
8 投 根岸聖也 2年生
9 三・遊 小野洋一郎 2年生

東北高校野球部メンバー/センバツの注目選手

ハッブス 大起

名前:ハッブス大起

出身地:栃木県宇都宮市

生年月日:2005年8月3日

年齢:17歳

利き腕:右投右打

身長:188cm

体重:85kg

ポジション:投手

最高球速:145km

変化球:スライダー・カーブ・フォーク

出身中学:伊奈町立小針中学校

出身高校:東北高校

中学では上尾リトルシニアに所属し、直球の最速は142キロを計測

2022年秋の宮城県大会は先発した3試合で15回を投げ、失点1で15三振

東北高校野球部メンバーの進路

ダルビッシュ有 (北海道日本ハムファイターズ、テキサス・レンジャーズ、ロサンゼルス・ドジャース、シカゴ・カブス、サンディエゴ・パドレス)

若生忠男 (西鉄ライオンズ、読売ジャイアンツ)
若生智男
若生照元
小川康雄
波山次郎(大洋ホエールズ)
伊藤勲
及川宣士
日下正勝
千葉剛 (広島東洋カープ)
樋沢良信 (読売ジャイアンツ)
佐藤政夫 (読売ジャイアンツ)
立野清広 (ロッテオリオンズ)
鈴木孝行 (西武ライオンズ、日本ハムファイターズ)
及川美喜男 (広島東洋カープ)
中条善伸 (読売ジャイアンツ、南海ホークス、大洋ホエールズ)
安部理 (西武ライオンズ、近鉄バファローズ)
佐藤洋 (読売ジャイアンツ)
金子誠一 (阪神タイガース)
中根仁 (近鉄バファローズ、横浜ベイスターズ)
葛西稔 (阪神タイガース)
佐々木主浩 (横浜ベイスターズ、シアトル・マリナーズ)
白鳥浩徳 (西武ライオンズ)
加藤将斗 (大洋ホエールズ)
羽根川竜 (読売ジャイアンツ)
加藤暁彦 (福岡ダイエーホークス)
後藤伸也 (横浜ベイスターズ)
渡辺雅弘 (横浜ベイスターズ)
佐藤弘祐 (読売ジャイアンツ)
嶋重宣 (広島東洋カープ、埼玉西武ライオンズ)
斎藤隆 (横浜ベイスターズ、ロサンゼルス・ドジャース、ボストン・レッドソックス、アトランタ・ブレーブス、ミルウォーキー・ブルワーズ、東北楽天ゴールデンイーグルス)
加藤政義 (北海道日本ハムファイターズ、横浜DeNAベイスターズ)
髙井俊(読売ジャイアンツ(育成))
高井雄平(東京ヤクルトスワローズ)

東北高校野球部の監督

東北高校野球部の監督は佐藤洋さんです。

生年月日:1962年6月9日

年齢:60歳

出身地:宮城県

出身高校:東北高校

所属チーム:電電東北→読売巨人

高校時代は1979年春選抜大会から1980年夏の選手権大会まで4季連続で甲子園に出場。

高校卒業後は電電東北(現NTT東北マークス)を経て、1984年ドラフト4位指名で読売巨人に入団。1992年まで現役を続けました。

現役引退後はNPO法人日本少年野球研究所を立ち上げ、MFT野球スクール『きっかけ塾』を中心に少年野球環境作りから野球界の底辺底上げに尽力を注ぎました。

2022年8月より母校の監督に就任。早速、2023春選抜大会出場に導いています。名門校の復活に経験豊かな監督の手腕や采配が注目されます。

東北高校野球部の戦績

1894年(明27)創立の私立校。生徒数は1631人(女子583人)。野球部は1904年創部で部員46人。甲子園は春が20度目、夏は22度。最高成績は03年夏の準優勝。主なOBにパドレス・ダルビッシュ有、大魔神こと佐々木主浩、楽天雄平コーチ、プロスケーターの羽生結弦ら。宮城県仙台市泉区館7の101の1

甲子園出場
出場回数(春選抜大会) 20回
    (夏選手権大会) 22回
優勝 0回
準優勝 1回

タイトルとURLをコピーしました