東急東横線の足場倒壊のめざましテレビ中継が「放送事故」「新人女子アナ?」

スポンサーリンク
未分類

東急東横線の線路脇のビル建設現場で足場倒壊。復旧作業を進めるものの東横線は渋谷―武蔵小杉間の上下線で始発から運転を見合わせとなっています。

スポンサーリンク

東急東横線の足場倒壊のめざましテレビ中継が「放送事故」「新人女子アナ?」

2日午後10時20分ごろ、東京都目黒区自由が丘1丁目の東急東横線の自由が丘―都立大学駅間の線路沿いで、建設現場の足場が崩れて架線に倒れかかった。この事故の影響で停電が起き、復旧作業も難航しているため、渋谷―武蔵小杉駅間の上下線では、3日の始発から運転を見合わせている。運転再開は昼過ぎの見込み

現場は、自由が丘駅から北へ約300メートル進んだ線路上で、脇にあるビルの新築工事用に組まれた足場の上半分が折れて倒れかかっていた。ビルと線路の間には車が通れるだけのスペースはなく、復旧作業は線路上に作業車を載せたり、倒れかかっている足場の下に新たに足場を設けたりして進められていた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e18470e47f28ec7aac1ffb676ca4d00de76c30c

タイトルとURLをコピーしました