対馬ルリ子のwiki経歴|口コミや評判は?

スポンサーリンク
未分類

対馬ルリ子さんは「ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック」で院長を務めている方で、様々な女性の体の悩みに答えています。

女性ホルモン塾やリプロダクティブヘルスなども手掛ける対馬ルリ子さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

対馬ルリ子の口コミ・評判

妊娠初期に出血があり受診しました。かかりつけ医が休みの為こちらの病院を受診しました。駅から近く院内は綺麗です。電話してから来院したので待ち時間はあまりありませんでした。医師は女性で丁寧に診察して頂け、妊娠初期の身体の事を気遣って下さりました。
引用:医療法人社団 ウィミンズ・ウェルネス 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座の口コミ口コミ

婦人科検診をしました。先生に詳しく子宮頸癌の話や低容量ピルなどの話をしていただいたので理解が深まりました。

いつ行っても混雑しています。女医さんが何名か診察にあたっていますので、待ち時間は長くはないですが、いつも予約がいっぱいで、すぐの受診が難しいです。ドクターも詳しく話を聞いてくれます。

事前予約制。個室診断。土曜も開いている。女性向けの診察科があるので(婦人科、産婦人科、乳腺科など)、しっかり診てもらえる。

引用:https://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/148225/

対馬ルリ子wikiプロフィール

名前:対馬ルリ子
年齢:63歳(1958年生まれ)
出身地:青森県弘前市
出身高校:青森県立八戸高校
最終学歴:弘前大学医学部

対馬ルリ子さんは1984年に東京大学医学部産婦人科学教室に助手として入局すると、

都立墨東病院総合周産期センター産婦人科医長
女性のための生涯医療センターViVi初代所長

を経て、2002年にウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックを開院しています。

絵にかいたような医師としてのキャリアを積み重ねていますが、対馬ルリ子さんは小学校時代、窓の外をボーっと見ていたりすることが多く決して優等生というわけではなかったそうです。

今だったら注意欠陥・多動性障害(ADHD)と言われかねないような問題児で、
テスト中も自分の答案を書き終えると歩き回り、友達に問題を解き方を教えていたそうです。

かなりのおてんばだったようですが、小学校くらいまではかなり体が弱く月に1週間は学校を休んでいたほどですが、
父親に手術をしてもらってからは、すっかり元気な体になっています。

対馬ルリ子の経歴

対馬ルリ子さんは2003年にNPO法人「女性医療ネットワーク」を設立する安堵、
女性の心と体、社会とのかかわりを総合的にとらえ女性の生涯にわたる健康を推進する活動に力を注いでいます。

産婦人科医の34年間のキャリアのうち、前半の16年もかけて大学病院や地域の期間病院で大きな病気や出産トラブルの方の最後の引き受け役をやってきた経験から、
「大きな病気や悲しい健康トラブルを予防して減らすこと何より大事!」という信条を持つように。

後半の18年は「女性のからだについて知って、自分の生き方を堂々と選択しよう」というコンセプトのもと、
女性の生涯のかかりつけ医としてトータルな健康支援に取り組んでいます。

女性には、4つのライフステージ「思春期」「成熟期」「更年期」「老年期」があり、ここには女性ホルモンの力が働いています。ステージごとに、特有のさまざまな不調が現れても、正しい知識を持ち、解決策を知っていれば、上手にケアしていくことができます。

「ウーマンウェルネス研究会」では、私たち医師や専門家が、公式サイト「ウェルラボ」やメディアへの発信を通じて、健康情報を提供し、“ウーマンウェルネス”を力強くサポートしていきます。

https://www.well-lab.jp/doctor/doctor-01/

■対馬ルリ子の受賞歴
2017年 日本家族計画協会「第21回 松本賞」
2017年 デーリー東北賞受賞
2018年 東京都医師会・グループ研究賞受賞

■略歴
日本産婦人科学会 専門医
母体保護法 指定医
東京産婦人科医会 理事
NPO法人女性医療ネットワーク 理事長
日本思春期学会 理事
日本性感染症学会 代議員
東京大学医学部大学院 非常勤講師
日本産科婦人科学会ヘルスケア委員会 委員
厚生労働省 女性の健康の包括的支援総合研究事業 研究班
ウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会 副代表
一般法人社団日本女性医療者連合(JAMP) 副代表
東京思春期保健研究会 副会長
日本女性ウェルビーイング学会 アドバイザー
公益社団法人日本アロマ環境協会 顧問
一般財団法人日本女性財団 代表理事

