受付のジョー相関図は?キンプリ神宮寺勇太ドラマ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「受付のジョー」は神宮寺勇太さん(キンプリ、King & Prince)主演ドラマ。

受付嬢のリストラを任された営業マンが彼女たちの仕事を理解するため自ら受付業務に飛び込むというお仕事ドラマですが、相関図は?

スポンサーリンク

受付のジョー相関図は?キンプリ神宮寺勇太ドラマ

【主題歌King & Prince「踊るように人生を。」】『受付のジョー』(神宮寺勇太主演)予告映像初解禁!ドラマPR第一弾/日本テレビ「シンドラ」

城拓海(King & Prince 神宮寺勇太)
花房カレン(トリンドル玲奈)
佐知山瞳(西原亜希)
家田仁子(田辺桃子)
熊本淑子(美山加恋)
春口光咲(松井愛莉)
西大輔(田村健太郎)
藤堂武徳(橋本じゅん)

引用:https://www.ntv.co.jp/uketsukenojo/

城拓海(King & Prince 神宮寺勇太)

広告代理店の入社3年目のスマートな営業マン。
みんなの前ではなんでもそつなくこなしている風だが、実は周りの期待に応えようともがいている。
通ると思っていなかった「受付のデジタル化」企画が採用され、受付嬢のリストラを任されてしまう。
しかし受付チームの猛反発に遭い、受付の仕事を理解するために自らも受付の仕事に飛び込むことを決意する。そして受付チームの一人一人と向き合う中で城の心情にも変化が生まれ出し…!
恋愛だけはそつなく実践できず、同期に入社以来片想い中。

■コメント
タイトルが『受付のジョー』と最初聞いたときにどういうことなんだろうと僕自身も思っていて、メンバーにも伝えたら全員がポカンとしていました(笑)
僕が演じる城が受付の仕事をすることになるのですが、受付嬢の皆さんに囲まれることを想像して、今からちょっと緊張しちゃいます。
城は僕と同い年なので、自分に近いところがあるのかなと思ったら意外とそんなこともなくて…台本や資料を読みながら日々準備をしています。なんと恋の予感もあるみたいです!
サラリーマン役を演じさせていただくのは初めてなので、皆さんに新しい僕の姿を見せられたらな、と思っています!
受付のお仕事の未知な部分も知ってもらいたいなと思いますし、明日も頑張ろう!と思っていただけるドラマになるように撮影に臨みたいと思います。
そして、主題歌は僕たちKing & Princeが担当させていただきます。
そちらもあわせて皆さん是非楽しみに待っていてください!

■プロフィール
生年月日:1997年10月30日

年齢:24歳

出身地:千葉県

血液型:O型

ジャニーズ事務所に所属するKing & Princeのメンバー。

2015年6月、期間限定ユニットとして結成されたMr.King vs Mr.Princeのメンバーに選ばれユニット解散後も岩橋玄樹と共にPrinceとして活動継続。

2018年1月、Mr.KINGとして活動していたメンバーと共に6人組グループ・King & Princeを結成

花房カレン(トリンドル玲奈)

大学を卒業してからずっとこの会社の受付で働いている最古参。自身の美貌とホスピタリティを生かせる受付は天職だと思っている。佐知山の考えを理解していて、若手2人との間を取り持っている。おしゃべり好きかつ噂好きで社内事情に通じている。
受付の仕事に誇りを持っているが、30歳を前にして、いつまでも続けられる仕事ではないのではと思い葛藤している。

■プロフィール
生年月日:1992年1月23日

年齢:30歳

出身地:オーストリア

血液型:A型

ドラマはNHK BSプレミアム「最後のレストラン」ジャンヌダルク役、フジテレビ「テラスハウス BOYS & GIRLS IN THE CITY」レギュラー出演。特技はドイツ語。

■コメント
今の時代に合った、明るくて、ハキハキとしたお仕事ドラマだなと思いました!

共感できるところがたくさんある女性なので演じていて楽しいです。企画の段階から私をイメージしてくださったと聞いて、すごく嬉しかったですし、期待に応えたいです!

