twitter dmで画像を送る方法は?画像がurlになる?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

twitter(ツイッター)ではdm(ダイレクトメール)で画像を送信ることができます。

twitter dmで画像を送る方法は?TwitterのDMで画像を送信したら、なぜかURLアドレスみたいに表示される原因と対策は?

スポンサーリンク

twitter dmで画像を送る方法は?

ツイッターの仕様では通常のツイートで投稿した画像・画像アドレスは、誰でもアクセスできる(非公開ツイートでも)のに対して、DM内の画像は、ログインしている当事者しかアクセスできません。

TwitterのDMで画像を送るには、まずは、画面上部の手紙のアイコンをタップします。

続いて、画面上部の吹き出しのアイコンをタップしましょう。

表示されているユーザー一覧からタップして選択するか、フォーム内にユーザー名を直接入力して候補をタップして選択する事もできます。

メンバーを設定したら、画面右上の次へをタップします。画像を添付するには左側にあるカメラアイコンをタップします。

その場で撮影した画像を送る場合はカメラを選び、保存画像から選択する場合はフォトギャラリーをタップします。

写真を選択した後は、右側の送信をタップして送信完了です。

2021年現在、TwitterのDMは複数の画像を一度にまとめて送ることはできません。

またDMで送信した画像を選択しても「自分の受信トレイから削除」するだけで、相手の画面からは消すことができない点に注意が必要です。

twitter dmで画像がurlになる?

twitter dmで画像を送信したところ「pic.twitter.com/***」というURLで表示されてしまうことがあります。

ただ相手側ではどう表示されているのかというと、実はちゃんと画像として表示されています。

送信した側でなぜURLになってしまうのかというと、どうも通信エラーだったり通信環境が良くないことが原因のようです。

ためしに、「pic.twitter.com/」にアクセスしてみると、送った画像ではなく「表示する内容がありません」と表示され、無効なアドレスとなっていることが分かります。

どうやら不完全ななURLアドレスが表示されているようです。

ちなみに、相手側でも「pic.twitter.com/」と表示されてしまう場合、相手側のtwitterアプリの設定で「メディアのプレビュー」という項目がオフになっている可能性もあります。

メディアのプレビューに関する設定手順は以下の通りです。

■メディアのプレビューをオンにする方法
設定とプライバシーを開く
画面表示とサウンドを開く
メディアのプレビューをオンにする

タイトルとURLをコピーしました