内気な性格の人の特徴(慎重,仕事の出世,集中力,人間関係…)

スポンサーリンク
未分類

自分の性格は内気なのか、どちらかというと社交的な性格なのか?

内気な性格の人のイメージは一般的に

暗い
何を考えているのかわからない
会話が続かない
人間関係を築きにくい

といった評価を受けることが多く、内気な性格の人は集団の中に属していても「第三者」として評価されても仕方がないのかもしれません。

自分の思いとは裏腹に周囲にネガティブな印象を与えてしまうことの多い内気な性格の人たちですが、実際には他の人と性格や価値観はあまり変わりありません。

言葉遣いや行動パターンなど表現方法にちょっと不足があるだけなのです。

内気な性格の人は、尻込みしないで自分の強みを知り、自分に自信を持つことが肝心です。

この記事では内気な性格の人にありがちな特徴を紹介していきますので、自分に当てはまるかどうか、ぜひ確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

内気な性格の人は口に出す前に慎重に考えをまとめる

社交的な性格の人は、言葉を口にしながら次に話すことを考えているものですが、内気な性格の人はその逆です。

言葉にする前に自分の考えをまとめる癖があるため、実際の会話では反応が悪いとか間が悪いと思われやすいデメリットがあります。

ただ頭の中で言葉を整理していると今まで誰も考えてもいなかったアイデアや言葉が出てくることも多いので、自分の発言で注目を集められる人も多いです。

会話中に視線を逸らすのは内気な性格の人にありがちな特徴

内気な性格だと会話中に相手の目を見て話すことができないという良くわかる特徴がありますが、
多くの場合、内気な性格は「話す」という行為が嫌いなのではなく単に「苦手」なだけです。

「苦手」と「嫌い」は決して同じ意味ではありません。

紙一重の違いではあるかもしれませんが似て非なるもので、
苦手なことは誰だって避けるものだし、自分から積極的に取り組もうとは思いません。

会話が苦手なせいで人とのは会話を極力避けるようになり、逆に苦手意識を強める結果、内気な性格と言う意識も強く持つようになってしまいます。

逆に言うと一般的に社交的な人は話をする時の目が明るい人が傾向があります。

内気な性格の人だって実はコミュニケーションしたい

内気な性格だと人と積極的に話すことができず、結果敵に友達を増やすこともできず引きこもりがちですが、実は話したい人はたくさんいます。

他の人から話しかけられるとコミュニケーションが苦手な内気な性格の人だと目をそらしながら遠回しな話し振りだったりするものの、
心の中では痔楚歌に喜んでいるケースが多いのです。

知り合った当初は暗くて内気な性格だったのに、
仲良くなるにしたがっていつのまにかおしゃべり好きになっていた、
という経験をがある人も多いのではないでしょうか。

内気な性格の人は空想にふける

誰かと話したいという思いがある反面、内気な性格の人は常に何かを考えていることも多いです。

誰かとコミュニケーションしている最中でもそれは変わらず
何か伝えたいこと・話したいことが出てきたときにはすでに誰もいなくなっていて寂しい…なんてことになりがちです。

内気な性格だと職場で高く評価され、仕事で信頼されやすい

口が達者と言うわけではなくペラペラとおしゃべり上手なだけ人というは、
社交的と言えるかもしれませんがどうしても仕事で信頼を得るのは難しいものがあります。

反対に内気な性格の人は、自分が積極的に話すよりも相手の話を良く聞く「聞き上手」である人が多く、その分、初対面の人からも信頼されやすくなります。

内気な性格の聞き上手な特徴を仕事に活かせばさらに評価されるでしょう。

内気な性格の人は興味のあることに集中・没頭できる

内気な性格の人の多くは、自分の世界観を強く持っています。;

自分の興味のあることや趣味や勉強のことなどに取り組んでいるときには、
周囲の声が聞こえなくなることはしばしば。

時には誰かが近づいてきたときの気配や時間の経過を感じることすらできないほど、並外れた集中力を発揮することが多いです。

もちろん、内向的か社交的かに関わらず集中力がある人にはありますが、自分の世界に没頭しやすい内気な性格の人のほうが集中力はあると言えるでしょう。

大切なのは、内気な性格の子供を持つ親や教師がその集中力を見つけ出してあげられるかどうか、そして集中力を伸ばせるかどうか。

アインシュタインでさえ、「私は天才ではない、人よりも一つのことに長く付き合ってきただけに過ぎない」と答えています。

他に類を見ない集中力と情熱があれば、何倍もの能力を伸ばすことができるでしょう。

内気な性格の人は慎重になりがち

人それぞれに個性はあるもおの、内気な性格の人は社交的な性格の人と比べると言動が慎重な傾向があります。

何も考えずに、楽観的に行動するケースは珍しく、じっと座って熟考する人が多いです。

つまり試行錯誤を重ねたうえで最終的に自分で納得できたときに結論にたどりつくことができます。

慎重派と言えばその通りですが、悪く言えば優柔不断で人よりがどうしても一歩を踏み出すのが遅くなってしまいがち。

内気な性格の人の慎重な特徴を論理的思考の強さとみるか、それとも意思決定の鈍さの弱さと見るかは人それぞれでしょう。

内気な性格の人こそ感性が豊か

内気な性格の人の多くは社交的な性格の人と比べ、ただ感情を表に出さないだけで実は感受性は非常に豊か。

社交的な性格の人は自分の感情を率直に表現し、一喜一憂を表に出すしてはっきりするのに対し、内気な性格の人は自分の気持ちや感情はあまり態度に表れません。

しかし、他の人よりもずっと感情的でナイーブな一面があり、嬉しい時は大喜びし、逆に嬉しくない時には腹が立つものです。

内気な性格の人些細なことでも喜べる感性があるものの、その反面、ストレスを外に発散して怒ることはできないため、ストレスがたまる性格と言えるでしょう。

冷静で落ちつきがあるも内気な性格の特徴

内気な性格の人は感情を表に出さないため冷静でいられます。

冷静を保つことができれば論理的に考えたり全体像を分析して合理的な判断を下すことができます。

何か嬉しいことがあっても、浮足立つことなく比較的夢中になることが少ない傾向にあるのげ現実主義と言えそうです。

人の言葉に価値観や新年があまり左右されず、自分の意見がコロコロ変わることもないため、
不屈の精神を持っている人が多いです。

内気な性格だからこそ実は人に好かれやすい

人は自分の話を聞いてくれる人に信頼感を寄せるものです。

内気な性格だからと言って悩んだり社交的な性格の人を羨んだりする人も多いですが、
内気な性格は決してマイナスではありません。

内気な性格な人の特徴を上げていくと長所と呼べるものがたくさんあり、自分自身で気づいていないだけなんです。

もちろん、どんな性格でも考え方によってはメリットになることもあればデメリットになることもあるので、
自分の性格が気に食わなかったとしても性格を変えようとする必要はありません。

自分の長所を活かすことが大切です。

一度、自分の性格を卑下して情けないと判断してしまうと、そこで成長が止まってしまいます。

自分の良さに気付き、それを活かすことが何よりも大切なのです。

タイトルとURLをコピーしました