佐知山瞳(西原亜希)

受付チームのチーフ。短大卒業後、3つの会社の受付を渡り歩き、4年前にスカウトされチーフとして着任した。今に続く受付のルールをゼロから作り上げた凄腕。
仕事にとにかく厳しく細かいが、それはすべてホスピタリティを最大化するため。
受付が解体されたあとの皆の転職先が気がかりで、完全デジタル化に猛反発する。受付の仕事に誰よりも誇りを持っている。

■プロフィール
生年月日:1987年8月19日

年齢:34歳

出身地:神奈川県

血液型:O型

2003年NHKドラマ「またも辞めたか亭主殿~幕末の名奉行・小栗上野介~」に出演。

2008年東海テレビ「白と黒」では主演を務める。NHK大河ドラマ「天地人」(2009年)、「おんな城主 直虎」(2017年)、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(2012年)に出演。

映画では、2004年「世界の中心で、愛をさけぶ」、2005年「青空のゆくえ」、2008年「サンシャイン・デイズ」では主演、2017年「闇金ドッグス6」ではヒロイン

■コメント
見た人が、これは「自分」の物語でもあると、感じられるのではないかと思いました。社会、会社、仕事に対しての自分の在り方…悩みながらも向き合う人へ、明日へのエールを届けてくれるドラマだと、私自身も力を貰えました!

仕事に対しては他人にも妥協を許さないのですが、それ以上に自分に一番厳しい人。厳しさの裏にある気持ち、それこそが佐知山瞳の軸になっている受付という仕事への誇りと情熱だと感じました。

家田仁子(田辺桃子)

高学歴で本来は広告代理店に正社員として入社したかったが、就職試験に落ちて受付として働いている。上昇志向が強く、ユニークなアイデア力の持ち主。
受付チームの最年少でいつも明るく皆の言うことを聞いている。
はじめは自分のなりたかった正社員である城が受付チームを解体しにきたことに複雑な感情を抱いていたが、城と向き合っていくうちにだんだんとその気持ちに変化が生まれ…?

■プロフィール
生年月日:1999年8月21日

年齢:22歳

出身地:神奈川県

血液型:A型

少女漫画雑誌「りぼん」の2009年度りぼんガールに選ばれる。
小学生女子ジュニアアイドルチアグループ・みにちあ☆ベアーズの元メンバー。

2009年NHK「コンカツ・リカツ」でドラマデビュー。

■コメント
作品を通して、城をはじめ出てくるキャラクターが愛おしいほど個性豊かで。会話の掛け合いや表情のコミカルでもあり応援したくなるような真っ直ぐさが私は大好きです!

本読みの時に、城の全力で真っ直ぐな面が神宮寺さんとすごく似ているなと思いました。以前にも共演させてもらったことがあるのですが、今までになかった新しい役柄同士なのでその化学反応も一視聴者として楽しみです!

熊本淑子(美山加恋)

熊本出身。高卒で地元の工務店に経理職で就職するも、のちに職を失い上京した。
派遣登録したら案内されたのが受付のみで生活のために受付嬢になったが、容姿や愛想で評価されがちなことを嫌っていて他に仕事があるならすぐやめたいと思っている。本当は得意な経理や事務処理の仕事がしたい。気が強く、思ったことをすぐ口に出す。

■プロフィール
生年月日:1996年12月12日

年齢:25歳

出身地:東京都

血液型:AB型

2003年、日本テレビ 「よい子の味方~新米保育士物語~」「あした天気になあれ。」に出演。

TBS「IRIS ~アイリス~」、日本テレビ 「美丘」、フジテレビ「鈴子の恋」など出演

■コメント
役それぞれにとても個性があり読んでいるだけでも面白くて、撮影が楽しみになりました。受付嬢という存在が少し身近に感じて、最近は普段生活する中で見かける受付嬢さんたちのオフの姿を想像してしまいそうになります。