■メディア出演・掲載
女性外来が変える日本の医療(築地書館 2002年)
キレイなからだ・心・肌「女性ホルモン塾」(小学館 2003年)
徹子の部屋(テレビ朝日 2003年)
プレ更年期から始めよう(かもがわ出版 2005年)
「女性検診」がよくわかる本(小学館 2006年)
症状でわかる女性の医学BOOK(主婦と生活社 2006年)
みんなの女性外来シリーズ全12冊(小学館 2008年)
すくすく子育て(NHK Eテレ 2009年)
世界一受けたい授業(日本テレビ 2014年)
恋より美容液よりシンデレラホルモン(経済界 2013年)
女性ホルモンで世界一幸せになれる日本女性(マガジンハウス 2015年)
キレイ・ゲンキのヒミツがわかるからだメンテ大辞典(メイト 2015年)
凛女の選択(週間住宅新聞社 2016年)
あなたも名医!プライマリケア現場での女性診療(日本時事新報社 2016年)
つらい更年期障害をしっかり乗り越える方法(ナショナル出版 2017年)
「女性が健やかに輝き続ける社会へ」シンポジウム(NHK Eテレ 2017年)
女性のからだ ちょっとした不調をなくす本(ぴあ株式会社 2019年)
プレ更年期1年生(つちや書店 2019年)
「閉経」のホントがわかる本(集英社2020年)

対馬ルリ子のツイッターやインスタグラム

対馬ルリ子さんはツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

対馬ルリ子の高校や大学など学歴は?

対馬ルリ子さんは地元でも有数の進学校で知られる青森県立八戸高校を卒業後、弘前大学医学部に進学しています。

弘前大学医学部は祖父が学長を2期務めていた大学ということですが、
対馬ルリ子さんは1~2年の教養課程ではあまり授業には出ずに、ロックバンドに入って学園祭で演奏するなど課外活動に熱中していたそうです。

大学選びに関してももともとは「さっさと八戸を離れて東京に出て遊びたい」という思いがあり「東京に行くなら東大と軽く考えていた」ものの現役での受験は失敗。

仕方なく同じく浪人を決めた同級生の女生徒と2人で上京してルームシェアで共同生活をしつつも東京の生活にすっかりだれてしまい結局、3浪目でようやく受験合格を果たしています。

大学受験ではどちらかというと落ちこぼれといった雰囲気ですが、

中学では学業優秀で定期テストはだいたい学年で1位で放送部の活動や生徒会活動にも励んでいたほか、国体選手だった母親の影響で軟式テニス部を立ち上げるなど精力的に活動していたようです。

対馬ルリ子の家族構成は?母親と父親の仕事は?

対馬ルリ子さんの家族はいわゆる医者家系です。

祖先は仙台(伊達)藩の藩医で祖父は弘前大医学部長、父親も弘前大学医学部で教鞭をとっています。

また、対馬ルリ子さんが誕生した際には実は双子で妹がいたものの、
祖父母の意向で知人の同じ大学の教授に託すことになり、対馬ルリ子さんに双子の妹がいることを知らされたのはなんと大学に入学するころになってから。

その後、約30年間、顔を合わすこともなく別々の人生を歩んだ双子の妹とは32歳の時に対面で、妹は薬剤師になっているそうです。

対馬ルリ子の結婚した旦那(夫)は?子供はいる?

対馬ルリ子さんはまだ勤務医だったころに結婚し長女と次女を出産し育児も経験しています。

ちなみに、旦那さんもお医者さんで消化器内科医をしているそうです。

対馬ルリ子の年収は?

調査中

タイトルとURLをコピーしました