熊本出身の熊本さんということで、印象強いのはやはり熊本弁を喋っているということ。毎日方言練習に必死ですが、熊本弁独特の温かい雰囲気を纏いながらも毒舌を吐く姿を視聴者の皆さんに楽しんでいただけたらなと思います。

春口光咲(松井愛莉)

城の同期で、同じ営業部勤務。城が想いを寄せている女性。営業部に配属された入社以来、2年間ともに悩みを相談しながら切磋琢磨してきた。
明るく優秀だが、実はとある悩みを抱えており……

■プロフィール
生年月日:1996年12月26日

年齢:25歳

出身地:福島県いわき市

2009年「nicola」モデルオーディショングランプリ受賞。2010年さくら学院の第一期生メンバーとして活動。

2013年「ゼクシィ」6代目CMガールに抜てき。2014年からは雑誌「Ray」の専属モデル

ドラマ出演作はフジテレビ「GTO」「グッド・ドクター」、日本テレビ「地獄先生ぬ~べ~」、TBS「私結婚できないんじゃなくて、しないんです。」

映画「ビリギャル」「」にも出演

■コメント
今の時代にとてもぴったりな内容の脚本だと思いました。お仕事を一生懸命頑張っている方、頑張りすぎて苦しんでいる方々の心を温かくしてくれる、そんなドラマになると思っています。

私が演じる春口光咲はとても真面目で一生懸命でがんばり屋です。がんばり屋が故に悩みを抱えてしまうのですが、神宮寺さん演じる同期の城くんと励まし合いながら支え合い、成長していく姿に注目してほしいです。内面の難しい部分もこの役にはあるので、監督と周りの方々と話し合いながら、細かく丁寧に表現していけたらと思っています。

西大輔(田村健太郎)

営業成績ナンバー1のエース。城の憧れの先輩で営業部の人気者。優秀な後輩である城のことを可愛がり、気にかけている。
お調子者でコミュニケーション能力も高いが、配慮にかける一面もある。

■プロフィール
生年月日:1986年12月15日

年齢:35歳

出身地:東京都

血液型:A型

2007年舞台「レミゼラブル」で本格的に俳優としてデビュー。

2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」、2016年日本テレビ「ゆとりですがなにか」に出演。

舞台での出演作品には、2012年「ヒッキー・ソトニデテミターノ」、2014年「つんざき行路、されるがまま」

映画では、2014年「銀の匙Silver Spoon」、2016年「ちはやふる」に出演。

■コメント
ジョーのチャレンジはとても気持ちがいいです。と同時に、何かをチャレンジするって色んなやっかいなことがたくさんあってその一つ一つに向き合っていくしかないんだなあ、ということもしっかり描かれていて、ちょっと結末まで見ないと気が済まないです。

人って自分こそが常識人で正しいと無意識に思ってしまうところってあると思うので、西はすごく身近に感じました。西のふり見て我がふり直せればと思います。

藤堂武徳(橋本じゅん)

城の働く広告代理店の営業部の統括部長であり、直属の上司。新しく社内に業務改革チームを設立し、「受付完全デジタル化」企画を提案した城をメンバーとして呼び寄せる。
気さくな上司だが、どこか掴みどころのない人物。

■橋本じゅんプロフィール
生年月日:1964年2月25日

年齢:57歳

出身地:兵庫県

1985年舞台「銀河旋風児SUSANOH」から劇団新感線の作品に参加。バイプレイヤーとして注目を集める

舞台での出演作品には2000年「阿修羅城の鐘」、2011年「港町純情オセロ」、2016年「乱鶯」、2017年からミュージカル「レ・ミゼラブル」

自身の演劇ユニット「ウーマンリブ」でも活動。

■橋本じゅんコメント
見落としがちな世の中の当たり前が、実は当たり前ではなく、とても志と優しさで成り立っている価値あるものが多い、と個人的に最近この作品や地域の皆様に依って支えられ機能しているソーシャルワーカーの方々の有難さを身をもって感じてる今の僕には、ドラマの内容はとても興味深く、やはり結局はマンパワー!!そんなメッセージを届けたいです。

タイトルとURLをコピーしました